« 回線重・・・。 | トップページ | 読書 »

スクライド

来るリリカルなのはStrikerSに向けて、スクライドを見ました。

燃えアニメの定番といえばコレということだったので、燃える魔法少女の予習として見ておこうと思ったわけです。

とにかく「熱い」アニメでした。

最近は「拳でタイマン」なんて主人公は出てきませんね。

モロに平井画でしたが、作画のレベルも非常に高く、最後まで安心して見ることができました。

序盤は動のカズマ、静の劉鳳、といった感じでしたが、最後は劉鳳もアツい男に。

ライバルとの共闘はいつ見てもイイものです。

別のところでいえば、キラとアスランとか、なのはとフェイトとかですね。

こういう展開はベタなのかもしれませんが、それでもこのシチュエーションの魅力は大きいです。

話を戻しますと、互いに通じ合うものを強く感じつつ、宿敵である事も否定しない不器用な二人の関係が、ある意味うらやましいですね。

そしてラスボス戦へ。

無常矜侍の第一印象はヘビだったのですが、それは禁句だったみたいですね。

圧倒的な力をつけて帰ってきたかと思いきや、カズマに瞬殺されて終わり。

哀れなラスボスでした。

それに対して、ジグマール隊長は「これぞ上司」という感じの良い役でした。

よくある話ですが、それでもこういう展開は好きです。

劉鳳側のラスボスは結晶体だったわけですが、やはりジグマール隊長がシナリオで占める割合は大きかったです。

ココまでで24話。

残り2話もあるのにどうするんだろうと思いましたが、25話で後日談を少しやって、26話で丸々1話使ってカズマVS劉鳳のタイマン勝負。

最後まで熱い展開でした。

「男なら拳で語れ」というメッセージを最後まで貫いた作品だと思います。

何気に声優さんも結構聞いたことのある人が多かったです。

カズマと劉鳳は保志総一朗さんと緑川光さん。

保志さんはガンダムSEEDのキラのような優男の印象が強いですが、こういうキャラもできるんだなと驚きました。

緑川さんはガンダムWのヒイロ、デモンベインの大導師、そしてとらハOVAとなのはの恭也の声。

こちらはいつも通り、という感じでした。

かなみの声は田村ゆかりさんですね。

最後まで健気にカズマを支える姿がよかったです。

水守の声はどこかで聞いたことがあると思ったら、受験の時に使っていた「古文単語ゴロ513」のナレーションをやっていました。

君島役の山崎たくみさんといえば、失礼ですがドクターウェスト。

あのキャラのインパクトは忘れられません。

クーガー役の津久井さんは、どこかで聞き覚えがあったので調べてみたら、Bビーダマン爆外伝のグレイボン博士でした。

あのアニメを見ていた人は少なそうです。

予告ナレーションの若本さんもかなり良い味出してましたね。

他のキャラクターもかなり立っていて、名(迷?)台詞連発でした。

個人的に好きなのはストレイト・クーガーですね。

ああなりたいとは決して思いませんが・・・。

こうやって書いていると、自分が少年漫画好きであることがわかってきますね。

「太陽が落ちるまで拳を握り殴り合って 傷だらけのままで似たもの同士と笑ってた」というようなのが好きなんですよ。

もちろん、表面だけの熱さではなく、魂が高ぶるような根本から熱い作品が好きです。

そういう点では、とらハ3やなのははまさにそこに当てはまるんですよね。

なのはは拳で語るわけではありませんが、真剣勝負を通してお互いを理解できる、というあたりは少年漫画を根底から支えるテーマだと思います。

StrikerSはそれこそ「燃え」アニメになりそうなので、今から楽しみです。

それでは、うまくまとめることができませんでしたが、このあたりでアニメ感想に行こうと思います。

〈ラブゲッCHU 22話〉

今回はスケラブ2のオーディションの3次審査。

無人島で三日間過ごして、その間にそれぞれの『雨宮愛』を産み出し、そしてそれを最終日に演じる、というものでした。

夕海は相変わらず努力する天才ぶりで、それを見た桃子達は一念発起。

特に桃子は何か感じるものがあったらしい。

りんかのリタイアというアクシデントもありましたが、りんかはアイドル路線を行くことを決意、それは桃子のおかげだという。

結局残りのメンバーで3次審査に臨むわけですが、桃子の姿がありません。

仕方がないのでそのまま始めることに。

審査の内容は、様々な年齢の雨宮愛の演じ分け。

年齢指定が夕海のときしかなかったので他のメンバーも同じ内容だったかはわかりませんが、描写を見る限り、多分同じ内容だったのでしょう。

やはりここでも夕海が一歩リード。

桃子は姿を現しませんが、モニターに映っているのを発見したため、全員でそこへ急行。

そこには動物に話しかける桃子の姿が。

驚く一同(桃子含む)。

監督はそれを見て審査終了を告げます。

結果は桃子と夕海の一騎打ちに。

次回は1時間スペシャルで最終審査を描くみたいですね。

一体どうなることやら。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« 回線重・・・。 | トップページ | 読書 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/3433321

この記事へのトラックバック一覧です: スクライド:

« 回線重・・・。 | トップページ | 読書 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