« NEWジェネレーション | トップページ | 疲労困憊 »

健康戦線異常なし

結局健康診断に行ってきました。

特に異常はないみたい。

視力が右0.6、左1.5とか出ましたが、日常生活に支障はないでしょう。

というか、左が1.5もあるはずないんですけどね・・・。

「何となく右・・・」とかがいけなかったのでしょうか。

ちなみにあのCマークはランドルト環というらしいですね。

これぞムダ知識。

どこかで役に立つ日が来るのでしょうか。

差し当たってはQMAくらいでしょうね。

明日はサークルの新歓2日目。

今度はどんな人が来てくれるのか、楽しみです。

結局3冊揃ったアニメ雑誌(ニュータイプ、メディア、メージュ)は持って行った方がいいのでしょうか・・・。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきますね。

新入生と少しでも会話を合わせるため、大量消化です。

たまに投げやりな感想があるのは見逃してください。

〈REIDEEN 第6話〉

前回の空飛ぶ敵に苦戦する中、ライディーンの新たな力が解放される。

神の鳥、すなわちゴッドバード。

硬化された嘴で敵をバッサリ。

次回は自衛隊が開発した新兵器“疾風”が暴走するらしい。

これから味方になるのかな・・・?

〈桃華月憚 第2話〉

相変わらずよくわかりません。

時系列的には1話の前で良いのかな?

少しずつ遡りながら話を展開していくつもりなのか・・・?

