« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

読書の時間

最近、講義中にラノベを読む時間が増えている気がします。

今日もシャナを2冊読破。

明日あたり買いに行かねば。

ガーゴ11巻と、買い忘れていたシャナの13巻と、最近はまり始めた終わりのクロニクルあたりを。

護君に~は冊数が多いのでどうしようか迷っています。

まあ終わりのクロニクルを揃えるよりは安く済みそうですけど。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈乙女はお姉さまに恋してる 第4話〉

高島一子登場。

後藤邑子さんのあの早口は、普通に収録してるんでしょうか。

だとしたらすごいですね。

多分、一子さんが憧れていたエルダーは瑞穂の母親でしょう。

だからあの部屋に瑞穂が入ることになったのでしょう。

それにしても、一緒に寝ても男だとバレないとは。

最後の展開はわかりやすかったですね。

ああ、やっぱりこうなるのかと。

毎回毎回楽しみながら見ています。

〈ギャラクシーエンジェる~ん 第5話〉

話の展開がよくわかりません。

なぜか舞台は10年後。

アニスとリリィが和解するというお話。

まあ、結局爆破オチでしたけど。

そもそもアニスとリリィの仲が悪かったことすら知らなかったので、今回の話はイマイチでした。

やはり原作をプレイする必要があるのかも。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

再びリリカルなのはなの

MEGAMIマガジンを買ってきました。

大学の生協で。

南部書籍だけで5冊くらい置いてありました。

今月は予算不足で購入数は一冊。

まあ、ここ最近は1冊が続いていますけど。

なぜ大学の生協に5冊も置いてあるかは謎ですが、私がなのはのハイグレードカードのプロモを集めるために買い占めしたせいでしょうか。

その頃はまだ、北部書籍を含めても3冊しか置いてありませんでしたし。

今回の付録はリリカルなのはのスタンドPOP。

なのはとはやてです。

でも、立てる場所がないので未開封です。

それでは、リリなのS’Sのコミックの感想にいきます。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS THE COMICS Episode-2 Phase-2〉

私の人生を変えたと言っても過言ではない作品、それがリリカルなのはです。

このアニメに出会ってなければコミケにも参加しなかったかもしれませんし、とらハもプレイしなかったでしょう。

それでは本題。

前回に引き続き同窓会任務。

その前に新キャラの登場です。

その名も「カリム・グラシア」と「シャッハ・ヌエラ」。

二人とも「聖王教会」所属の騎士であり、クロノやはやての友人であると言うことで、アニメでも活躍が期待できそうです。

今回は守護騎士サイドからスタート。

焼け野原を見て、ヴィータの脳裏にある光景が。

ヴィータに抱かれ、血まみれで倒れているなのはの姿。

フェイトが見たら卒倒しそうです。

多分なのはがヴィータを庇ったんでしょうね。

アニメ本編で補完があるのでしょうか。

シグナムに注意され、回想は終了。

そのごヴィータ達は騎士らしく物理的に魔導兵器を瞬殺。

さすがです。

一方、なのは達護送隊ルートでは、リインフォースに対する魔法講座を開講中。

全体的にリインがデフォルメされていてかわいいです。

蒼天の書に羽根ペンで書き込む姿もグッド。

バリア、シールド、フィールドの違いもわかりやすく説明されており、勉強になりました。

そして戦士たちは、ひと時の休憩へ・・・・・・。

次回はほのぼのパートでしょうか。

次号が待ち遠しいです。

あと四週間、大学の講義をなのは熱で乗り切ります。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

うったわれる~もの~

今日はうたわれるものをやろう、と思っていましたが、結局アルルゥが出てくるところまででやめました。

つまり、まだトゥスクルも出てきていません。

今日はバイトも休みだったのですが、微積と電磁気の宿題をやって、フィギュアスケートを見ていたら時間がなくなりました。

明日もバイトですし、次は文化の日ですね。

明日はMEGAMIマガジンの発売日。

大学生協で買えなければ、バイト帰りに本屋に寄るしかないですね・・・。

また、文化の日と言えばリリカルステージです。

残念ながら参加できません。

さすがに東京に行くほどの金はないです。

冬のお祭りもますますいけるか怪しくなってきましたし。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈くじびきアンバランス 第4話〉

時乃が学校に教科書を忘れたため、日曜日に学校に行く羽目になった千尋。

しかし、「誰もいない学校」に魅力を感じ、時乃とともに探検を開始します。

迷子になった二人を導いたのは、律子のバイオリン。

生徒会室で一緒に作業することに。

休憩の時に律子が持ってきた羊羹とミロを見て、千尋は律子が昔のままであることを確信。

なかなかいい話でした。

千尋が律子を送っていくとき、時乃が切なそうな表情をしていたのが気になります。

予告は笹原と香坂ですかね。

毎回の鋭い(?)論議が面白いです。

なぜか今週はあまりアニメ感想を書いていない気がします。

何を書き忘れたのでしょうか。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

シャナ読書中

現在シャナの10巻を読み途中。

先代の炎髪灼眼の討ち手の話です。

できるだけ早く読もうと思います。

今日28日はユカリンこと福井裕佳梨さんの誕生日。

スクランのサラ・アディエマス役くらいしか聞いたことはないですけど、印象的な声の持ち主ですね。

スクラン2学期ウィークエンドは毎週聞いています。

まだ、投稿はしていませんが。

今日はバイトに行ってきました。

例の模試採点です。

労働時間は休憩を含めて10時間半。

ラスト2時間半は給料アップだそうです。

労基法ありがとう。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈ときめきメモリアル 第4話〉

原作はプレイしたことないですが、同時攻略もできるんでしょうか。

まあ、アニメで一人を攻略というのは無理がありますが。

今回は前回ハンカチを貸してくれた水泳部の水奈とのお話。

相変わらずのドタバタ劇でした。

斉藤千和さんが演じる食堂の管理人さんは一体何者か。

対戦車ミサイルとかも売っているみたいですね。

あの人なら光学迷彩スーツを売っていてもおかしくはないですね。

次回は体育祭。

とりあえず次回も見る・・・かも。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第18話〉

なんと今回、あの若本規夫さんがパンプキング役で出演。

かなり驚きました。

ちょい役だと思われるブレーメン音楽隊の役で杉田智和さんと斉藤千和さんが出ていたことも驚きました。

今回は三銃士が歌いました。

キャラクターアルバムに収録されていたキャラソンのプロモも見ることができて満足です。

シナリオ展開はかなり強引でしたけど。

赤ずきんにいじめられるハーメルンが憐れ・・・。

前回まではおいしいキャラだったのに。

最後の最後にグレーテルが出てきたのはなぜでしょうか。

まあ、彼女人気ありますし、ファンからの要望でもあったんでしょうか。

次回は再び人狼(?)が登場。

でも、予告によれば活躍するのはヴァルではなく赤ずきんだそうです。

○○○○○フォームまであと2話。

どういう展開になるのか非常に楽しみです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

登山、そして登頂

別に本当に山登りをしてきたわけではありません。

ここで言う「山」とは名古屋にある「喫茶マウンテン」のことです。

甘口小倉スパやタライかき氷等々、普通の喫茶店では食べられないネタメニュー満載の喫茶店です。

というか、コーヒーを飲みに行く人はほとんどいないんじゃないでしょうか。

耐震補強を兼ねた改装のため、11月5日から来年の4月まで休業するそうなので、その前に行っておこうかと。

サークルの人達と一緒に“登りました”。

注文したのは「山菜スープスパ」。

出てきたものを見てビックリ、山菜はほとんど見あたらず、海苔の山が…。

しかも油と醤油の味しかしません。

これはもうダメですね。 二度と食べません。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈夜明け前より瑠璃色な 第4話〉

今回はフィーナが暴走。

前半で溺れていた子犬を助けるところはよかったのですが、問題は後半。

達哉の父親の書斎に足を踏み入れたフィーナ達。

彼女らを待ちかまえていたのは黒い悪魔。

言ってしまえばゴキブリです。

一時撤退するものの、取り残されてしまったミアを助けるため、フィーナは王族として最後まで戦い抜くことを決意。

ソファ下からマシンガンを取り出して書斎へ突貫。

ヘリからの援護もあり、ミアを救出し、ミサイルで悪魔達を殲滅。

・・・やり過ぎです。

さやか姉さんが怒るのも無理ないですね。

大統領に娘みたいと言われて落ち込むのさやかさんも面白い。

〈スーパーロボット大戦OG 第4話〉

再び戦車隊との模擬戦に挑むリュウセイ達。

そこへ舞い降りた災いの翼、リオン。

テンザンは相変わらずのイカレッぷりです。

こういうキャラの末路はいつも同じ。

でも、今回は逃げていきましたけど。

このまま行くと、アイビスがヘタレのままで終わりそうで怖いです。

アステリオンにシシオウブレードを装備させて暴れさせていた頃が懐かしいです。

〈kanon 第4話〉

舞が主役かと思いきや、最後しか出てきませんでした。

次回こそあの単語が聞けるのか。

今回は平穏な日常を描いていました。

真琴があゆにおびえていたのはなぜでしょうか。

秋子さんはあゆの名前に聞き覚えがあったみたいですが、この伏線が回収されるのは、多分最終回あたりでしょうね。

〈コードギアス 第4話〉

ルルーシュが本格的に行動を開始。

ゼロと名乗り、スザクの救出に成功。

しかし、スザクは「ブリタニアを内部から変える」と言い残し、軍事裁判へ赴いてしまいます。

まあ、こういう展開は多いですね。

仲間になっちゃうと後がつまらなくなるから。

ここから物語が大きく動き出しそうです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

履修不足問題

全国で履修不足の高校が続々と出てきているみたいですね。

高一のとき、理由もわからず受けさせられた世界史や生物の意義がやっとわかりました。

でも、高校で単位を取ったとしても、大学受験のときにはもう忘れているわけで、あんまり意味がない気もしますね。

まあ、文科省は形が大事と考えているのでしょう。

補修なんて受験が終わってからやれば良いんです。偉い人にはそれがわからんのですよ。

話は微妙に変わりますが、日本史の方が世界史より難しい気がします。

世界史はカタカナが長くて覚えにくいと言われていますが、私はむしろ漢字を覚える方が大変です。

安倍とか阿部とか阿倍とか・・・。

カタカナは慣れていますしね。

ルイズとかエヴァとかフィーナとか。

まあ、これは私だけかもしれませんけど。

それともう一つ。

ガンダムの新作は「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」だそうです。

このネーミングはどうにかならなかったものかと。

ガンダムで「UC」といったらユニバーサルセンチュリーでしょう。

そのあたりは気にならなかったのでしょうか。

まあ、一往期待しておきます。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきますね。

〈ゴーストハント 第3話〉

いきなりですが、これは切ってもいいかなと。

一往始めの事件も今回で解決。

そこまで引きつけられるものもなかったので、次回は見ないかもしれません。

〈武装錬金 第4話〉

前半はほのぼのというかギャグパート。

こういう作風なんですね。

るろ剣よりもギャグの比率が高めです。

そしてパピヨンマスクが登場。

ニアデス何とかはまだ出てこないんですね。

タカ男の声をどこかで聞いたことがある気がしましたが、アレはデモンベインの九朗の声でしょうか。

声優は見逃したので確認できません。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

かっとイ~ン

明日、ネギま!?のゲームが発売されますね。

ドラマCDにつられて予約してしまいました。

ポケモンはしばらくお休みですね。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈ネギま!? 第4話〉

今回はのどかが当番、と思いきや、チュパカブラ騒動でした。

まあ、一往はのどかが主役でしたけど。

能登さんはこういうキャラの印象が強いですね。

「護君に女神の…」のあのキャラは特別なのでしょうか。

それにしても、さんぽ部に出番があるとは驚きです。

さすが全キャラに出番をつくろうとしているだけのことはありますね。

ザジや葉加瀬にも出番はあるのでしょうか。

仮契約発動時に3枚のパクティオーカードの内の1枚がランダムで選ばれるというシステムが明らかに。

だから各キャラ3枚と言っていたのですね。

集めるのは大変そうです。

というか、DVDは買えそうにないので、多分集めることはできないでしょう。

次回は木乃香が仮契約するのでしょうか。

どうなることやら。

タカミチが少し怖く、刹那のキャラが壊れ、エヴァが弱体化しているのは気のせいでしょうか。

エヴァ様、不遇です。

時間がなかったのでネギましか見ていません。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

残業手当が無くなる?

ホワイトカラー・エグゼンプションとやらの導入によって、残業代が無くなるかもしてないとニュースでやっていました。

一日8時間を上限としている労働時間を、雇用者の裁量に任せる、という制度だそうです。

経済界では「フレキシビリティーに働ける」とか言っているらしいですが、カタカナを使っている時点で怪しいですね。

そもそも「flexibility」は名詞ですし。

「柔軟性に働ける」って、どんな意味だよ……。

残業代もなくなりますし、健康管理は自己責任だそうです。

一言言わせてもらえば「バカ」ですね。

いつの時代に戻る気でしょうか。

でも、サービス残業が合法化するとか言って反対している人はちょっと・・・。

大学の教授は別として、学校の先生はいつもサービス残業ですよ?

テストの採点とかは家でやってますし、そもそも残業代というものは存在しません。

市役所では手当があるみたいですけど・・・。

まあ、絶対教師にはなりたくないですね。

あれは子供好きな人にしかできないと思います。

さて、そろそろ頭を冷やしますか。

・・・(フリーレン・フェッセルン)・・・

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈ギャラクシーエンジェる~ん 第4話〉

どこかの星の王女が来るお話。

このアニメ、どうなんでしょう。

確かに面白いですけど、何か違和感が・・・。

なんか微妙です。

まあ、しばらくは見続けると思います。

〈乙女はお姉さまに恋してる 第3話〉

ついに始まったエルダー選挙。

女子の噂好きを見越した選挙戦略、実に見事です。

最後に瑞穂が貴子に投票してどんでん返し、という展開も有りかな、と思いましたが、順当に瑞穂が勝利。

貴子の反撃も紫苑さんの演説で沈黙。

倒れた紫苑さんを抱きかかえて飛ぶ瑞穂、よくバレませんね。

結局反対論議も一発で否決され、瑞穂がエルダーに。

これからどうなるんでしょうかね。

というか、最終回が気になるところです。

次回は後藤邑子登場?

