« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

分裂

なぜかノートパソコンがネットに繋がらないので別のところから更新。

キーボードがちがうと打ちにくいです。

昼過ぎ、すっかり忘れていた涼宮ハルヒの分裂を買いに走り、2時間ほどで早速読了。

一部ネタバレなので伏せて書きますね。

今回はいつもとちがってαとβで分岐していました。

これが分裂なのか、小泉の好きそうなIFなのか、などは驚愕を呼んでみないと分かりそうにないですが、驚きの展開でした。

キョンの中学時代の同級生の佐々木こそがハルヒの能力を持つにふさわしいとか・・・。

たしかに恋は一種の精神病、みたいなことは言っていましたけど・・・。

今回呼んでいて分からなかったのが、そうして「土曜の朝」に「`」がうたれていた理由なんですよね。

特に強調する必要があったんでしょうが・・・。

別に矛盾とかも見つからなかった気がするのでわかりません。

やはり驚愕待ちですかね。

個人的に佐々木には裏がありそうですが、ビジュアル的にはハルヒから毒気を抜いたような感じでしたね。

キョンがSOS団との対応を考えていたあたりを考えると、この人が異世界人なんでしょうか。

それとも天蓋領域・・・?

まあ、国語力の不足した私たちゆとり教育世代にはわかりません。

もう一回読んでみる必要がありそうです。

明日はリリカルパーティ3ですね。

もちろん私はいけませんが、ヤフオクあたりでスターターブックは手に入れたいです。

ネタバレを踏まないように気をつけねば・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

今回の決めゼリフは「テイク・オフ」?

タイトルはもちろんStrikerSです。

多分MEGAMIを買うとわかります。

ひぐらしのく頃に祭、とりあえず鬼隠し編をクリア(?)しました。

これって推理の予知あるんですかね?

下に少し伏せて書きますね。

オヤシロ様の祟り、で済ませてしまえば一番早いですけど、まともな推理ものでそんな超常現象はあり得ませんからね。

あとは極限状態に叩き込まれて主人公が狂ったとしか・・・。

大声で笑うレナはともかく、魅音は普通に話していただけのような気もしますしね。

おはぎの件も本当に針だったのかはわかりませんし・・・。

とくに最後に二人が襲ってくるシーンで、持っているのが注射器ではなく油性マジックだったんじゃないかなと。

そうすれば「同じ目にあってもらう」=「落書き」ですし、その異常性を隠すためにメモの一部とそれを隠したと考えられますし・・・。

まあ、結論はコンプすればわかるのかな・・・?

アニメを先に見ておくべきだったのかな、かな?

もっとも、今更な気もしますけど・・・。

StrikerSが始まるまでにケリをつけたいものです。

今日は朝一でMEGAMIマガジンを買ってきました。

9時半頃に行きつけの本屋が開いていたのでそこで購入。

そして、別の本屋で名古屋のメイト&メロンにおいていなかった小説版SHUFFLE!芙蓉楓編を購入しました。

読むのはネリネ編が終わってからですね。

それでは、早速アニメ及びMEGAMIマガジンの感想へ行きますね。

〈MEGAMIマガジン 5月号・・・というかなのはStrikerS〉

あれ?なのはの放送開始が4月5日になっているんですけど・・・・・・仕様?

どうせウチは映りませんけどね。

第1話はスバルとティアの昇格試験の模様。

そして、5話までの簡単なあらすじが載っていました。

まあ、多くは語るまい・・・。

どうしてなのはだけ19歳のアニメ画像がないんだろう?

空港のシーンは多分15歳ですし。

まあ、来週には見られるわけですので、焦る必要はないですね。

さて、どうやって見ようかな・・・?

やはり誰かにビデオを借りるのが一番早いのかな?

それとも和歌山のエンコ職人に期待か?

少なくともサークルの活動日までには押さえておきたいですね。

特に新入生の話についていける程度には・・・。

サウンドステージMでは一足先になのは達の声も聞くことができましたし、かなり満足のいく内容でしたね。

欲を言えばリインの声を聞きたかった・・・orz。

本放送に期待です。

〈Venus Versus Virus 第12話〉

随分中途半端な終わり方でした。

第一話の冒頭シーンと同じ流れで戦い、ルチアの左目の光に二人が包まれて・・・。

どうなったんでしょうかね。

これは漫画を買えという制作側のメッセージなのか?

〈ひだまりスケッチ 第12話〉

紗英さんの妹、智花の声で釘宮さんが登場。

最近はこの人の声がすぐにわかるようになりました。

まあ、特徴的な声ですしね。

いつもどおり、ひだまりらしい温かなお話でした。

〈武装錬金 第26話〉

遂に終わってしまいました。

バスターバロンが大気圏突入能力を備えていたり、シルバースキンに包まれていれば宇宙空間でも活動可能だったり・・・。

色々ありましたが、最後まで熱い作品でした。

毒島のあの扱いは・・・。

〈スーパーロボット大戦 第25話〉

はっきり言ってよくわかりませんでした。

SRXがいきなりディス・アストラナガンになったり・・・、最後が投げっぱなしだったり・・・。

せめて後日談くらいつけてください・・・。

あと、アイビス達の出番があれから一度も無い・・・。

ただまあ、戦闘は相変わらず熱かったです。

クロガネがバリアを破るのはOVAと同じですね。

リューネのクロスマッシャーには、ビアンの影が見えた・・・(妄想)。

そして、ド派手なコスモノヴァも燃えましたね。

OG2のアニメ化にも期待したいですが、とりあえずOGsを早く発売してもらいたいものです。

〈コードギアス 第23話〉

ココへ来て面白すぎますね。

声が気に入らないV.V.は放っておくとして、おはようございましたのオレンジ君とか、ラスボスになりそうなニーナとか・・・。

マジメな方ではC.C.の交信相手だったマリアンヌ様とか。

やはりC.C.も皇帝と同じように死者との繋がりが持てるのか・・・?

そして、はじめて憎しみのために戦うスザクと、誰にもないはずの責任を背負うルルーシュ。

多分、初恋だった・・・。

二人の対決が始まるか、と思いきや、24話、25話は夏放送らしい・・・。

CBC、何やってるんですか?

こうなったら4月中にやるどこぞやのテレビ局に期待するしかなさそうですね。

なにぶん人気のある作品ですから、出回るのも早いはずですし。

それにしても、スザクが「ユフィィィイイ!!」と叫ばなかったのはなぜだろう・・・?

それでは今日はこのあたりで。

明日は赤ずきん最終回。

MEGAMIのよれば静森えりにまた会えるらしい。

専攻確定

大学に行ってコース分けを見てきました。

結果、無理だと思っていた生物機能工学コースに入ることができていました。

昔は上位30人だったらしいですが、最近は落ちてきたみたいですね。

でも、このコースは結構忙しいらしいです。

サークルにもここに行っている人はいませんし・・・。

そもそも化学生物工学の人が2人しかいないんですけどね。

先行き不安です。

まあ、何とかなるでしょう。いままでのように。

それでは、今日はアニメ感想もないのでこのあたりで。また明日。

私はあの時、心から思ったんだ。 強くなるんだって・・・!

昨日は「とりあえず本文だけ書いてアニメ感想は後で書こう」と思い、予約投稿にしておいたのですが、メンテナンスに入ったので編集できず・・・。

メンテナンスの日時を完全に忘れていました。

アニメ感想は今日、まとめて書きますね。

今日はSHUFFLE!の小説を求めて近くの本屋にいきました。

が、ネリネ編がなかったので購入は断念。

よく考えたら明日アニメイトに行くので、そのときに買えばいいですよね。

ポイントもつきますし・・・。

ただ、本屋で立ち読みした「萌え萌え女神事典」はきっと買おうと心に決めました。

たしかメイトにもメロンにもあったはずなので、多分買えるでしょう。

少し見ただけですが、結構詳しく書かれていました。

値段は少し張りますが、多分大丈夫でしょう。

あと、ひぐらしを始めました。

まだ4日目くらいですが、事件に触れたときのレナや魅音の声が怖い・・・。

ほのぼのパートがいつ終わるのか、不安でたまりません。

クリアまでに、一体何日かかるんでしょうかね。

春休み中に終わることを祈るばかりです。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈まなびストレート 第12話〉

あの学園祭から時は流れ、卒業の季節に。

学美はフリーター、むっちーは実業団、メイは(タカちゃんも)○○田大学、桃葉は専門学校、そして、みかんはアメリカへ。

それぞれの道を歩き出す少女達。

空港でのみかんの見送りに言葉は必要ありませんでしたね。

そして、エピローグは5ヶ月後。

再び集まった彼女たちは小鳥が開発した消えるスプレーでグラフィティ。

いや~、青春ですね。

ちなみに、青春グラフィティの監督はジョージ・ルーカスだそうです(一子談)。

子供がまねしたらどうするんだ、とかいう滑稽な抗議があったらしいですが、別に良いじゃないですか。

それができるのも学生なんですからね。

良くも悪くも、まなびらしい終わり方でした。

〈ときめきメモリアル 第25話〉

これも最終回です。

結局は天宮さんの想いに応えた陸。

まあ、なんというか、わかりやすい結末で・・・。

本編よりも校長(?)の話に感動しました(笑)。

〈SHUFFLE! MEMORIES 第12話〉

最終回は本編をリセットして、完全に新作でした。

神王が趣味でつくった屋形船(?)で神界の海にバカンスに来た一行。

作画は相変わらずでしたが、パロディ満載ですばらしい出来でした。

ドタバタパートはもちろんのこと、黒楓が怖すぎる・・・。

鰻の頭をブツ切りにし、その包丁を持ったまま濁り目で亜沙先輩を追い詰める楓さん・・・。

これって、ひぐらしのパロなんでしょうか。

相変わらず変な顔の描写をすると誰かわからなくなりますね。

プリムラに「何プレイ?」と聞かれたときの稟の顔はもはや別人・・・。

〈京四郎と永遠の空 第7~12話〉

結局のところ、題名の「空」はなんと読むんでしょうか。

少し語呂に違和感がありますが、やはり「くう」なのかな?

どこかに資料はないものか・・・。

たまっていた後半部分をまとめてみました。

待ち望んだカズヤ兄さんは空以上の妄想爆発君でした。

「拝啓、私の王子様」どころではありませんでした。

まあ、そんなことは置いといて・・・。

結局のところハッピーエンドで良いんですよね?

京四郎に迎えに来てもらったことで子供になっていた空も時間を取り戻し、かおんとひみこは元通り、ソウジロウは機動風紀にもどりながらたるろっての相手をし、ワルキューレ(メギンギョルド?)はカズヤの介抱をする、ということで。

空が見つかった今、セツナはどうするんでしょうかね。

最後まで報われなかった気もしますけど・・・。

バスティーユから解放されたとき、受け止める人がいなかったときはもう不憫で・・・。

DVD特典のTV未放送話に期待です。

〈アイドルマスター XENOGLOSSIA 第1話〉

バンダイチャンネルで先行公開されていたのを見ることができました。

月が崩壊した事件「ロストアルテミス」から約100年後の復興歴107年が舞台。

月の破片は地球の周りに軌道環を生成し、ときおり「ドロップ」と呼ばれる月のカケラの落下が各地に被害をもたらしていた。

そのドロップを処理するロボットが「アイドル(iDOL)」とのこと。

最近話題のアイマスのキャラクターが出ていると云うことですが、やったことがないので一人もわかりません。

箱は持ってないし、近くのゲームセンターに筐体はないし・・・。

ということで、原作ファンの方の評価は不明ですが、私的には良かったと思います。

動きもなめらかですし、作画も安定していましたし。

ロボットものが好きな私としては、期待度大ですね。

東海テレビは五月からなんですけどね・・・。

まあ、niftyで見られるらしいのでそっちで見るかもしれません。

ちなみに、今回の話が「ごま」で、次回は「アントシアニン」だそうです。

〈ひとひら 第1話〉

全く前知識がなく、ジャンルすらわからない状態で見ました。

見たところ演劇もののようですね。

極度の上がり症で緊張すると声が出ない主人公、だけど、リラックスしたときの声には人を惹きつけるものがあって・・・。

普通に面白そうです。

私は燃え萌えジャンルもさることながら、シンデレラストーリーも好きなのですよ。

フィギュアスケートのワン・モア・ジャンプとか、バレーボールの真なんとかとか。

もちろんガラスの仮面も。

なので、しばらく見続けたいと思います。

声優陣、すぐにわかったのは川澄綾子さんと岸尾大輔さんと雪野五月さんくらいですね。

植田佳奈さんの声は未だにわかりません。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

マブラヴ

マブラヴオルタを入手したので早速起動・・・・・・したのですが、やはり前作をやった方が良さそうだったので断念。

結構古そうなので、どうやって入手するかが問題です。

やっぱりひぐらしを進めるべきなんでしょうかね。

前知識が全くないので不安ですけど・・・。

アニメを先に見ようかな・・・?

とりあえず一度起動してみることにします。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

睡眠不足?

最近、たいしたことをしているわけでもないのに眠いです。

今日もアニメを消化ししていただけなのに・・・。

やはり、実家では寝づらいんでしょうかね。

ということで、アニメ感想は明日書きます。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

レジェンド

うたわれるものらじお出張版を聞きました。

確かにこっちがメインでデスクトップキャラクターズはおまけのような気もします・・・。

際どい会話満載で笑いを堪えるのが大変でした。

力也さんの初ジャックも聞けましたし、真・うたわれるもののテーマも良かったですよ。

まあ、よくわからない歌ですけど・・・。

デスクトップキャラクターズの方はどうしましょうかね。

少なくとも実家では使えません。

下宿に戻ったら試してみるかもしれません。

それではこのあたりでアニメ感想にいきますね。

〈Venus Virsus Virus 第11話〉

暗すぎる・・・。

ルチアがああいう行動を取るだろうことはわかっていましたけど、実際に見ると・・・。

フラグメントが覚醒し、ワクチンの力なしでバーサーク化したスミレ。

そして、真なる世界を開こうとするリュシフ。

ラスボスはこの二人なんでしょうか。

与識、いい人でした。

というか、本当に死んだのかはわかりませんけどね。

次回、シロイ セカイ

予告のローラの声がどんどん暗くなっていきますね。

〈セイントオクトーバー 第12話〉

ロリ吃驚とか、ロリッと解決とか、そんなことをやっていた作品とは思えません。

「慈愛の石版」であるユアンの口から語られる真実。

といっても、「支配の石版」であるクルツが世界征服を企んでいる、みたいな感じでしたけど。

そして、そんなシリアスなまま、再び襲ってくるソフィア。

クルツへの愛によって壊れ、それをネジが外れて壊れる描写で表したり、2回目のジャッジメントでネジしか残らなかったソフィアを見てカフカが泣いたり・・・。

シュールですね・・・。

2度目のジャッジメントの意味を始めてしった小十乃は自分の力に怯え、敵さんは圧倒的な力を見せて去っていく・・・、物語の折り返し地点らしい回でした。

それを考えると、EDを元に戻したのは好判断でしたね。

〈護くんに女神の祝福を 第23話〉

最近やっと生天目仁美さんの声がわかるようになった気がします。

「原初への帰還」が始めEVAにしか見えませんでした。

磔になって、羽根が生えたり・・・。

つい、「エヴァンゲリオンだ」と呟いてしまいました。

いつの間にかマリアがいい人になっていました。

ヨハンも格好良いことをしてるので、護に奇跡を教えた正樹がダメキャラに見えてくる・・・。

展開自体はいつもの通り、学園祭の時のように深層心理に触れるパターンでした。

このまま解決、と思いきや、高まったビアトリスを感じ取った各国がミサイルで「原初の帰還」を消滅させることを決定。

でも、そんなもので消えるなら苦労しないと思うんですが・・・。

もしかしてお宝ミサイルなんでしょうか。

いや、でもそんなものを打ち込んだらドイツが消えてしまいますね。

一体どういう展開になるのか。

まあ、護と絢子が全部打ち落とすんでしょうけど・・・。

タイトルの「無敵な二人」は来週の前半になりそうです。

〈REIDEEN 第4話〉

石版に記されていた古代文字は「ゴッドワンド」でした。

戦うことを嫌がっていた主人公も街を護るために決心。

しかし、再び襲いかかってきた敵にライディーンで立ち向かうものの、光学迷彩の前に対抗手段がない。

そんなとき、頭に浮かんだイメージは先ほどの石版の文字「ゴッドワンド」。

それに反応してどこかから召喚されてきた杖で敵の光学迷彩を無効化。

そして、ゴッドソードも召喚してあっさり撃破。

まだ折り返しには早いようですね。

だんだん面白くなってきた気がします。

〈月面兎兵器ミーナ 第11話〉

いつの間にやら最終回です。

夫にミーナであることを告白した母を見て、美奈もすべてをつかみ取ることを決心する・・・。

こう書くと悪人みたいですが、あくまで「良い意味で」です。

スポルナの本番中にミーナに変身し、師走ミーナの戦艦に突撃していきます。

そこに援軍として現れるミーナ達。

豪華な声優陣でした。

そして再び大月ミーナに戻った翠怜とともに師走ミーナの戦艦を撃退。

めでたしめでたしです。

あれ?こんなミーナいたっけ?というようなキャラが何人か出てきましたけど、彼女たちのエピソードはDVDで補完されるのかな?

でも、DVDは・・・・・・多分買わないと思います。

〈ダンクーガノヴァ 第6話〉

遂にFSがチームDの前に姿を現す。

そこで語られるダンクーガの真の役割。

彼、『やぁってやるぜ!』って言いたかったんでしょうね。

パッと見、デュランダル議長でした。

今回の話で後藤邑子演じるエイーダがR-ダイガンのパイロットである可能性がますます濃くなってきましたけど、そうするとジョニーに近づいた理由はスパイ目的なのか、本気なのか・・・。

今回は戦闘シーンがありませんでしたが、はっきり言って毎回同じ展開だったので、こういうのもアリかなと思います。

マンネリ化を防ぐためにも、ね。

司令はイザベルの前で色々ペラペラ喋ってましたけど、あれって良いんですかね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

龍虎同盟

無双OROCHIで戦国シナリオをクリアしました。

このシナリオ、信玄と謙信が共闘するという、かなり燃える展開でした。

しかも主役の信長の声優はSHUFFLE!で神王の声をやっていた小杉十郎太ですし。

やはり魔王の声も合っています。

この作品、一般武将の声が古谷徹に聞こえるんですが、気のせいでしょうか。

端役の声優は説明書に載っていないので不明です。

残るは魏シナリオのみ。

魏は大振りのキャラが多いから苦手なんですよね。

バルログは癖が強いですし。

ともあれ、明日中には終わりそうです。

ラスボスはマイキャラとして使えるのか、それが楽しみです。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第38話〉

今、未来へ向かう扉を開く。

今週で終わりかと思ったら、まだ1話残っていました。

この辺になるとその回が第何話になるのかを忘れてしまんですよね。

今回、ところどころ映像が端折られていた気がします。

グレーテルが赤ずきんを助けるところとか・・・。

完全版はDVDになるのかな?

りんごの声で草太も心を取り戻し、フェレナンドと共に鍵の力を解放してサンドリヨンから離脱。

そして、実は7人だった戦闘メンバーが1000年前と同じように封印の儀式を行ってサンドリヨンを再び封印しました。

三銃士、ヴァル、ヘンゼルとグレーテル、ハーメルンで7人ですか。

りんごが入っていなかったのが残念ですが、まあ、こんなものでしょうね。

小夜さんも実はサルダンに助けられていて無事でした。

そして、未来を記す白紙のカードは草太の手の中に・・・。

ありきたりな展開ですけど、やっぱり良いですね。

次回は温泉だそうです。

朝枠で一体どんな話にするんでしょうね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

アニメを消化

たまっていたアニメを一気に消化しました。

といっても、実家ではそれも限界がありますね。

静岡県はアニメファンには不遇なので・・・。

まあ、様々な手段を駆使して見ているわけですが、護くん、ダンクーガ、VVV等、気力不足でまだ見られていない作品も多数・・・。

明日あたり見られるかな?

ポケモンを育てつつ消化していきたいです。

今日はフィギュアスケートを見ていました。

テレビ放送では一人目のイタリア(?)の人の曲がKanonでした。

演技そっちのけで佐祐理さんの台詞が頭に浮かんで来ました。

「同じ旋律を何度も繰り返しながら、少しずつ豊かに、美しく和音が響き合うようになっていくんです。そんな風に、一見違いのない毎日を送りながら・・・、でも、少しずつ変わっていけたらいいですよね。いつか一弥のことも悲しい気持ちだけじゃなく、思い出せるようになるかもしれない。」

・・・それだけです。

でも、その人は最終2組に入っていなかったのにショートプログラム3位。

明日は安藤選手のクワドラブルに期待したいです。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきますね。

〈ゴーストハント 第24話〉

遂に大ボスが登場?

ナルに取り憑いた霊はまだ動いていませんが、オヤジさんに取り憑いていたのが結構ボスっぽかった模様。

舞の夢との繋がりもどんどん明らかになってきて、解決に向かって走り始めましたね。

何だかんだ言っても最後まで見てしまう作品です。

〈ときめきメモリアル 第24話〉

天宮さんって、まだ告白してなかったんですね。

陸の転校の日に答えを聞くという約束をしたつかさと水奈、そして決意を固めた天宮さん。

ラストはまさに決意の朝に、といった感じでした。

今期ではなかなか面白いと思っていたこの作品とも遂に次回でお別れですか・・・。

陸はどう動くんでしょうね。

まあ、多分世界樹の下に行くんでしょうけど・・・。

〈ネギま!? 第25話〉

チュパカブラって、本当にいたんですね。

初めは可愛かったけどCパートでは一気にオヤジに・・・。

事件のことを負い目に感じていたアーニャも3-Aの明るさのおかげで元気になってめでたしめでたし。

今回で終わっても良いような展開でした。

EDもそんな感じでしたし。

次回は一体何をやるのでしょうか、不明です。

〈ロケットガール 第5話〉

新燃料を使うことを渋っていたゆかりも「実績がないなら作ればいい」と母が提案したプランで納得。

無人の試験機で打ち上げをしてみればいい、と。

まあ、確かにそうですけどね・・・。

そして、大々的に告知をした後、遂にゆかりの乗るロケットの打ち上げが行われることに。

ロケットの名前は「たんぽぽ」に決定。

直感的な感想ですが、良いネーミングですね。

しかし、機器トラブルで発射は2回延期され、マスコミもだれてきた頃、ゆかりは発射を強要。

異常を示していたジャイロのブレも許容範囲内だったので発射は許可されたのですが、父親がボケをやって呪いをかけたせいか、たんぽぽは本来の軌道を外れ、ニュージーランド上空へ。

次回、ゆかりを助けるためにまつりも宇宙へ、という展開でした。

見ていてなかなか面白い作品だと思えてきました。

やはり、アポロ計画について熱弁を振るった中田譲治さんの演じるキャラ(名前失念・・・)が良いです。

〈武装錬金 第25話〉

暗いです・・・。

カズキが居なくなっても何の変わりもなく過ごす生徒達にいらだつ仲間達。

そして、魂が抜けたような状態の斗貴子。

そんなくらい気分で見ていたのですが、ヴィクトリアの食事を見て吹いた・・・。

何でモザイクかかってるんですか・・・?

何というか、そのシーンの印象が強すぎて、そこ以外はあまり覚えていないんですよね。

シリアスなシーンだったはずなのに・・・。

次回で最終回らしいです。

〈REIDEEN 第3話〉

物語の核心に触れていそうな少女が転校してきたり、主人公が戦うのを拒否したり、ナゾの男が現れたりと、よくある王道展開に入ってきました。

遺跡で発見された石版はおそらく失われたと思われるので、ナゾはまだ当分の間は明かされないでしょうね。

〈スーパーロボット大戦OG 第24話〉

T-LINKソードが熱い!SRXの合体が熱い!

やはりスパロボはこうでなくてはいけません。

ブリットはクスハを救えるのか、アヤとレビの邂逅は・・・?

主人公キャラ同士でフラグが立ち、このフラグが死亡フラグでないことを祈るばかりです。

イングラムが攻めてきたところで終わりましたが、アストラナガンは出ないんですよね?

冒頭でのクヴォレーとの戦闘は何だったんでしょうかね。

〈コードギアス 第22話〉

何かもう、笑うしかないです。

ルルーシュのギアスが発展し、マオと同じように常時発動状態に。

ちょうどそのときユフィに冗談で言った「日本人を殺せ」が効力を発揮し、笑顔でマシンガンを撃ちまくるユフィ・・・。

シュナイゼルの驚きようは相当なものでしたね。

この人、本当にいい人だったのか・・・?

それにしても、ギアスをかけられたわけでもないのに日本人を虐殺するブリタニア兵・・・。

あなた達の血は何色ですか・・・?

ゼロの正体を知っている雰囲気の皇帝の高笑いも再び登場、C.C.とスザクの繋がりも濃くなってきて、伏線の回収が始まりそう。

閃光のマリアンヌ様って、本当に何者なんでしょうね。

C.C.のビジョンにも出てきましたし。

それにしても、完全に私情で動いている扇、踏み込むことを恐れるシャーリー、壊れたユフィ・・・と、明らかに退場しそうなキャラクターが多いです。

やはり第一期はBAD ENDなんでしょうか。

〈ひだまりスケッチ 第11話〉

先週の富士山でどうなることかと思いましたが、今回は吉野家先生にスポットを当てた心温まるお話。

どこが「まーるキャベツ」だったのか、というツッコミは置いておいて、吉野家先生って本当にすごい先生だったんですね。

病欠した生徒が心細くないようにお見舞いに行くとか、ね。

漫画ではまだ語られていないような気がしますが、ひだまりらしい、心温まるおはなしでした。

次回はサヨナラ・・・うめ先生。

予告後のメソうさはなんだったんでしょうかね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

トルコキキョウ

無双OROCHIをやっているのでアニメが消化不良です。

火曜分からたまっているので結構な量に。

まあ、実家にいる所為で深夜枠が消化できないのも一つの原因なんですけどね。

今日は花粉症の薬をもらうために耳鼻科に行ってきました。

やはり時期だったためか、もの凄い混雑でした。

診察を終えて処方箋をもらうまでに要した時間は約2時間。

待合室にいる間にいぬかみっ!の第12巻とSHUFFLE!の小説のリシアンサス編を読み終えてしまいました。

題名のトルコキキョウ=リシアンサスです。

続きが読みたくなってしまいましたが、地元の本屋には置いてなさそう・・・。

しばらくは実家で積まれているキノの旅で過ごしますかね。

確か3巻くらいまではあったはず・・・。

もっとも、家にいる限りは小説に手を伸ばすことはないでしょうけどね。

外出時の暇つぶしとして読むくらいですから。

今日はアニメを一本も見ていません。

明日あたりから消化を始めないと大変なことになりそうです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

OROCHI

無双OROCHIを買ってきました。

魔王遠呂智(おろち)が戦国と三国をくっつけてしまったという吃驚シナリオ。

まあ、無双にシナリオはあって無いようなものですからね。

蜀軍で始めたら初期メンバーが趙雲、星彩、とココまでは良いのですが、最後の一人は島津義久・・・。

なぜにこの人?

まあ、釣り野武士で活躍してくれますけど、疑問です。

本編はと云うと、諸葛亮が敵で出てきたりして結構面白いです。

あの人のことだから何か考えてことでしょうけどね。

ついさっきは月英が敵軍に突撃してあやうくゲームオーバーになるところでした。

後ろの方に引っ込んでいてもらいたいものです。

弓を構えようとして特殊技が出たり、マップを切り替えようとしてキャラが入れ替わったりと、未だに操作になれていませんが、システム自体は良くできていると思います。

ただ、イベントの入り方がバグったかと勘違いするような描写なのが怖いです。

まあ、買って良かったとは思える出来です。

とりあえず一周してみて様子を見たいですね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

リア?リア!

蜩をやろうとしたらまたメモカが壊れたのでとりあえず断念。

明日には無双が出るので、当分やることはなさそうです。

代わりに始めたのがCLANNAD。

聞き慣れていない広橋涼さんの声はイマイチわかりませんが、神田さんや雪野五月さんの声はわかりやすいですね。

まだ4日目くらいですが、少しずつ進めていきたいですね。

そしていつもの如く帰り着くのはReally?Really!。

一体何周する気でしょうか。

多分、現在4周目ですね。

そろそろおとボクを超えそうです。

まあ、ルートが一本しかないからなんですけどね。

手軽に楽しめるのが利点です。

ただ、紅女史との関係は無くてもよかった気が・・・。

まあ、ここは人それぞれでしょうね。

いつまで続くのか、自分でもわかりません。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ひぐらしへの一歩

なかなか蜩に手をつけられません。

何というか、一歩を踏み出せないでいます。

むしろ、CLANNADを先に始めてしまいそうです。

明日からは履修登録が始まります。

まあ、初日はサーバーが混むことが予想されるので登録するのは3日目くらいでしょうね。

忘れないように注意せねば。

それでは、このあたりでアニメ感想へ。

〈まなびストレート 第11話〉

学園祭が遂に開催。

社会に出て必要となってくるお金や責任、そういうものに関係なく、ただ純粋に一生懸命に慣れたり、反抗したり、夢中になれるのは学生の時だけですね。

社会に出れば様々な制約に縛られてしまいますし。

そして、今回はゲストキャラとして茅原実里が歌を披露。

どこかで聞いたことがあるな~と思っていたら、普通に話しているシーンでやっと気付きました。

さすがに上手いです。

そして、最後は学美が聖桜の校歌を熱唱して締め。

熱い学園祭でした。

気がつけばこの作品も次回で終わり。

随分短く感じますね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

希望という名のカケラ

PSP版Kanonで舞シナリオが終わりました。

あらためて見ると、アニメは良く再現したなと思います。

他のキャラのシナリオとつなぎ合わせても不自然にならないように。

眼鏡をかけて日本昔話を読んでいる、というネタもゲームをやって始めて気付きますね。

あとは名雪と栞だけで良いかな?

とか言いながら、結局はぴねす!はコンプしたんですけどね。

大学が始まる前に一区切りつけたいところです。

水曜日には無双ORICHIが出るので、そっちにも時間を割きたいですし。

実家にいると花粉症の症状が出て集中できないのが残念です。

やはり下宿に戻って寝転がりながらやった方が進みそうです。

戻るのはおそらく4月に入ってからですね。

それまでに花粉が治まることを祈るのみです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

帰郷

朝、突然思い立ち、さっさと荷物をまとめて帰省しました。

実家にいれば食費がいっさいかかりませんから。

更にアニメイトも近くにないので散財することも減りますし、メリットの方が大きいです。

最大の問題はアニメがあまり映らないことですね。

Kanonは終わったからいいものの、WOWOWは映りませんし、コードギアスは一週間遅れです。

まあ、何とかなるでしょう。

それよりも現在最大の問題となっていることは下宿に三重テレビが入らないこと。

ケーブルで入るかと思いきや、ただ番組表が載っていただけという罠。

地上デジタル用に配線してもらったのでアナログは映りません。

やはり電器屋に電話して配線をやり直してもらうしか・・・。

購入したのは1年前ですけど、やってもらえるんでしょうか。

映らなければあらゆる手段を講じてでも見るしかないですね。

和歌山と三重で放送されたものを水曜の朝までに見なければサークルで話しについていけませんから。

職人さんに期待です。

それでは、このあたりでアニメ感想に行きます。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第37話〉

色々懐かしい人たちが出てきました。

マチルダさんとか、ラプンツェルとか。

鍵の力が開放され、ナイトメアリアンがエルデの町(具体的には秋葉原)を襲いはじめたと思ったら、そっちは放っておいて草太を助けることに。

おとぎ話を利用して自分の人生を追体験させることで草太を手に入れようとしていたサンドリヨンでしたが、草太の母からもらったおとぎ話のカードと、仲間の絆で草太はその呪縛に打ち克つ。

熱いですね、こういう展開は。

りんごが何かをやってくれると思ったのですが、特には何もせず。

彼女の出番もう少し後みたいです、といってももう残り少ないですけど。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

愛すべき平穏

気づいたらA’s11話の「聖夜の贈り物」のアバンを暗記していました。

慣れって怖い・・・。

今日はアニメを見て、ゲームをやって、何の変哲もない一日でした。

つまり、ネタになるようなことが無いわけです。

なので、早速アニメ感想にいきます。

〈護くんに女神の祝福を 第22話〉

やはり正樹は悪人にしか見えない。

ビアトリスに取り憑かれたマッドサイエンティストという印象が拭えませんね。

逆にやり口が悪質すぎる銀のマリアはそれほど嫌な感じは受けない。

でも、どんどん鬱になってきますね。

生徒会長の絢子に対する未練を引き摺りすぎです。

なんとなく、アニメの評判が悪いことがわかってきた気がします。

〈Kanon 第24話〉

CLANNADの告知に全部持って行かれた感もありますが、最後まで丁寧でした。

全部奇跡で解決してしまいましたが、それがあゆが7年間願い、祐一が選んだ夢だったんでしょうね。

栞も「誰かの夢の中にいるのかもしれない」と言っていましたし。

結局あゆエンドになりましたが、エピローグも季節の移り変わりと共に丁寧に描かれていましたし、全体的に良かったと思いますよ。

何というか、流石京アニです。

CLANNADも期待度1000%ですね。

〈ダンクーガノヴァ 第5話〉

赤いダンクーガは別に敵というわけではなく、目的は同じらしい。

そして、おいしいところを持って行く。

今回わかったのはそんなところですかね。

イザベラ・クロンカイトがダンクーガの基地に潜入したと思ったら記憶操作されるみたいですし。

ルゥ・リルリの笑顔が怖い・・・。

次回予告はなぜか後藤邑子。

あのキャラ、これからも出てくるんでしょうか。

〈すもももももも 第22話〉

あの問題作も遂に終了。

明らかに打ち切りな話数ですね。

とりあえず原作と同じ展開で終了。

孝士の母親の行動が微妙に違うのかな?

コミックは買ってないので確認できませんけど。

まあ、めでたし、めでたし、ということで。

それにしても、竜闘気と言ったら、ドラゴニック・オーラですよね。

〈ひだまりスケッチ 第10話〉

何というか、手を抜かれた気がします。

声だけのシーンがやたらと多かったですし、口パクすらなかったり。

「銭湯の壁って、ホントに富士山なんですね」といったら、本当に「富士山」って書いてあるし・・・。

一体何があったのやら・・・。

次回はまーるキャベツ。

こう聞くと夜明けなのキャベツが思い浮かびますね。

〈セイントオクトーバー 第11話〉

ヨシュアがユアンを疑い始めたり、猟兵が小十乃を監視することになったりと、色々動き始めました。

が、何よりも驚きだったのはEDの実写エンディングですね。

あれにすべて持っていかれました。

サークルでは評価が低いこの作品、一体いつまで続くのやら。

〈Venus Versus Virus 第10話〉

ついに与識が本性を現す。

といっても、ルチアの前でのみ、というのはお約束通りですけど。

これをきっかけにルチアとスミレの間に溝が生じるんでしょうね。

第1話の冒頭の対決はこのあとなのかな。

誕生日はどうなることやら・・・。

リュシフのセリフだけだとスミレの正体がはっきりとはわかりませんけど、欲しがっているみたいですね。

ちなみに、ルチアの母リリスと、私のハンドルネームは関係ありません。

〈コードギアス 第21話〉

予告で意味深だったC.C.の表情は直径12メートルの巨大ピザがダメになっただけだった・・・。

今回は学校にいろんな人が集合し、不思議な人間関係が展開。

ユーフェミア様!?と声を上げたシャーリー、空気読みましょう。

よく考えたらこれをきっかけにユフィの行政特区「二ッポン」の設立宣言が行われたわけですし。

これによって黒の騎士団は解散に危機に。

シュナイゼル、絶対黒いですね。

やはりマリアンヌ殺害はこいつの仕業か?

次回は「血染め の ユフィ」。

一体何が起こったのでしょうか。

今回チラッと出番があったオレンジくんの仕業か、それとも順当にディートハルトか、はたまた驚愕の正体が明らかになった咲世子さんなのか。

まあ、後ろ二人は同じようなものですけど。

何にせよ、里美っこの出番が増えそうで良かったですね。

視聴本数が増えると一つ一つの感想が微妙になってきますね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ハッピーバースディ

今日は3月15日。

なのちゃんこと高町なのはさんの誕生日ですね。

まあ、あくまで“なのちゃん”の誕生日であって、“なのはさん”の誕生日は不明ですけど。

アニメ版魔法少女リリカルなのはで誕生日が明かされているのははやてだけですね(多分)。

絵とか書けないのが残念です。

私が書けるのははやての顔だけですからね。

精進したいものです。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈武装錬金 第24話〉

気がつけばこの作品も最終決戦に。

エナジードレインを止めるために月まで行ってしまうとは・・・。

なんというか、さすがです。

この熱さは今期でもかなり上位に来ますね。

見ていてハートが震えます。燃え尽きるほどヒートです。

とりあえず、釘宮さんにこれから出番があるのか、心配です。

あのキャラ、何となく気に入っているんですよね。

〈ロケットガール 第4話〉

化学系の学生として魂が震えてきます。

新型ハイブリット燃料とか、プラチナ触媒とか、ね。

なんだか作画がいつもと違う気がしますけど、もとからこんな感じだったのかな?

もうそろそろ宇宙に行きそうです。

星の海に漕ぎ出すのは一体いつになるのやら。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ありがとう、三重テレビ

StrikerS公式ページのON AIR情報がついに公開。

三重テレビ、キタ――(゜∀゜)――!!

しかもテレビ和歌山に次いで2番目の放送。

三重の悲劇再び、ということにならないことを祈ります。

そして月曜日の26:00~、ということは・・・。

火曜1限がない我が学部ならば寝坊の心配も無し。

この大学に来てよかったです。

感想はいつものように反転で良いですかね。

問題はケーブルTVを介してでしか映らないことですかね。

まあ、起きていれば録画ミスもないでしょう。

今日ははぴねす!でらっくすもコンプし、良いことずくめです。

次はやはりKanonでしょうか。

SHUFFLE!をもう一周という可能性も高いですけど。

好きなものは好きなんだからしょうがないんです。

ON THE STAGEのドラマCDをまだ持っていないことに気づいたので、早速注文したいと思います。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈ネギま!? 第24話〉

アーニャの心を解放し、やっと魔法世界から脱出。

サウザンドマスターがおいしいところを持って行くのも途中である程度予想がつきましたね。

今回特に思ったのは、CGが綺麗なんだからキャラの作画をどうにかして欲しい、ということですね。

まあ、敢えてやっているのかもしれませんけど。

次回で終わると思いきや、まだあと2回も残っていたみたいです。

そろそろ黒板ネタも復活しそうなので画面を注意深く見たいですね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

Wiiが我が家にやってきた。

スマブラXの情報は全くありませんが、ポケモンバトルレボリューションのためにWiiを買ってしまいました。
後悔は・・・しているかも。
Wi-Fiで全国のプレイヤーと対戦できるのですが、セリフやニックネームはオフラインしか反映されない模様。
そして、グラードンやミュウツーを出されると萎える・・・。
さっきもグラードン、ギラティナ、アグノムを並べてきた人が居ました。
グラードンはタスキ持ちサンダースのめざパ(氷)2発で撃破。
ギラティナはサンダースのシャドーボールを当てたあと、シャドーダイブをやってきたのでハッサムで受けて剣の舞を3回積み、羽根休めで回復してからシザークロスで撃破。
アグノムはそのままハッサムのシザークロスで撃破しました。
ギラティナがフルアタだったところを見ると、相手は小学生だったのかな?

そんなことをしていたので、今日はアニメを消化できず、はぴねす!も大して進まずでした。
メイトで極上の最終巻やSHUFFLE!の小説、コミック、アンソロジーを買ったりしましたが、こっちもまだ読めていません。
早いうちに小論文のバイトも書き上げないと帰省できないので、早めに片付けたいです。
それでは今日はこのあたりで。また明日。

はぴねす!コンプ間近。

はぴねす!りらっくすで残すは伊吹と沙耶のシナリオのみ。

あと2日くらいで終わるでしょう。

今日はうちの大学の後期入試があったらしい。

実際に見に行っていないのでわかりませんが、朝、外に出たときに受験生らしき人を見たので多分そうでしょう。

去年の今頃はFFをやっていた気がします。

前期で受かっていることを信じて疑いませんでしたからね。

やはり自信を持つことが大事です。

明後日は前期合格者が入学手続きにくるはずなので、明日のうちに来期の履修手続きの説明書を貰いに行きますかね。

たぶん無くてもできるでしょうけど・・・。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈セイントオクトーバー 第10話〉

小十乃に思いを寄せていた猟兵はソフィアの弟かと思っていましたが、ただの雇われ会社員だった模様。

そして彼は小十乃がジャッジメントに変身するところを目撃する、という恋人が敵味方に分かれる展開。

彼が本格的に動き出すのは多分しばらく先でしょうが、重要な立ち位置にいるような気がします。

いつまで経ってもOPがカラオケに入らないのには何か事情があるんでしょうか。

〈ひまわりっ!! 第10話〉

ばっちゃんの口から語られる、ひまわりの過去。

ひまわりとばっちゃんには血のつながりはなかったらしい。

といっても、前作を見ていないので「ああ、そうなんだ」くらいにしか感じませんでしたけど・・・。

よくある話としては兵器として育てるために過去を捏造したとか、そういう展開でしょうね。

果たしてこの作品もそうなのか、声優はどうにかならないものでしょうかね。

〈REIDEEN 第2話〉

ダンクーガのほうがお気に入りなんですけど、やはりロボットものは見てしまう。

操作法がわからずに負けそうになるライディーンが光を放って姿を消すと、敵のロボットの活動が停止する。

まだ敵さんの目的もわからないので、どうして止まったのかはわかりませんけどね。

その後出てきた敵はビジョンで見たゴットアローで撃破。

ゴットゴーガンでは無かったんですね。

相変わらずCGの気合は圧倒的です。

〈東京魔神学園剣風帖 第10話〉

第1話並にグロいです。

個人的に蜂は嫌いなので、見ていて辛かったです。

腕を使えなくなった人が代わりの腕を求めるところは普通の話だったのですが、そこを蜂に襲わせるという超グロテスク展開に・・・。

この作品、なぜここまでこだわるんでしょうかね。

食後には見ないことをオススメします。

〈月面兎兵器ミーナ 第9話〉

ミーナに正体を明かすという脅迫ディスクが送られ、宇宙人のUFOにミーナが全員集合。

解放してもらうためには卓球で勝つことが条件、という相変わらず不思議な展開。

まあ、宇宙人側は幻覚を使ってくるのですが、そこは大月ミーナが気合いで突破。

ついには大気圏突入まで果たす超人ぶりです。

でもまあ、だんだん楽しめるようになってきました。

大月ミーナの声が伊藤静であることが明かされ、最後には敵のボスっぽいのも登場。

もしかしたら別のミーナかもしれませんけどね。

周りで見ている人がほとんど居ないです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

クラス降下

QMAのクラスがフェニックス組に落ちました。

まあ、正直言ってドラゴン組は住む世界が違うかな、と思っていましたけどね。

一回戦が6回中4回芸能だったのは泣くしかないです。

突破したと思ったら、二回戦は4回中2回がスポーツ。

フェニックスレベルならまだしも、ドラゴンで苦手ジャンルがくると逝けます。

まあ、単純な凡ミスもありましたが・・・。

いつか上がれることを祈ります。

アニメは見る時間がありませんでした。

それに加え、昨夜の徹カラの影響か、かなり眠いです。

まあ、これで生活リズムが少しは改善されそうです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

追いコン2へ

今日は2回目の追いコン。

いつ帰ってくるかわからないので行く前に更新です。

宴会中に寝ないように今日は朝6時に寝たのですが、何の癖か赤ずきんが始まる2分前に目が覚めてしまいました。

そのまま諦めて見ていたわけですが・・・。

睡眠時間3時間で寝ないか心配です。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきますね。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第36話〉

いつの間にかこんな話数に。

毎週感想を書いている割に実感が湧きませんでしたが、もうすぐ終わりなんですね。

今回はトゥルーデの正体はやっぱり草太のお母さんだったというおはなし。

草太の母親はもともとファンダベーレの人間であり、サルダンと共にかつてサンドリヨンを封じた七賢者の一人でした。

一体何歳?というツッコミは置いておいて、なんのためにエルデに行ったのかが語られていない気が・・・。

気のせいだったかもしれません。

母親を失ったことで草太が鍵の力を解放。

フェレナンドの鍵も共鳴して解放され、エルデへの侵攻が開始される。

草太は声が変わって精神的に脆くなった気がしますね。

声がここまで重要だとは思いませんでした。

次回あたり、きっとりんごが活躍してくれるであろうことに期待です。

それでは、今日はこのあたりで。また明日。

明日は追いコン2

明日はサークルで2回目の追いコンがあります。

流れで参加することになりましたが、送られる人のことをよく知らないんですよね・・・・・・。

まあ、楽しんできます。

今日はアニメージュとニュータイプを購入。

StrikerSはアニメディアにも載っていたのですが、あの雑誌は何となく毛色が合わないので購入は断念。

目に焼き付けてきました。

未だに詳細が明かされない放送局、今月のMEGAMIで公開されるのかな?

あのマンガがいつまで続くのかも気になるところです。

それではこのあたりでアニメ感想にいきますね。

〈ネギま!? 第23話〉

冒頭のアーニャの暗い回想が短くて良かった。

ああいう暗い描写は見ていて辛いんですよね。

ちょうど良い長さだったと思います。

今回でエヴァンジェリンはスタークリスタルから解放。

茶々丸共々仮契約完了でした。

もうすぐ終わりそうだと思ったら、今度はネギが亜空間に取り込まれるという展開。

だんだん見るのが辛くなってきましたが、まだまだ続く模様です。

〈護くんに女神の祝福を! 第21話〉

逸美がどんどん空気嫁キャラに。

何か原作と扱いが違う・・・・・・。

でも最後には絢子と護のドイツ行きを応援することに。

次回はドイツへ。

ヨハンが再登場です。

〈Kanon 第23話〉

行き倒れた祐一を助けたのは沢渡真琴(本物)さんでした。

声はやっぱり飯塚雅弓さんでしたね、多分。

今回はあゆが祐一に「ボクのこと忘れてください」と告げ、名雪はひとまず立ち直り、雪が降ってきて佐祐理さんや舞が出てくるという、まるで最終回のような展開でしたが、次回が最終回。

予告が栞だったときはもう泣きそうでした。

〈コードギアス 第20話〉

まだ20話だったんだ・・・。

まあ、総集編でつぶれていたラスト2話の放送が決定したということで一安心。

DVD購入特典とかだったら、また一悶着あったでしょうね。

黒の騎士団は今後東京に国をつくる方法で動くとルルーシュが宣言。

ディートハルトは本当に楽しそうですね。

キュウシュウに傀儡政権を打ち立てた澤崎を撃破するためにゼロとスザクが共闘。

ガウェインがボルテッカハドロン砲を撃ったとき半ギレになったロイドさんは面白かったですし、定番となった(?)戦場での告白もありましたし。

ユフィの言葉でスザクにかけられていたギアスが反応したのはなぜでしょうかね。

別の人が言っても効果あったのかな?

それにしても、今回もルルーシュはノリノリでしたね。

「邪魔なんだよ、君たちは」とか、主人公のセルフとは思えませんね。

二人乗りとはいえ、足を組んでシートに座る余裕ぶりですし。

やはりC.C.が通常戦闘でルルが電子戦なのかな?

あのサイズでエネルギーはどうなっているのか、不思議です。

次回は何と学園祭。

C.C.が驚いた表情を見せていましたが、一体何があったのやら。

ルルーシュの前に現れた人物とは一体誰なんでしょうかね。

それでは、今日はこのあたりで。また明日。

見えない未来

こうしてゲームをやりつつ春休みを過ごしていると、就職してからもゲームやアニメを楽しむ余裕があるのかなと不安になってきます。

とりあえずは3月末の分属発表で将来の方向性が決まるわけですね。

大学に入ってから決まるというのは何とも微妙な制度です。

今日ははぴねす!で小雪さんシナリオへ。

意外と春姫との共通パートが少なくて楽しめました。

次は杏璃かな?

蜩はしばらくお預けの模様です。

まあ、帰省したら徹夜でゲーム、というのは控えたいので今のうちに。

明後日は追いコンがあるので少し遅めに寝ますかね。

サークルでスパロボクリアした人いるのかな?

何となく気が向いたので現在2周目の5話です。

改造が引き継がれるので主人公が強すぎです。

あとは援軍で登場したM9も武器フル改なので鬼でした。

まあ、最後まで進めるかどうかは不明ですけどね。

それでは、今日はこのあたりで。また明日。

空への翼

リリカルなのはStrikerS、関東での放送日時は公開されたものの、三重テレビはまだ・・・。

もしかして4月からではないのか・・・・・・?

早く動くキャロが見たいです。

このブログの過去半年の検索ワードランキング、一位はなぜかキャロ・ル・ルシエなんですよね。

何もなくて御免なさい。

それでは、今日はこのあたりで。また明日。

It's a happy & heartful school life.

今日は7時に寝て9時に起き、それからずっと「はぴねす!でらっくす」を進めていました。

とりあえず春姫シナリオは終了。

あとは誰をやりましょうか。

とりあえず先ずやるとしたら小雪さんシナリオですかね。

あまり泣ける展開ではなかったので、何か一つ別のゲームをやりたいですけど。

くぅ・・・、SHUFFLE!がリアリアで終わりなのが辛い・・・。

半ば期待を持たされていただけに辛い・・・。

CLANNADでもやってみましょうかね。

サークルでなぜか流行っている絶妹は・・・・・・ないかな?

やはりkanonでしょうか。

とりあえず舞シナリオだけでも。

SHUFFLE!でもう一周というのもアリですね。

亜沙先輩ルートでもやり直しましょうかね。

今のうちに春休みを存分に使いたいです。

それでは、今日はこのあたりで。また明日。

ファミリー劇場、契約しようかな?

春風と小悪魔の協奏曲

今日は朝からPS2ゲーム「ゼロの使い魔 春風と小悪魔の協奏曲」を進めていました。

一往、ゲームオリジナルキャラのシナリオをクリアしたのですが、プレイ時間は2時間弱でした。

シナリオはまあ、期待はしていませんでしたが、やっぱり微妙。

明らかに深い原作ファン向けでしょうね。

伏線を張っておいて回収してないですし・・・。

戦闘ははっきり言ってムダでした。

味方が圧倒的に有利なので負けることはないですし。

これを省いてくれればもっとテンポ良く進むんですけどね。

あとはルイズのツンデレゲージを真ん中に保っていないと他キャラとのデートイベントが起こせなくなっているので、調整が面倒でしたね。

あまり再プレイする気にはなりませんが、タバサシナリオだけはやっておこうかな。

最近は雪野五月の声といえばフルメタの千鳥タイプの声がしっくり来てしまう自分が居ます。

そして昼、久しぶりにクイズ・マジックアカデミーに行きました。

最寄りのゲームセンターまでは徒歩3分程度なので行こうと思えば頻繁に行けますけどね。

今日は100円玉が2枚しかなかったので2回だけプレイでした。

一回目は8位、二回目は4位でした。

芸能がくるとどうしようもありません。

一回目は予選3回戦で芸能が来て、二回目は決勝で芸能を選んだ人が二人いてアウト。

最後は学問タイピングで追い上げたんですけど、無理でした。

「ヌイイ条約を結んだ国は?」という問題が来たときはそれはもう嬉しかったですけどね。

もちろん答えは「ブルガリア」です。

高校のときにしっかりと世界史を履修していた甲斐がありました。

まあ、せめてもう一人アニメか雑学か学問を選んでいたら行けそうだったんですけどね。

スポーツも芸能よりはマシです。

もしくは学問でもっと難しい問題が出てくれれば・・・。

まあ、流石フェニックス組でした。

運次第では何とかなりそうなので安心しましたけど。

近いうちにまた挑戦したいと思います。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきますね。

〈ダンクーガノヴァ 第3話〉

3話にしていきなり断空剣が登場。

司令の声はやっぱり忍の声でした。

ルリルリことルゥ・リルリが「バカばっか」というのもまあ・・・。

戦場に均衡をもたらすだけでそれ以上何もしないダンクーガに疑問を持ち始めるパイロット達。

確かに戦っている側からすれば理解不能ですよね。

戦いを徒に長引かせることにもなりますし、難しいところです。

次回は赤いダンクーガが出てくるみたいですし、テンポ早いですね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ポケモン育成中

今日はポケモンの育成に勤しんでいました。

とりあえずグライオンとジュカインと太陽と月を作成。

まあ、太陽と月は手抜きですけどね。

そろそろ蜩とゼロ魔を進めなければならないような気もしますが、なかなかPSを起動する気が起きません。

スパロボWで燃え尽きました。

今朝もようつべで友人オススメのHappy Lessonを見てましたし、後学のためにもダ・カーポやAIRも見ておきたいです。

新入生に後れを取らないようにせねば。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈ひだまりスケッチ 第8話〉

今回は沙英さんのお仕事が明らかに。

高校生でプロの小説家って、すごいですね。

恋愛小説しか書かないみたいですけど。

相変わらずほのぼのとした雰囲気のアニメです。

次回は裏銀座の狼。

大掃除の話ですね。

宮子の友情に期待です。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

スパロボWクリア

スパロボWの一周目がやっと終わりました。

実質プレイ時間は15時間くらいでしょうか。

しっかり測ったわけではないので適当ですけど。

難易度的には低めの模様。

個人的にはF>IMPACT>新>αシリーズ、MX、OG2、J、Wといった感じでしょうか。

これも相当適当ですけど。

まあ、Fはかなり難しかったです。

完結編も含めると80話近くあった気がするのでプレイ時間も相当な長さになりますし。

100話まであるIMPACTも途中で断念する友人が続発でした。

Wはゲッターが鉄壁を覚えますし、初めからそこそこ強かった主人公機が最終的には鬼になるので、結構簡単でした。

あとはテッカマンも集中かけて突っ込ませれば3ターンくらいで雑魚敵が消えますからね。

もちろん趣味でフルメタもフル出撃。

何気にクルーゾーが強くて嬉しいです。

アニメネタもありましたし。

魂ラムダドライバウルズストライクの破壊力は健在です。

あとASTRAYも使いやすかったと思います。

ゴライオンは途中から使わなくなり、オーガンはテッカマンと被るのでほとんど出番はありませんでした。

ナデシコ系もほとんど使いませんでしたね。

まあ、ダブルスロットができなかったのが残念ですが、2周目をやるのは当分先になりそうです。

2周目では主人公機に爆熱ゴッドカレーパンを使って「ずっと俺のターン」をやってみましょうかね。

いろんな事情で主人公機は過去最強レベルですからね。

武器の名前を変えて遊ぶのも当分先ですね。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第35話〉

赤ずきんも残すところあと4話。

遂に決戦の地に足を踏み入れます。

ナイトメアリアン化したジェドに苦戦する中、草太と赤ずきんはマレーンのおとぎ話の世界でサンドリヨン誕生のエピソードを知る。

そこでマレーンが感じた大切な人を失う辛さが草太の鍵の力を強くしてジェドを撃破。

まあ、どう見ても暗黒面に落ちましたけどね。

サンドリヨンとトゥルーデの前に連れ去られた草太の運命は・・・。

トゥルーデって、草太の母親なのではないですかね。

あまり使えなくなってきたハーメルンに合掌です。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

運命は、英語で言うとデスティニー

ハヤテのごとく、日曜10時かららしいですね。

あんなもの放送していいんだろうか。

伊澄さんが松木未祐。

まあ妥当ですかね。

紫苑さんみたいな声を想像すればいいんでしょうか。

咲夜が植田佳奈。

どこの夜天の主でしょうか。

若本は天の声。

まあ、そういう人ですからね・・・。

OPがKOTOKOということで、電波の予感。

EDはMELLみたいなので、大いに期待です。

この面子、とらハ3で大いに泣かせてもらいました。

まあ、そのおかげでKOTOKOが電波ソングの筆頭ということを知らなかったんですけどね。

4月は期待の新番が多くて楽しみです。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきますね。

〈護くんに女神の祝福を 第20話〉

見られないかと思った絢子とエメレンツィアの決闘エピソードがココに挿入されました。

結局絢子がエメレンツィアの気持ちに共感を覚え、ライバル宣言を受け入れて一件落着――かと思いきや、銀のマリアのホラクルで絢子のビアトリスが封じられてしまう。

次回予告を見ると、絢子がドイツに行くかどうかで護の葛藤が見られそう。

ヨハンに再び出番はあるのでしょうか。

〈kanon 第22話〉

生死の境をさまよう秋子さんを見て、自分を責めて引きこもってしまう名雪。

そして、7年前に起きたことをすべて思い出した祐一。

あゆの落下事故から逃げるために記憶を封じていた祐一が取った行動は、北川に名雪を任せての逃避(多分)。

もしかしたら深い意味があっての行動かもしれませんけど。

吹雪で遭難(?)した祐一の元に現れたのは真琴でした。

そして、そこに通りかかった人物とは・・・。

消去法で行くと美汐さんくらいしか居ないんですけど・・・。

もしかしたら沢渡真琴(本物)の可能性もあるのかな?

キツネの真琴が出てきたと云うことは、彼女にゆかりのある人物ということになりますけど、美汐さんでは祐一を運べないから、あの人影は真琴(本物)でいいのかな?

次回、茜色の終曲。あと2話ですか・・・。

〈コードギアス 第19話〉

シュナイゼルの声がタカミチでした。

今更ながら、このペースで行くと3月中に最後まで放送できない気が・・・。

4月まで食い込むんでしょうか。

先週の終わりにシュナイゼルが撃ったのはハドロン砲?

別に空間転移でも何でもなく、ただ爆発に巻き込まれて無人島に流されただけでした。

サンライズお気に入りの「無人島で二人きり」。

今回は2組でしたけどね。

ユフィはやっぱりゼロの正体がルルーシュであることにうすうすながら気づいていたらしい。

まあ、ホテルジャックの時にあれだけヒント出せばね・・・。

名前を呼ばれてあっさりと正体をさらすルルーシュ、あれで良いのか?

そして始まった奇妙な時間。

相変わらず身体を動かすのが苦手なルルーシュは食糧確保のために落とし穴を掘るも断念、ユフィが集めてきた果物を食べることに。

だんだんヘタレてきましたね。

ガウェインを頂いたところまでは良かったものの、肩に載せているカレンのことを無視して洞窟内で砲撃したり、空を飛んだら高笑いしたり・・・。

ユフィと昔語りをしてキャラが変わりました。

一方のスザク、カレンペアは種のカガリ、アスランのような状況に。

女が攻撃を仕掛けて男に投げられるのはお決まりなんでしょうか。

結局2ペアが鉢合わせてごたごたやっているうちに、シュナイゼル達が調査していた島の内部遺跡の天井が崩落。

まあ、そこでガウェインをパクるわけですが・・・。

遺跡にはC.C.の額の紋章と同じようなものが刻まれており、あとでもう一度出てきそうです。

先週の終わりにルルがスザクにかけたギアスは「生きろ!」でした。

まあ、そうでもしないとスザクはすぐ死にに行きますからね。

次回はなぜかユフィとニーナが二人きり。

ロイドとスザク繋がりで鉢合わせたんでしょうかね。

何か起きないか楽しみ心配です。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

単位ゲット

後期の単位は全部無事に取れていました。

小論のバイトも入ってきましたし、今日は結構良いことが続いた気がします。

スパロボWも出ましたし。

ポケモンを育てつつ、ゆっくり進めていきたいと思います。

この作品、序盤からフルメタが参戦するのでファンとしては嬉しい限りです。

練馬レッドドラゴンやガンホー、ガンホーが出てきたり、なかなか深いです。

まあ、原作を知らないと「誰?」という人も出てきますけどね。

今回はゲッターが鉄壁を使えるので凶悪な強さを誇っていますし、テッカマンの運動性は異常です。

そのせいでガオガイガーが霞んでしまっていますね。

さすがに不屈とバリアだけでは辛いです。

本番はジェネシックになってからでしょうかね。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈武装錬金 第22話〉

ヴィクターの娘が釘宮でした。

白い核金は原作で読んでいたので、今回の一番の驚きはやはりココですね。

釘宮さん、いろんなところに出ていますね。

今回のもう一つの見せ場は巨大甲冑対巨大ヴィクターですかね。

酸素を充満させて火をつけるのも良かったと思いますが、そんなにデカイ爆弾を持ってくる必要はなかったかな。

むしろ毒ガスではないとヴィクターが行った時点で酸素濃度を極限まで高めて窒息死させても良かったかも。

まあ、その程度で倒せれば苦労はしませんよね。

次回は何やら平和ムードですが、何が起きるんでしょうか。

やはり原作はうろ覚えです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »