« 愛すべき平穏 | トップページ | 希望という名のカケラ »

帰郷

朝、突然思い立ち、さっさと荷物をまとめて帰省しました。

実家にいれば食費がいっさいかかりませんから。

更にアニメイトも近くにないので散財することも減りますし、メリットの方が大きいです。

最大の問題はアニメがあまり映らないことですね。

Kanonは終わったからいいものの、WOWOWは映りませんし、コードギアスは一週間遅れです。

まあ、何とかなるでしょう。

それよりも現在最大の問題となっていることは下宿に三重テレビが入らないこと。

ケーブルで入るかと思いきや、ただ番組表が載っていただけという罠。

地上デジタル用に配線してもらったのでアナログは映りません。

やはり電器屋に電話して配線をやり直してもらうしか・・・。

購入したのは1年前ですけど、やってもらえるんでしょうか。

映らなければあらゆる手段を講じてでも見るしかないですね。

和歌山と三重で放送されたものを水曜の朝までに見なければサークルで話しについていけませんから。

職人さんに期待です。

それでは、このあたりでアニメ感想に行きます。

〈おとぎ銃士赤ずきん 第37話〉

色々懐かしい人たちが出てきました。

マチルダさんとか、ラプンツェルとか。

鍵の力が開放され、ナイトメアリアンがエルデの町(具体的には秋葉原)を襲いはじめたと思ったら、そっちは放っておいて草太を助けることに。

おとぎ話を利用して自分の人生を追体験させることで草太を手に入れようとしていたサンドリヨンでしたが、草太の母からもらったおとぎ話のカードと、仲間の絆で草太はその呪縛に打ち克つ。

熱いですね、こういう展開は。

りんごが何かをやってくれると思ったのですが、特には何もせず。

彼女の出番もう少し後みたいです、といってももう残り少ないですけど。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« 愛すべき平穏 | トップページ | 希望という名のカケラ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛すべき平穏 | トップページ | 希望という名のカケラ »