どんなしゃべり方なのかすごく気になります。

どうも朝比奈さんとか山田薫子の印象が強いんですよね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

バイト2日目

今日は2日目のバイトがありました。

3時半から8時まで。

ずっとキーボードを叩き続けていたので、右手が重いです。

模試を受けていた時代がとても懐かしく感じます。

あの頃は単位とか気にしなくてもよかったので、ずいぶん楽でしたね。

3年のときは、おそらく受けた模試の「数」では学年でもトップクラスだった気がします。

大学別の模試が駿台、河合、代ゼミで一週間ごとにあったりしましたし。

別の大学の模試を受けたりしていました。

今の大学の模試は受けてないんですけどね。

模試の帰りにはアニメイトに行った記憶があります。

受験生としては間違っている気もしますが・・・。

今となっては良い想い出です。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

題名…。

そろそろなのはA'sのデバイスカードホルダーが来るのではないかと期待しています。

今日は採点する答案が不足していると言うことでバイトはお休み。

ゆっくり休みました。

まあ、アニメ見てたんですけどね・・・。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈Gift 第3話〉

相変わらず主人公の作画がいい加減です。

買い物の途中に撮られた写真が雑誌に載った莉子はたちまち学校の人気者に。

それが何となく面白くない晴彦は莉子に冷たく当たってしまいます。

莉子が雨の中買いに行ったトマトをきっかけに仲直りしますけど。

その後、雑誌のインタビューで莉子の初恋の人の話を聞いた晴彦は莉子に告白。

そして、あえなく玉砕。

霧乃と莉子の間でどんな約束があったのかが気になるところです。

もはや「Gift」はまったく関係ありません。

毎回出てくるわけではないようですね。

でも、次回は誰かが使った「Gift」で夏が来る模様。

とりあえず、気が向いたら見ます。

〈くじびきアンバランス 第3話〉

今回の主役は忍姉さんでしょうか。

驚愕の過去が判明。

なんで数学教師になったのかは気になるところです。

余弦定理とか、かなり懐かしいです。

千尋をゲットするために忍がつくらせた惚れ薬で、千尋達が生徒会から与えられた指令もクリア。

まあ、この展開はわかりやすいですね。

予告は咲さんと加奈子でした。

雪野五月と川澄綾子って…、凄く豪華ですね。

〈はぴねす 第3話〉

展開が1パターン化してきた気がします。

杏璃が魔法を発動→暴走。

だいたいこの展開ですね。

雄真は相変わらず魔法をよく思っていない様子。

でも、魔法を批判した直後に直後に杏璃を庇っていたりするので、何となく違和感がありました。

春姫はサブキャラに成り下がっていますね。

〈コードギアス 第3話〉

中ボスだと思っていたクロビスが脱落。

ビックリの展開です。

まあ、生かしておくのは確かにまずいですけど。

そして、カレンがルルーシュのクラスメートであったことが判明。

偽りのクラスメートというのは彼女のことだったのでしょうか。

ルルーシュの力が一人につき一回しか効果がないことも明らかになり、かなりの頭脳戦になりそうで楽しみです。

スザクはクロビス殺害犯として連行されていき、それを助けるためにルルーシュが動きます。

その名はゼロ。

ルルーシュがどう動くのか、かなり楽しみですね。

スザクは仲間になるのでしょうか…。

〈kanon 第3話〉

殺村凶子こと沢渡真琴が名雪の家に。

こんにゃく騒動の動きはさすが京アニ。

DVD買おうかな。

ラストでは舞が登場。

次回は彼女が当番でしょうか。

大変楽しみです。

〈護君に女神の祝福を 第3話〉

絢子が迎えに来たときの護の母と妹の反応が見所です。

まだ知らなかったんですね。

護は護で、まだ絢子に「好き」といっていないことに気づきます。

そんな中、週末に絢子の家に生徒会の面々で遊びに行くことに。

そして、集会でのキスをかけてのかくれんぼに発展。

絢子の家って、何でも有りですね。

結局絢子の腕力で見つかっていないことにしてキスは次回以降に持ち越しでしたが、次回は演劇でもやるんでしょうか。

私だけの王子様って・・・。

作画も良いのでかなり楽しみにしている作品の一つです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

はじめてのバイト

今日はバイトに行ってきました。

何気に人生初です。

このあたりで稼いでおかないと、冬コミに行くことになっても資金がなさそうだからです。

StrikerSもありますし、きっとなのは熱は再び上昇するはず。

まあ、枕カバーは買いませんけど。

虎やメロンで後から買うことを考えれば、直接行った方が送料などの問題から安く上がる気がします。

話がずれましたが、私のバイトは模試の採点です。

最近はパソコン上でやるようになったので楽ですが、目と手の筋肉に悪そうです。

視力低下は必至かと。

下手をすれば腱鞘炎も・・・?

まあ、普段からキーボードやマウスを叩いて鍛えているので大丈夫だとは思いますが。

今日は4時間半くらいしか寝ていなかったので、午前中はかなり眠かったです。

結局九時半から六時まで働きました。

ついでに新しいバイトも発見。

小論文模試のプレ受験だそうです。

「いろいろなレベルの解答」を求めているそうなので、訓練されていない私でも大丈夫なようです。

気合いで書き上げて、本代の足しにします。

話は変わりますが、昨日、ポケモンでバトルタワーに挑戦。

タワータイクーンとか言う人の二回目を倒しました。

使ってきたポケモンは「レジギガスヒードランクレセリア」(ネタバレ防止のため白字)でした。

エメラルドの時も似たようなものでしたけど、ココまで露骨にやってくるとは。

全員初期レベル70ですよ?

つまりミューツーの立ち位置です。

まあ、あそこまで強くはないですけど。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈ときめきメモリアル 第3話〉

主人公に彼女ができました。

惰性で見続けています。

そもそも、ゲームをプレイしたこと無いですし・・・。

次回は別の女子とときめく模様。

もはやついて行けないレベルです。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第17話〉

本編が始まった直後、大変懐かしい2人が登場。

りんごの友人です。

始めは別の番組かと思いました。

一方ファンダベーレでは、赤ずきん達は歌う小鳥を追って、灰の降る町を訪れます。

そこの住民は灰に覆われた空模様のようにどんよりしています。

とりあえず無人の洋館に身を寄せた赤ずきん達は、そこで小鳥から「ふたつの世界の物語」を聞きます。

これは今までとは別バージョン。

少女がどう見てもサンドリヨンなんですけど・・・。

一体何が彼女を狂わせたのやら。

ラスボスは彼女ではないのかもしれませんね。

そんな中、少女がエルデとの交信に使っていた鏡の中に吸い込まれてしまう草太。

そこで出会ったのは昔話に出てきた少女でした。

憧れの人を求める強い気持ちが、彼女を変えたのかも知れません。

草太も鏡から帰還し、ナイトメリアンを撃退した赤ずきん達は洋館を掃除することに。

そこに鬱になっていた町の住民達が応援に登場。

随分明るくなったみたいですね。

要は気分の問題、と。

未だに対象年齢がわからないアニメです。

次回は再びハーメルンが登場。

おいしいキャラである彼が登場すると言うことは、何か動きがあるんでしょうか。

今回張った大きな伏線はどこで生かされるのか楽しみです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

明日はバイト

明日からバイトが始まります。
模試の採点なんですけどね。
赤ずきんは帰ってくるまで見られそうにないです。
今日は、4限ある講義の内、2限が演習でした。
1限目の力学は20分程度で終了。
かなり暇だったので、さっさと退出してシャナを読んでいました。
3限目の化学基礎の演習も30分を残して終了。
今度は終わりのクロニクルを読んでいました。
シャナをもう一冊もってくるべきでした。
それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。
〈夜明け前より瑠璃色な 第3話〉
フィーナと菜月の料理対決。
マスターカーボンと、まともに料理をした経験の無いフィーナとの対決ということで、どんな料理が出てくるのかと思いきや、フィーナの料理はかなりの出来。
対する菜月はスープすらも炭化させていました。
どうやったんでしょうか。
まあ、フィーナも翌朝には失敗してカーボン料理をつくっていましたが。
次回はバトルもの?
一体どんな話になるのやら。

〈スーパーロボット大戦OG 第3話〉
ライが登場。
タイトルが三人目の男って・・・、もう少し捻ってもよかったかと。
案の定ブラックホールエンジンの暴走事故からスタート。
イルムの声も聞くことができました。
個人的に気になるのはアイビスの登場。
彼女の成長がどこまで描かれるのか、大変楽しみです。
GRaMXは描かれるのでしょうか、RaMVsでもOKです。
でも、フィリオが出ていないのが気がかりですね。
アイビスの二つ名が「流星」になるエピソードはかなり好きです。
夜を切り裂いて・・・。
次回もしっかり見ます。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

2日ぶりの更新

ココログがメンテナンス中で、2日間更新できませんでした。

告知はあったのですが、完全に忘れていました。

アニメ感想がたまっています。

とりあえずネタもないので、アニメ感想にいきます。

見てからしばらく経つものがあるので、かなり短い感想になっています。

〈乙女はお姉さまに恋してる 第2話〉

紫苑さんというクラスメイトに、早くも女装が見破られました。

まあ、秘密にしていてくれるらしいので、お話はまだ続きます。

消せない消しゴムという題名は、何を表していたのか結局読み取れませんでした。

次回はエルダーシスターを選ぶ選挙が開始。

どうなるのでしょうか。

〈ギャラクシーエンジェる~ん 第3話〉

伝説の鍋の物語。

回想中に出てきた3人組が○ビ家の人にそっくりでした。

やらせはせんぞ~!とか言ってましたし。

春菊を手に入れるための戦闘でも、ザ○が出てきていました。

まあ、そこまで露骨ではなかったですけど。

未だに名前が覚えられません。

〈ゴーストハント 第2話〉

微妙です。

作画は綺麗なのですが、話が…。

まあ、面白い部類には入っていると思います。

次回あたりでナルちゃんの本気が見られるのではないかと期待しています。

〈ネギま!? 第3話〉

個人的にはかなり良作だと思います。

色遣いと構図が独特ですけど。

今回はエヴァンジェリン戦。

エヴァの魔法のエフェクトが秀逸です。

ラテン語の意味も微妙にわかってきた気がするような、しないような。

とりあえず「スピリトゥス」は精霊ですね。

始動キーが聞けたのも嬉しいです。

今回は仮契約後の契約執行時に、衣装まで替わるみたいです。

明日菜がいきなりハマノツルギ完全版を使ったのは驚きです。

戦闘自体はあっけなく終了してしまいましたが。

シリアス展開でも随所にギャグが入るのはお約束ですね。

明日菜の怪力も健在。

刹那の慌てぶりも面白いです。

木乃香のためとなると周りが見えなくなるんですね。

そして次回、やっと物語が始まるみたいです。

予告から予想するに、おそらく次回はのどかが当番ですね。

男性嫌いでは無いみたいですが、どう変わっているのか、それとも元のままなのか、大変気になるところです。

〈すもももももも〉

毎回「も」の数が合っているのか不安になります。

桃子が学校に編入してきて、主人公の平和な学園生活が崩壊します。

何気に委員長の声が平野綾さんだった気が・・・。

そのあたりの絡みもあるのかな、と思っていたのですが、次回から刺客が攻めて来るみたいです。

もはやよくわからない展開に突入しそうです。

まあ、今期の数少ない系統のアニメなので、見続けます。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

電磁気学

今日は電磁気学の講義がありました。

この講義、教授が自分でつくった教科書を使っているのですが、かなりわかりにくいです。

講義も微妙なので、これはハズレかなと。

とりあえず、単位を落とさない程度に頑張ります。

今日、ニュースを見ていて、核武装がどうとか言っていましたが、貴様らは何を考えているのかと。

核兵器であっても、自衛の必要最低限なら持ってもいい?

総理が何を言っているのやら。

議論についても、政府で議論をすることはありません?

そもそも議論など必要ないと思いますけど。

『核を撃たれ、その痛みと悲しみを知る私たちが、それでも同じことをしようというのですか?』(種より)

まあ、多分大丈夫だとは思いますが、不安です。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈銀色のオリンシス 第2話〉

微妙です。

今期は作画が良いアニメが多いので、どうしても見劣りしてしまいますね。

下手をすると次あたりで切ってしまうかもしれませんが、多分だらだらと見ることになるでしょう。

謎のキャラも関わって来るみたいですしね。

〈護君に女神の祝福を 第2話〉

展開速すぎ・・・。

2話にして告白の返事ですよ。

これは1クールですかね。

護がビアトリスを発動し、絢子を助けます。

そろそろエレメンツィアも出てくるでしょうか。

今後も楽しみです。

〈DEATHNOTE 第2話〉

ついにLが喋りました。

思いっきりウソップです・・・。

粧裕の声もかなり素人くさかったです。

まあ、作画自体は相当のクオリティなので続けてみようと思います。

〈はぴねす! 第2話〉

こちらもなかなか展開速めな気がします。

雄真が魔法を嫌いになった理由は後々明かされていくことでしょう。

雪先輩の四次元ポケット風魔法がよかったです。

この人もかなり重要なポジションを占めそうです。

〈くじびき♥アンバランス 第2話〉

早速生徒会の仕事に従事する千尋達。

その内容はドミノ同好会の強制退去。

生徒会がそこまでするということは何かある、と考えた上石神井の提案で、盗聴器を仕掛けます。

その会話を聞く内、律子爆殺計画が。

どういう学校だよ・・・。

爆弾を探す千尋達ですが、なかなか見つかりません。

そこで、時乃の占いで当てることに。

まあ、わかりやすいマンホールが映っていて、案の定そこでした。

占いの結果を参考にし、千尋が爆弾のコードを切ることに。

当たりくじは赤い色、という発想で赤のコードを切り、解除に成功。

千尋達に任せたことを、香澄(?)は納得していない様子でしたが、律っちゃんの信頼のなせる業でしょうか?

