« 気づけば19歳 | トップページ | 忘年会終了 »

忘年会

今日はサークルの忘年会があるので早めに更新しておこうかなと。

終わったらカラオケに行くことになりそうですし。

というか、行きたいです。

Wiiは結局買いに行きませんでした。

スマブラXが出たら買うかもしれません。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈くじびきアンバランス 第9話〉

薫子と蓮子の絆を再確認させられた回でした。

互いのことを思う故のすれ違いって、ありますよね。

それにしても、リンスとシャンプー用に2体もロボットを作るとは。

しかもそのロボットが大気圏突破能力を持っていたりとか。

無駄に凄いですね、蓮子様・・・。

次回は小雪周辺の話?

あと2回、どうやって終わらせるんでしょうか。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第23話〉

ガラスの靴が現在と過去をつなぎます。

灰の町でおとぎ話に出てきた少女がマレーンという名前であったことが判明。

ガラスの靴の持ち主は彼女でした。

というか、やっぱりですね。

彼女はその靴を履いて離ればなれになった王子(?)とダンスを踊るのが夢だったという。

しかし、その王子(?)はエルデで別の女とダンスを踊っているのを見て、神が世界を二つにわけたことを恨みます。

すべてはここから始まった。

一方、ガラスの靴の魔力で踊らされていたりんごを助けたのはヘンゼル。

フラグは立つのか?

結局草太がエルデの鍵の力を解放して場を沈静化。

ヘンゼルはガラスの靴をサンドリヨンの元へ。

それを破壊したサンドリヨンの真意とは。

物語の謎がだんだんと明かされてきていますね。

次回は草太のお母さん。

また新たな謎が解かれることでしょう。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« 気づけば19歳 | トップページ | 忘年会終了 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気づけば19歳 | トップページ | 忘年会終了 »