噂では一回初めまで戻って、そこからハッピーエンドへの路をたどり直すとか・・・。

何にせよ、しばらく見ていないと理解できそうにありません。

〈大江戸ロケット 第1話〉

時は江戸後期、水野忠邦が老中を務めていた頃・・・。

現在では天保の改革と呼ばれる彼の政策の一環として、ぜいたくが禁止されていた時代です。

そんなご時世なので、花火ももちろん禁止。

しかし、人を感動させる花火を作るため、主人公の清吉は日々花火の研究に明け暮れていた。

そんな折、彼の花火を見たナゾの生物は感動に涙する。

そして次の日、ナゾの少女が清吉の元を訪れる。

彼女が清吉に依頼したのは、月まで届く打ち上げ花火をつくること。

つまりロケットと言うことですね。

全く先の読めない話ですが、男のロマンが詰められている気がします。

多分次回も見るでしょう。

〈ながされて藍蘭島 第2話〉

行人を巡って繰り広げられる、「婿殿争奪鬼ごっこ大会」。

相変わらずのドタバタ劇。

あれだけ動いていてもテンションを維持できているのには感動すら覚えました。

テレ東規制との戦いも見事です。

今回は本編を通してあやねの扱いが・・・(笑)。

最後の最後で行人茄子が出てくるとは思いませんでした。

あんなところにあったんですね・・・。

すずの「いらない」発言でまた元に戻ってしまいましたが、こうでなくては話が終わってしまいますからね。

次回タイトルから察するに、行人がすずの手伝いをする模様。

何となく展開が読めてきますね。

このアニメ、サークルではあまり評価が高くないようなので、原作も読んでみましょうかね。

〈瀬戸の花嫁 第2話〉

指輪物語。

原作をなぞっているだけですが、相変わらず楽しませてくれます。

突然顔が崩れるところまで再現してくれるのは嬉しいものです。

政さんは相変わらずの役回り。

しつこいくらいにオチに使っていますが、不思議と飽きが来ないです。

次回は遂に巻が登場。

裏表激しい桑谷キャラですか・・・。

今から楽しみですね。

「だって私、本当にあなたに死んで欲しいんだもの」(違

〈ロケットガール 第7話〉

気付いたら今夜が8話の放送でした。

軌道上から学校のプールに着水するという神業を見せてくれたゆかり。

色々ツッコミどころが満載な気もしますが・・・。

実験で連れていった金魚が死にそうになっていたところで、助けてくれたのは優等生の茜。

生物オタクである彼女の手を借りて金魚は無事に復活。

提供者の教授の15年来の夢も叶ってめでたしめでたし。

しかし、約束の宇宙行きを終え、ゆかりは宇宙飛行士をやめるといい出す。

その一方で、蒼い地球が忘れられないでいた・・・。

それでも自分を騙して基地を去ろうとしたときに、茜がSSAを尋ねてくる・・・。

彼女がおそらく3人目の宇宙飛行士なのでしょうね。

どう見ても体力なさそうですが、どうやって乗り切るんでしょうか。

〈レ・ミゼラブル 少女コゼット 第14話〉

パリに向かう旅の途中、ワーテルロー亭での辛い生活を思い出しておびえるコゼットに、ジャンはファンティーヌの死を告げる。

一方、ジャヴェールは危険を顧みずに約束を守り通すジャンの行動に強い疑念を抱く。

相変わらず名作劇場の中盤は暗いですね。

この後一回明るくなってもう一度暗くなるんでしょうか。

次回は「二人の絆」。

一体何で試されるんでしょうか。

〈地球へ 第1話〉

どこかで聞いたことがあると思ったら、昔映画化されていたみたいですね。

この世界では、人は14歳になると成人検査を受けて大人になる。

大人になると両親の元には帰らないらしい。

14歳になったジョミー・マーキス・シンはふらり立ち寄った遊園地で成人検査を受けるが、不適格者として排除されそうになる。

ブルーというミュウに助けられたものの、保安隊に囲まれてピンチに。

――こんな感じの話ですね。

まだミュウと言うのが何なのかわかりませんが、政府からは疎まれている模様。

まあ、自分たちにない力を恐れるのは当然でしょうけど・・・。

次回はジョミーがミュウの船に乗るらしいので、そこでいくらかのナゾは明かされるでしょうね。

〈らき☆すた 第1話〉

電波なOPはぐりぐり動くダンス。

ハルヒの強化版?

本編は原作とほとんど同じでした。

まあ、まだ1巻の初めしか読んでいないわけですが・・・。

別に京アニなくてもよかった感がありますが、面白いことに変わりはないです。

ちょっとオタ向けなネタもナイス。

EDは毎回変わるのかな・・・?

今回は『宇宙鉄人キョーダイン』でした。

次回も楽しみですね。

〈ひとひら 第3話〉

野乃先輩が黒い・・・。

遂に来た、初舞台の日。

でも、今回のメインは野乃先輩だった模様。

野乃先輩が演劇をはじめた頃の話と、喉に抱える声帯麻痺のお話でした。

彼女の言う「演劇を教えてくれた大切な友人」というのが演劇部部長の榊さんであることは伏せられていたようでバレバレでしたね。

そんな野乃先輩に励まされて舞台に立つ麦。

演技になっていたのは第一声だけでしたが、また一歩前進した麦。

10月の定期公演まで後何話あるかわかりませんが、次回は学園ものの定番、定期テスト。

予告も野乃先輩が黒いです・・・。

〈ウェルベール物語 第2話〉

王子殺害の顛末が明かされましたね。

襲われそうになって殺したそうです。

まあ、そんなところでしょう。

新しい街に向けて移動中、伯爵があることを思い出す。

伯爵が積んできていたのは姫様の服。

でも、逃亡生活なら、普通の街娘の服の方が目立たないと思うのは私だけでしょうか・・・。

最後は服まで残していく始末・・・。

そんなことしたら変装してるのがばれるではないですか!

せめて切った髪の毛だけでも処分したことを祈るばかりです。

まあ、姫様の決心がついたのは大きいですね。

この旅を通して、姫様がどう成長していくのかが見物ですね。

〈神曲奏界ポリフォニカ 第2話〉

全体を通してみれば、作画は一往許容範囲・・・なのですが、画面に3人以上映るとかなり危ないですね。

そのせいでペルセとプリネが・・・。

今回は4枚羽根の精霊が登場、といっても、原作未読なので全くわかりません。

やはり読んでおく必要があるのか・・・?

のぞき容疑をかけられた精霊を捕まえるため、コーティ達が派遣される。

もっとも、当の精霊さんは昔契約していた神曲楽士が住んでいた部屋を見に来ていただけ。

実は天井裏から覗いていたモノホンの変態さんがいわたけで・・・。

其奴は容疑をかけられていた精霊さんが退治して事件解決。

精霊に偏見を持っていた依頼人さんも素直に非を認めて精霊と分かり合う、という展開はお約束ですが、1話よりは面白かった気がします。

もちろん、1話も十分面白かったですけど。

逃げていった変態精霊は後でまた登場するのかな?

次回は6枚羽根の精霊が登場。

精霊の強さって、羽根の枚数で決まるんですね・・・。

今更ながら・・・。

〈キスダム 第2話〉

シュウがネクロダイバーとして覚醒。

虫のボスを倒すことで怪物達も倒せることがわかり、これで人類側にも反撃の道が見えてきたのかな・・・?

C.C.みたいなキャラ、ヴァルダも登場し、彼女の口からも何か明かされるかも。

なかなか面白いんじゃないでしょうか。

柚姉のマイペースぶりにはもう・・・。

〈CLAYMORE 第2話〉

敵役の声優が豪華な気がしますね。

前回の妖魔は石田彰さんでしたし、今回は川澄さんですし。

半人半妖のクレイモアは、人の意識で妖魔の意識を押さえ込んでいるが、妖魔の力を振るえば振るうほど、妖魔の意識が大きくなり、やがて妖魔になってしまう。

そこで、自分の限界を知ったクレイモアは、最も自分を討ってもらいたいものに黒の書を渡す。

クレアの元に届けられた黒の書、それは彼女の唯一の友エレナのものであった。

人のまま逝かせるために、クレアはエレナを討つ。

今回はそういうお話。

相変わらず癖の強い絵ですが、何とか見られるレベルです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« NEWジェネレーション | トップページ | 疲労困憊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/6071287

この記事へのトラックバック一覧です: 健康戦線異常なし:

« NEWジェネレーション | トップページ | 疲労困憊 »