次回も見ねば。

〈コードギアス 第2話〉

個人的にかなり気に入りそうです。

力を行使してナイトメアフレームを奪ったルルーシュが、テロリスト達に指示を出して帝国軍に反撃。

相手側のナルシーな指揮官の戦術を上回り、帝国軍を圧倒します。

そこに現れる白い騎士。

スザク復活です。

この世界では、「ナイトメアフレームの性能の違いが、戦力の決定的差」であるようで、形勢を逆転されます。

カレンの助けを借りて脱出したルルーシュは、帝国軍司令部に乗り込み、クロヴィスに停戦の指示を出させます。

そこでルルーシュがクロヴィスの弟であることが判明。

次回あたりカレンの秘密が明かされそうです。

〈ぷるるんっ! しずくちゃん 第1話〉

うたわれるものらじおで、柚木涼香さんが出演していると聞いたので見ました。

凄く弾けたキャラクターでした。

でも、うたわれらじおで小山さんを前にした柚木さんと重なります。

次回は見るかわかりません。

ただ興味があっただけですから。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ポケモンバトル

今日は徹夜でサンファンというゲームとモノポリーもどきをやっていました。

我ながらよくもったなと思います。

その後は朱鷺さんのDAKを読んで仮眠。

夜はあの惣内さんとポケモンバトル。

エラーが頻発してかなり苦労しました。

2戦目もエラーで中断。

ダグトリオで逆転を狙っていたのに・・・。

結局、もう一回やってから再戦を誓って別れました。

またいつか、ジュエルシードをかけて。

それでは、今日はこのあたりで。また明日。

Wi-Fi

昨夜、友人とWi-Fiを使ってポケモン交換をしたのですが、エラー連発でなかなか繋がりませんでした。

結局一時間以上かかった気がします。

ボイスチャットも音が不鮮明なので、なかなか不便です。

まあ、遠くの人と交換や対戦ができるのは良いですね。

それでは、この辺りでアニメ感想にいきます。

〈ときめきメモリアル 第2話〉

逃げ足を買われ、運動部からの勧誘に狙われる主人公。

本当にときめきなんでしょうか。

でも、最後には運命の出会い。

そう思っているのは相手側だけですが・・・。

普通とは違った意味で先が見えません。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第16話〉

いばらの故郷に立ち寄ることになった赤ずきん一向。

故郷に着いてから、いばらはずっと眠そうです。

いばらの両親である国王と王妃はいばらの小さい頃の話をします。

昔はおてんばで遊び回っていたいばら。

よく遊びに行っていた四葉の園にある時突然行かなくなった事を草太達に明かします。

夜になり、何となく目が覚めた草太は四葉の園へ向かいます。

そこにいたのはいばら。

いばらの口から明かされる、四葉の園に一本だけある三つ葉のクローバーの話。

いばらは小さい頃に眠っている間に暴走してしまった魔法で村に被害を出してしまった事を負い目に感じていました。

クローバーもそのとき葉っぱを1枚落としてしまったとのこと。

それ以来、夜は寝ないようにしてきたいばら。

いつも眠そうだった原因はこれだったようですね。

そのとき襲来するランダージョとナイトメアリアン。

しかし、いばらはまた誰かを傷つけることを恐れて魔法を使えません。

私は三銃士失格だと言ういばら。

赤ずきんは「たった一枚の葉っぱを傷つけたことで、いつまでも深く悩むなんて、そんな優しいいばらと一緒に三銃士やれて、すっごくラッキー!」と言って、戦いに行きます。

残された草太といばら。

草太は母の話をします。

「四枚目の葉っぱは暖かい、優しいの心の中にある。あなたが優しさを失わない限り、あなたの側で咲くクローバーは、みんな四つ葉のクローバー。」

いい話です。

草太の言葉を受け、「傷つけるためでなく、たいせつなものを護るため、私の力がある…。みんながそれを教えてくれた。」と立ち上がるいばら。

ついに、いばらが覚醒。

「エルフの国は、私が護る。ありがとう、草太。」とお礼を言い、赤ずきん達の援護に向かいます。

赤ずきんと白雪が雑魚を蹴散らしたところで、いばらの魔法でランダージョを撃退します。

その後、キュピの案内で次の目的地に向かう一向。

次回、灰の降る町です。

赤ずきんの感想、いつも長くなりますね。

今回は作画も安定していて、いい話でした。

草太の母親って一体何者なのでしょうか。

まあ、多分最後の方で出てくるんでしょうね。

〈kanon 第2話〉

秋子さんのジャムから生還し、学校に初登校した祐一。

予想通り、席は名雪の隣でした。

学校を案内してもらう途中に、舞達も再登場。

彼女らのエピソードもちゃんとあるのでしょうか。

そして例の如く学校の中で迷子になります。

それでも、香里の助けで脱出に成功します。

頼まれていたおでんの具を買いに行こうとしたところ、再び走り込んでくるあゆ。

箸を持つ方向に避けるよう指示しますが、あゆは左利きだったのであえなく激突。

お約束です。

会話をしているうちに、あゆの名前を思い出す祐一。

というか、まだ名前知らなかったんですね・・・。

その後二人そろって迷子になったところで、栞が登場。

栞の助けを借りて、スーパーでの買い物に成功した祐一の前に、謎の少女が現れます。

が、その場で倒れてしまいます。

そして次回へ続きます。

相変わらず超ハイクオリティな映像でした。

さすが京アニですね。

各ヒロインも本格的に登場し始め、これからの展開が楽しみです。

それにしても、殺村凶子って・・・。

次回もドタバタしそうです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

13日の金曜日

今日は特に書くネタがないです。

これといって出来事もなかったですし。

4限が休講だったので、いつもより長くサークルにいました。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈夜明け前より瑠璃色な 第2話〉

今回はフィーナが学校に初登校。

クラスメイトは始めこそ戸惑っていたものの、翠や菜月の協力もあり、だんだんと打ち解けていきます。

放課後は達哉と買い物に行くことになりましたが、急な公務が入ってお流れに。

自分が一般人でしかないことを痛感する達哉。

しかし、それもカメラマンのおじさん(名前忘れた)の助言で吹っ切り、家族として打ち解けていきます。

フィーナとの関係もまた一歩縮みました。

次回はマスターカーボンvsフィーナのお料理対決?

フィーナの料理の腕に注目です。

〈スーパーロボット大戦OG 第2話〉

母親の治療費を軍が持つという条件でテストパイロットになったリュウセイ。

まだライは出てきませんね。

リョウトやシュウがでてきたり、被験者リストの中にマイの名前があったりと、先の展開が楽しみです。

一体どういう展開になるのやら。

スパロボでクリアしたのはFが一番古いので、それ以前の展開はわかりません。

多分2クールだと思うので、しっかりとシナリオを作って欲しいです。

〈ケロロ軍曹 第131話〉

前半はギロロの芋畑。

後半は梅雄vsケロロ。

前半は特に書くことはないです。

問題は後半。

梅雄の声が池田秀一さんなので、かなり凄いことに。

「バカな!直撃のはずだ!」とか「シャトルの性能の差が、戦力の決定的な差でないことを教えてやる」とか、ケロロ軍曹ならではのネタですね。

シャトルは金色で百とか書いてありますし。

最後は微妙なオチでしたが、台詞はかなり笑えました。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

パンク修理

放課後、友人に連れて行ってもらった自転車屋で、パンクを修理しました。

これで明日から自転車で通学できます。

もしかしたら明日は喫茶マウンテンに行くことになるかも。

改装のため、来年の4月まで休業するそうです。

まあ、変なものは食べませんが・・・。

それでは、この辺りでアニメ感想にいきます。

〈ゴーストハント〉

可もなく不可もなく、といった感じでした。

巫女やら破戒僧やら霊媒師やら、その手の人達が勢揃いしました。

次回解決するのか、それとも最終回もで引っ張るのか、まったくわかりません。

別に特別見たいとも思いませんが、多分来週も見ることになると思います。

〈武装錬金〉

主人公の声が「常にまじめモードの啓太」にしか思えません。

いぬかみっ!は相当印象が強かったのだと実感します。

でも、話自体は面白かったです。

絵もなかなか丁寧でしたし。

そして、ついにパピヨンが登場。

といっても、仲間になったところからしか読んでいないので、どういう展開になるのかはよくわかりませんが。

深夜ということで、おそらく2クールだと思うのですが、どういう終わり方になるのかが心配です。

変なところで終わるのなら、漫画を買うことも考えねば。

〈すもももももも〉

「も」の数はあっているでしょうか・・・。

背景知識ゼロの状態で見たのにもかかわらず、一往理解できたので、わかりやすい話だったと思います。

なんか、うる星○つらみたいです。

主人公は六法全書を常に持ち歩く男。

ある意味変人です。

コメディものだったので、楽しんでみられました。

来週も見ます。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

自転車が・・・。

自転車がパンクしました。

バイトが始まる前に修理に行かねば・・・。

バイト先は歩いて行くにはさすがに遠いですし、地下鉄だとかなり金がかかります。

とりあえず、学校には歩いていくことにします。

明日は1限から5限までフルに入っているので、1,2限は寝るかもしれません。

生物工学序論と無機化学序論なので、独学で何とかなりそうです。

3限の英語は答え合わせだけですし、4,5限の物理学実験は・・・、何とかなるでしょう。

別に寝ていても何とかなりますし。

それでも、一往は早く寝なければなりませんね。

とりあえず、アニメ感想はネギま!?のみです。

明日には残りも見られると思うので、感想はそのときに。

それでは、この辺りでアニメ感想にいきます。

〈ネギま!? 第2話〉

出ちゃいましたね、「マホ」。

それに「哀が止まらない」って・・・。

やはりぱにぽにのスタッフですね。

しかし、展開は超シリアスです。

タカミチがかなり暗い。

そもそも背景が暗いですし・・・。

ナギがまじめにエヴァと戦っていたとは驚きました。

アーニャとネカネ(とくにアーニャ)が再登場したのも驚きですがね。

生の牢獄に捕らわれたエヴァの悲哀感が原作よりも強く出ています。

そして性格が全然違います。

まあ、あくまで「!?」であって「!」ではないんですよね。

のどかや明日菜のネギに対する印象や、明日菜の瞳の色など、原作や第1期とは違った展開になりそうなので楽しみです。

今回は結局パクティオーはせず。

題名が内容に関係ないのはぱにぽに譲りですね。

次回は「ほ~、仮契約カードはそうやって使うのか byエヴァ」です。

多分まったく関係ないですね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

勝った、WINだ、優勝だ?

セ・リーグ、結局ドラゴンズが優勝しましたね。

(私は今名古屋に下宿しているのですが、別にドラゴンズファンというわけではないです。)

今まで別にどこが勝っても気にしていませんでしたが、最近は阪神に勝って欲しいなぁ、と思っていました。

水樹奈々さんが喜ぶから、とかではないです。

ある選手の投球を見ているとスカッとするからです。

別に、そこまで好きというわけではないですけど。

アニメやってればそっちを見ますよ。

スポーツニュースでハイライトを見るくらいです。

特別番組で録画失敗にならないことを祈ります。

それでは、この辺りでアニメ感想にいきます。

〈ギャラクシーエンジェる~ん 第2話〉

連休中に、第1期の5話くらいまで見たのですが、なんとなく雰囲気が違いますね。

笑いの取りどころが違うというか、何というか。

うまく説明できませんが、これはこれで面白いと思えてきました。

今回はBattle Field of Homemakers。

つまり主婦達の戦場、バーゲンセールです。

30分(正確には20分強)に詰め込んだとは思えないほど内容盛りだくさんに思えました。

いろいろパロディもありましたし。

ア○ックNo.1は定番ですね。

おばさん達のパワーは戦慄さえ覚えます。

現実でもああなんでしょうか。

〈乙女はお姉さまに恋してる 第1話〉

早速単語登録しました。

「おとめはぼくにこいしてる」を変換すると「乙女はお姉さまに恋してる」になるようになりました。

これで入力が楽に。

それでは、感想にいきます。

堀江由衣さん初(?)の男役。

かなり頑張っていらっしゃいました。

原作はやってないので話は知りません。

ギャグもかなり入っていたので(主観)、楽しんでみられそうです。

浅野真澄さんも出ていますし、後藤邑子さんの演技も気になるところです。

一体どういった展開になるのか、予想がつきません。

ストパニ路線に移行するのでしょうか。

アレはあまり好きではないんですよね・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ネトラン

ネトランとは、私がよく読んでいるパソコン雑誌です。

本当の名前は「ネットランナー」なんですが、発売延期になっていました。

雑誌としては異例ですよね。

発売日は11日らしいです。

まあ、気長に待ちます。

明日を凌げば関門は木金だけですからね。

しかも金曜は4限の線形代数が休講。

とりあえず、今週は凌げそうです。

後期は専門科目が多すぎです。

毎回レポートを出すとか宣言してる教授もいますし。

落とせないものが多すぎるので精神的に辛いです。

アニメ等で何とかつないでいきたいです。

それでは、今日はアニメ感想もないのでこの辺りで。

また明日。

アニメ三昧?

まだバイトも始まらず、明日も休みなので、今日は主にアニメを見ていました。

あとはポケモンをやったり、落書きをしたり。

Nylvana011

これがその絵です。

我ながら下手です・・・orz。

多分、なのは二次創作で出てくるんじゃないでしょうか。

まだストーリーの構想もしっかりとはできていませんが、一往オリジナルキャラのデバイスということで。

名前すら決まっていませんが・・・。

もしよければ気長に待っていてください。

とりあえず、アニメ感想にいきますね。

〈くじびきアンバランス 第1話〉

「泣き虫じゃなくなったら・・・」から始まるものだと思っていましたが、予想は外れました。

げんしけんを見ていたとき、そこの印象が強かったので・・・。

ハズレ体質の千尋と、タナボタ体質の時乃、マッドサイエンティストの上石神井、極度の人見知りの小雪が次期生徒会候補の地位を確立する、という話だそうです。

原作とはキャラデザが違ったり、役職が違うみたいでしたが、あまり詳しくはわかりません。

げんしけんは一往見ましたが、くじアンまでは気を回していませんでした。

と言うことで、バックグラウンドがほとんど無いので、普通に楽しみたいと思います。

〈銀色のオリンシス 第1話〉

キャラデザが平井久司氏です。

作画は相変わらずと言ったところですね。

まだ世界観が全然掴めていません。

月のお偉いさんの声が鈴村さんだったので、どんなキャラなのか気になります。

コウイチの正体はおそらく・・・。

この作品、小説とアニメの両方を見ないと全貌がわからないらしいので、気に入ったら小説も買おうと思います。

〈コードギアス 第1話〉

キャラデザ原案がCLAMPですね。

キャラの書き方が綺麗なので、まあ好きな方です。

日本がブリタニアの侵攻を受けて支配されているという世界観。

こういうのは結構好きな方です。

実際にこうならないように頑張って欲しいものですね。

早速主役級が2人も射殺されました。

まあ、普通に考えてもあとから出てきますよね。

次回のサブタイから推測すると、スザクは次回で出てきそうですしね。

サンライズのロボットアニメと言うことで、安心して見ていられそうです。

〈はぴねす 第1話〉

魔法少女ものですね。

少女かどうかは微妙ですが・・・。

日向裕羅さんが出ていてかなり驚きました。

声を聞いていて、「あれ、この声って・・・。」と思い、EDのテロップを見たらビンゴでした。

アニメにはほとんど出ていませんが、とらハではよく聞きます。

ストーリーは、学園ラブコメディ?

魔法科の校舎が爆発して普通科に編入することに。

2人のキャラがたとえていた時点で伏線が張られているとは思いましたが、さすが恋愛ゲーム原作ですね。

多分次回も見ます。

〈Gift 第1話〉

消えない虹の架かった町、楢崎町。

そこの住人は一生に一度だけ、願い事を叶える「Gift」という贈り物を贈る魔法が使える・・・。

今回は贈り損ねた「Gift」を贈り直させるというお話。

「Gift」は相手との気持ちがしっかり繋がっていなければうまくいけません。

一つ下の後輩が同じ高校に進学してきたため、ある男子生徒はその子に「Gift」を送ります。

しかし、1年間離れていたことで心は離れてしまっているのではないかという疑念から、「Gift」は失敗してしまいます。

自分も同じ境遇に立っていた主人公の説得により、「Gift」は贈り直されるのですが、失敗したらやり直しがきくんですね・・・。

次回は離ればなれになっていた義妹が帰ってきて、物語が動き出すみたいです。

私の住んでいる地域では普通には放送されておらず、周りに見ている人がほとんどいそうにないので、次回も見るかはわかりません。

まあ、パソゲー原作だけあって、ヒロインの描き込みは綺麗ですけどね。

それでは今日はこの辺りで。また明日。

バイトの下見

今日、バイト会場の下見に行ってきました。

場所は「サンライズ吹上」。

自転車で行ってみました。

大学から10分少々走ったころ、左手にそれらしき建物が。

そこに書かれていたのは「サンライズ千種」の文字・・・。

でも、友人に聞いてみたところ、それであっていると・・・。

意味不明です。

まあ、思ったよりも近かったので一安心。

雨さえ降らなければすぐに着きそうです。

今日は風がかなり強くてなかなか大変でしたが・・・。

その後はメロンへ赴いてサンクリの新刊をチェック。

買ったのはなのは本5冊。

そしてメイトに立ち寄ってシャナの4~7巻と赤ずきんのビジュアルファンブックを購入。

VFBを買ったときにカバーをくれたのですが、大きさがピッタリすぎて入りません。

強引に入れると表紙が曲がりそうです。

どうしましょうか・・・。

帰る途中には鬱陶しい宗教の勧誘が。

信じなかった人が交通事故で死んだとか、信じないと日本が滅ぶとか、そんな心の狭い神ならお断りですよ。

ああいう人は話がしつこいですよね、「三次元の世界に興味はない」とでも言えば諦めるでしょうか。

彼らの話を聞くくらいなら、アニメを見ます。

と言うことで、この辺りでアニメ感想にいきます。

〈ときめきメモリアル 第1話〉

何となく見ました。

原作をほとんど知らないので、どんな話なのかまったくわかりません。

登校中に眼鏡っ娘とぶつかるとか、伝説の樹とかが出てくるのかと思っていましたが、偏見だったみたいです。

微妙な展開でしたが、多分次回も見ると思います。

〈DEATH NOTE 第1話〉

クオリティの高さは相変わらずです。

全体的に暗いのもこの作品らしいと言うことでOK。

でも、声が・・・。

ライトってああいうイメージで描いていたんでしょうか。

次回あたりLが出ると思われるので、そっちの声も注目ですね。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第15話〉

サンドリヨン軍最凶の魔女、トゥルーデが本格的に登場。

その力で、りんご以外の面々が人形にされ、迷宮に閉じこめられてしまいます。

人形を拾い集め、逃げようとするりんごに手を貸したのはハーメルン。

どこから出てきたのか、おいしいキャラです。

一方、赤ずきん達は迷宮からの脱出法を考え中。

開くたびに数が増えていく扉。

草太はそれが自分たちの「疑う気持ち」が原因であると推測します。

必ず脱出できると信じれば、自ずと出口はわかる、と。

その意見を実行すると、扉は次々と消え、一つだけが残ります。

それこそが真の出口であり、赤ずきん達は人形から元に戻ることに成功します。

それでも強大なトゥルーデの力。

召喚した闇の三騎士達もかなり強力。

絶体絶命に窮地に立たされる赤ずきん達。

白雪は転移魔法で撤退することを提案します。

草太の賛成も受け、魔法が発動。

たどり着いたところは緑の広がる世界。

そこはいばら姫の故郷でした。

次回はそこで一騒動あるようですね。

〈護君に女神の祝福を! 第1話〉

友人が原作を読んだと話していたので、とりあえず見てみました。

ビアトリスって何でしょうか・・・。

魔法、という解釈で良いんでしょうか。

そのあたりがはっきりとわからなかった以外は、かなりの良作だと思います。

強大な力を持つ絢子が護の前でだけ見せる純情、初恋に戸惑う絢子の姿をネタにする生徒会の面々のドタバタ劇等々、次回も見逃せそうにありません。

最近、どんどん見るアニメが増えて行っている気がします。

ホントに単位大丈夫かな・・・。

講義中に二次創作で使おうとしているキャラの落書きをしたりしていますし・・・。

まあ、何とかなるでしょう。

それでは、今日はこの辺りで。また明日。

やっと休日に

大学の後期第1週が終わりました。

今期は寝てても大丈夫な講義がなさそうなので、かなり眠い日々が続きそうです。

再来週からはバイトも始まりますし、単位を落とさないように頑張らねば。

気持ちよくストライカーズを見るためにも、ここが踏ん張りどころ。

毎月のMEGAMI マガジンを心の支えに、あと半年を乗り切っていきたいと思います。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈夜明け前より瑠璃色な 第1話〉

すこしフライングして見ました。

生天目さんのこういうキャラを見るのは、多分私は初めてなので、新鮮でした。

お姫様として違和感のない演技でした。

さすがですね。

今回はフィーナはホームステイ初日。

フィーナは達哉のことを知っている様子でしたが、主人公側が覚えていないのはお約束?

次回からは学校へも行く様子。

メガマガによればゴキブリに機関銃を持ち出したりするとのことなので、ドタバタ劇も繰り広げられるみたいです。

作画も安定していたので、次回も楽しみです。

〈スーパーロボット大戦OG 第1話〉

私がこの世界に入った理由の根っこにあるのは実はこれではないかと思うスパロボです。

決定的なのはなのはですが、アニメとかそういう分野にはまったのはスパロボがきっかけだと思います。

ガンダムを見るよりも先にスパロボαをやった記憶があります。

ラスボスが一撃という衝撃もさることながら、いろいろなロボットが作品の壁を越えて戦うのはかなり面白いです。

現在も新作はだいたいチェックしてますし、私のロボット系の知識の元となったのは間違いなくスパロボの攻略本です。

感想へ行きますと、アニメはリュウセイが主人公となっています。

OP、EDを見る限り、ゼンガーやクヴォレーも出るようなので、スパロボファンとしては非常に楽しみです。

ただ、何となく作画が微妙なんですよね。

クオリティは高いのですが、キャラクターの描写がやっぱり微妙です。

それでも、OVAとだいたい同じレベルの作画なので問題はないです。

まだリュウセイ、クスハ、アヤ、イングラムくらいしか出てきていませんが、これからの展開が楽しみです。

〈Kanon 第1話〉

原作をやってない上、前のアニメも第1話しか見ていないので何とも言えませんが、さすが京アニ、といったところです。

あゆにビミョ~に朝比奈さんの面影が・・・。

そして祐一の声が完全にキョンでしたが、そこまで気になるレベルでもありませんでした。

むしろ、アレはアレで良いのかなと。

いきなりあゆシナリオ?という感じの始まり方でした。

なんかとても鬱なんですが・・・。

まあ、その空気もすぐに変わり、幼なじみとの再会、食い逃げ少女あゆとの出会いなど、終始明るい話でした。

今回は顔見せで多くのからが出てきました。

次回は学校が始まる模様です。

インストールしたまま起動していない原作をやってみようかと思いました。

多分やらないと思いますが・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ネットにうまく繋がらない。

なぜか23時半頃からパソコンがネットに繋がりません。

なので、今日はアニメ感想のみです。

〈武装錬金〉

惣内さんオススメのこのアニメ。

はっきり言って絵があまり好きではなかったのですが、とりあえず見てみました。

主人公の声がいぬかみっ!と同じだったり、ヒロインの声が暗黒面エルルゥ(?)だったり、妹の声が平野綾さんだったりと、いろいろありましたが、かなり面白かったです。

原作はほとんど読んでいないので何とも言えませんが、良い作品だと思います。

次回も続けてみようと思います。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

明日は朝から晩まで講義

明日は一限から五限まで、すべての時間が埋まっています。

最後の2コマは物理学実験なので、多分途中で終わると思いますが・・・。

それでは、アニメ感想にいきます。

〈ヤマトナデシコ七変化 第1話〉

ごめんなさい。

こういうのは苦手なので、開始数十秒で切りました。

もし気が向いたらもう一度見るかもしれません。

すみません、朱鷺さん。

〈ネギま!? 第1話〉

なんと言いますか、「ぱにぽにだっしゅ!」ですか?

まあ、スタッフ達は同じ人ですけど、黒板にネタが書いてあったり、キャラの動きがぱにぽにを彷彿とさせます。

作者の日記で明かされていたように、映画のような構成でした。

突然英語字幕が入り、エヴァとナギの対決から始まりました。

そして場面はネギの魔法学校卒業式に。

アーニャが齋藤千和さんで、ネカネが沢城みゆきさんでしょうか。

どこか新鮮な感じです。

でも、特にアーニャはピッタリです。

飛行機に乗り、麻帆良学園に出向くネギ。

カモ君が最初から居たり、まき絵が吸血鬼に襲われるタイミングがネギの赴任より前だったりと、原作とは微妙に違いますが、話の大筋は同じみたいですね。

いいんちょがショタコンなのは相変わらずですが、明日菜がガキ嫌いでないあたりも気になります。

木乃香を迎えに来た刹那にもビックリ。

原作では修学旅行後ですからね、こういう関係になるとしても。

ある意味感慨深いものがあります。

タカミチも微妙に外人風になっていました。

そして視点は教室へ。

全キャラに台詞があったのには驚きです。

ザジや五月までも。

キャラの基本設定はほとんど変わっていませんね。

明日菜の性格がかなり違う気もしますが、あれは寝ぼけていたからでしょうか。

そして放課後、ネギは木乃香達の部屋に泊めてもらうことに。

この辺は原作と同じですね。

そしてクライマックス。

お茶を買いに出た木乃香が吸血鬼の餌食に。

そのまま映画風のエンディングに突入です。

やっぱりアーニャとネカネは斉藤さんと沢城さんでした。

ナギの声優が出ていなかったのですが、あれは誰でしょうか。

どこかで聞いた覚えがあるのですが・・・。

何となく、良作の予感です。

間違いなく来週も見ると思います。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

教科書購入

うたわれるものラジオが聴けません。

早く復旧して欲しいです。

今日は、専門科目の教科書を買いに行きました。

価格はなんとニンテンドーDS1台分。

化学生物工学科だけ高いんですけど・・・。

全学共通科目も含めればWiiが買えそうです。

まったく、財布に優しくない学科です。

午前中に二つあった専門科目はものすごく眠いですし。

でも、明日は午前中で終わり。

サークルでポケモンでもやりますか。

それでは、この辺りでアニメ感想にいきます。

〈となグラ 第13話〉

このアニメもついに最終回。

案の定、と言うか何というか・・・。

勇治の引っ越しが取り消しになりハッピーエンド。

ひねりも何もありませんでした。

でも、これはこれでとなグラらしいですね。

来週からはおとボクこと「乙女はお姉さまに恋してる」。

とりあえず、結構期待している作品です。

〈ギャラクシーエンジェルる~ん 第1話〉

ファンの方に言ったら怒られそうですが、キャラがまったくわからないためか、微妙でした。

シリーズを通して2話くらいしか見たことがないのですが、こういうノリなんでしょうか。

とりあえず面白かったのですが、何というか、微妙でした。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

講義開始

大学で後期の講義が始まりました。

今日は微積、独語、電磁気の三つ。

しかし、三限目はかなり眠かったです。

というか、クラスの半分近くが寝てました。

昨日凱旋門賞見ずに寝ればよかった・・・。

明日は四限まであるので、さらに眠そうです。

四限終了後には指導教官と面接、成績表(?)をもらえるみたいです。

とりあえず、明日の講義が終わったらライオン丸ととなグラとGAる~んが見られるので頑張ります。

もしかしたら朝見るかも。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

夏休み最後の日

長いようで短かった夏期休業も今日で終わり。

明日から再び大学の講義が始まります。

今期はすべて一限目から授業があるので、早めに寝なくてはなりません。

電磁気学が始まったり、専門科目が増えたりと、なかなか大変なことになってきました。

単位を落とさないように頑張ります。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »