« UGA | トップページ | 開校記念日なんて飾りでした »

プロジェクトF

今日は中学時代の友人が遊びに来たので電撃ムービーフェスティバルを見に行きました。

まあ、私は2回目ですが・・・。

キノはともかく、シャナといぬかみっ!は2回目でも問題ないです。

その後は虎に行ったり、Wiiをやったりしました。

スマブラはかなり腕がなまっていましたね。咄嗟の反応が遅れます。

スマブラXを期待しているのが私だけでなくて良かったです。

それでは、今日は眠いのでこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第4話 『ファースト・アラート』〉
見つけてもらえて、巡り会うことができた新しい居場所。
ココでもやっぱり、空を見上げて戦っていく日々。
憧れ続けた人がいて・・・、大切な友達と一緒で・・・、新しい出逢いもあって・・・。
想いがいつか、あの空に届くまで。
遠くて高い壁だって、心を決めて立ち向かう。
みんなで・・・、一緒に。

魔法少女リリカルなのはStrikerS、始まります。

今回のアバンはスバルとティアナ。
夢を追い続ける二人の熱意が伝わってきますね。出逢えた人たちは、きっとかけがえのない存在になっていくはず。

ギン姉とゲンヤ宛のスバルのメールから始まる第4話。
時間は午前5時45分。皆さん早起きです。
アットホームな感じがいいですね。
この時間に起きて朝から晩まで訓練漬けとは・・・。
フリードとエリオはすっかり仲良しになりましたね。女3人の話に入れないもの同士・・・。
スバルの母君の写真もココで初めて登場。
両腕にリボルバーナックル装備して暴れていた方とは思えません。腕細いですし。

早朝訓練ではなのはさんが登場。
スバル達の会話から察するに、もう何度か訓練には参加している見たいですね。
まあ、もう1ヶ月経っているわけですし、当然といえば当然か。
今日の早朝訓練の締めはシュートイベーション。
イベーション(evasiton)は回避のことなので、なのはさんの攻撃を回避すると言うことですね。
五分間の回避か、なのはさんにクリーンヒットを入れることで終了です。
誰か一人でも被弾したら最初からやり直しだそうで・・・。最初って早朝訓練の最初?だとしたら鬼ですね・・・。
フォワード組の作戦はクリーンヒットを入れに行くこと。

「行くよ、エリオッ!」「はい、スバルさん!」
この掛け合いだけでも1ヶ月の訓練の成果が見て取れますね。
背中を預けられる仲間として認めあえた、と。

早速スバルがウイングロードでなのはの後ろに回り込み、ティアナはビルの窓からなのはさんを狙い撃ちに。
もちろんアクセルシューターが直撃するわけですが、その二人はティアナのフェイクシルエットで、スバル本体はオプティックハイドで上から強襲。
しかし、そこは流石なのはさん。右手一本で受け止め、アクセルシューターで反撃にでます。
さっきから2発のアクセルシューターしか使ってませんけど、残りは何処に行ったのかな・・・?
ティアナが打ち落とそうとするものの、アンカーガンの動作不良で不発。慌てて撃ち直して事なきを得ますが、スバルのローラーも結構ボロボロ。
それを見守るなのはさん、余裕そうですね。後ろでキャロとエリオが頑張っているのに・・・。

「我が乞うは 疾風の翼 若き槍騎士に 駆け抜ける力を」『Boost up. Acceleration.』

ストラーダの噴射口(?)から魔力が吹き出ます。かなり加速がつくらしいですね。
一方、なのはさんはティアナとフリードの攻撃を楽しそうに回避。エリオに向かいます。

「行くよ、ストラーダ!」『Speerangriff!』

そして、正面から激突するなのはさんとエリオ。
ココが予告のシーンですね。
エリオは吹き飛ばされたものの、ちゃんとなのはさんのバリアを抜いてジャケットまで攻撃が届いたということでミッションコンプリート。早朝訓練終了です。
まだ早朝訓練なんですよね・・・。後何回あるのやら。
そんなとき、スバルのローラーがオーバーヒート。
ティアナのアンカーガンも厳しいようで、4人とも訓練にも慣れてきた頃なので、そろそろ実戦用の新デバイスに切り替えかな~とつぶやくなのはさん。
先週レイジングハートとシャーリーも話していたあれですね。

寮に戻る一同の前に通りかかったのはフェイトカー。
聖王教会に向かうはやてを6番ポートまで送っていくとのこと。ついにカリムが登場か・・・!
地上での移動手段は車みたいですね。確かに交通の便はあまりよくないと言っていましたけど、飛んでいくわけにもいかないんでしょうな。
ココでも少し親バカチックなフェイトさんが見られます。いつかシグナムに咎められるだろうな・・・。

車内でのフェイトとはやての会話から、なのはとフェイトはカリムと会ったことがないことが判明。こういう設定出てくると、二次創作している人が泣くんですよね・・・。
はやてがカリムと初めてあったのはリインが生まれてすぐ、ということで8年くらい前。
カリムとはやては信じているものも立場もやるべきことも全然違うものの、今回は一致したとのこと。これは前回のアバンタイトルにも繋がりますね。
カリムが機動六課の立ち上げの実質的部分をほとんどをやってくれたおかげで、はやては人材集めに集中できたんですね。母はやてをしてお姉ちゃんと言わせる存在です。

そして、いろいろな意見が出たシャワーシーンへ。
まあ、私的には問題なかったと思いますよ。
フェイトと同じで自分で頭を洗えないキャロに萌え。
エリオとフリードはいつもと同じように外で待ちぼうけです。

ここでアイキャッチ。

後半ははやてとカリムの会談から。
ベルカ自治領って、いつ頃からできたんでしょうかね。少なくとも8年前にはあったんでしょうが、闇の書事件の時にもあったのかな・・・?
管理局の中には強大な教会の力に反感を持っている者もいるらしいですが、ここら辺が火種になって事件が起きたりするんでしょうか。まさかカリムが黒幕だなんてことはないですよね・・・?

カリムにはやての来訪を告げるシャッハ。カリムは未だに筆ペン派のようです。
シャッハにお茶とミルクと砂糖を頼んだとき、絶対に緑茶が出てくると思ったんですけどね・・・。紅茶でした。
笑顔ではやてを迎える様子は確かにお姉ちゃんですね。

今日の「会って話そう」ははやてに依頼したいことがあったからでした。
一昨日付でミッドチルダに持ち込まれたレリックと、それに伴って出現した新型ガジェットについての相談。
大型の3型は中ボスなのかな?ラストでは雑魚に成り下がりそうですが・・・。
慎重に事を運ぼうとするカリムに対し、はやては結構楽観的。
「まあ、何があってもきっと大丈夫。カリムが力を貸してくれたおかげで、部隊はもういつでも動かせる。即戦力の隊長達はもちろん、新人フォワード達も実戦可能。予想外の緊急事態にも、ちゃんと対応できる下地ができてる。そやから、大丈夫。」
裏付けあっての自信だったんですね。さすが八神部隊長。

一方、隊舎では新デバイスのお披露目中。
マッハキャリバーとクロスミラージュは言うまでもなく新型ですが、ストラーダとケリュケイオンも変化無いように見えて、中身は全くの別物。
二人はちゃんとしたデバイスの使用経験がなかったので、今までは基礎フレームと最低限の機能だけだったらしい。
新デバイスには何段階かに分けてリミッターがかけられていて、一緒にレベルアップしていく感じだそうで。

そして、ここで明かされる新事実。
一部隊で持てる魔導師のランク問題はどうなったのかと思ったら、やっぱり残っていたみたい。
魔導師本人に能力限定をかけることでこの夢の部隊が実現したわけですね。
はやては4ランクダウンでAランク、なのはとフェイトは2.5ランクダウンでAAまで落としているとのことです。
まあ、出力リミッターだそうなので、魔力総量や使用魔法はかわらないんでしょうね、当たり前ですけど。
これは絶体絶命の危機から大逆転するための布石でしょうね。
強さのインフレもコレで少しは解消か・・・?
スバルの表情が気になるところですが、台詞の無かったので何の表情なのかの判断はできませんね。

港湾地区の捜査部にむかうフェイトの車に鳴り響くアラーム。
それは隊舎でも同じで、教会本部から出動要請です。
教会の捜査部が追っていたレリックらしきものが載っていたリニアがガジェットに乗っ取られて暴走中とのこと。
車内のガジェットは少なくとも30、大型や飛行型も出ているかもしれないらしいです。
いきなりハードな初出動ですが、メンバーはやる気満々。
フェイトの車は変形して空でも飛ぶのかと思いましたが、赤色灯が出ただけでした。
フォワード達はストームレイダーでなのはさんとともに現地に向かいます。
どこか不安な様子のキャロの様子はルーテシアと関係があるのかな?まあ、これは後で書きます。

スバルが相棒マッハキャリバーに話しかけたところで、エンディングへ。

まずは一言。
「作画なんて飾りです!偉い人にはそれがわからんのです!!」
まあ、作画は良いんですが、早朝訓練の静止画ティアナが・・・。
もう少し動かしてあげてください・・・。
欲を言えばもう少しテンポ良く進んでもよかったかな~と。
2クールなのは良いですが、途中でぐだぐだになってしまうのは避けてもらいたいですね。某種のように・・・。

今月のMEGAMIマガジンでルーテシアを含めて新キャラが3人公開されましたね。
ルーテシア、ゼスト、Dr.スカリエッティ。
スカリエッティは見るからにマッドサイエンティスト。
こいつは明らかに悪そうですが、なのは初のモノホンの悪役になるのか・・・?
ゼストはおそらくルーテシアのボディガード。多分相当強いですね。
そして最後はルーテシア。
今までは気づかなかったのですが、左手にはケリュケイオンとよく似たデバイスらしきものが・・・!
ゼストのサポートに使うのか、はたまた・・・?
多分キャロと関係があると考えていますが、どうでしょうか。敵か味方か・・・?
OPで上に立っている四角魔法陣の正体がまだよくわかりませんけど、召喚魔法の魔法陣ということでいいのかな・・・?
もしかしたら次回あたりに登場するかもしれません。
そういえば、MEGAMIマガジンではなのはさんが空を翔ける伝説の人と紹介されていますが、いつの間にそんな・・・。
まあ、雑誌の取材が来るくらいですからね。エース・オブ・エースですし。

次回は『星と雷』。
確かになのはさんとフェイトが活躍しそうですが、やっぱり小隊を指しているとみていいのかな・・・?
予告ではキャロとエリオが急接近していますが、思ったより早かったですね。いろいろ話題になっていますけど・・・。
とにかく、久しぶりに本気の熱血魔法バトルアクションが見られそうです。
新デバイス達の力、そしてなのはさんとフェイトの貫禄に期待です。

総文字数4000字オーバー。所要時間2時間半くらい。
一体何をやっているのか、自分でも疑問に思うときがありますね。

5話も見たのですが、感想はいつものように週末に書きます。

Dr.○○○○○○○の声優に注目です。

それでは今日はこのあたりで。

« UGA | トップページ | 開校記念日なんて飾りでした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/6264112

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクトF:

« UGA | トップページ | 開校記念日なんて飾りでした »