« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

終わらない6月

6月も今日で終わりですね。来週からは新番ラッシュで忙しくなりそうです。

何だかんだ言ってスパロボOGにどっぷり浸かって現在15話。

本当はもっと進む予定だったのですが、近くの本屋で立ち読みしたり、ナイトメア・オブ・ナナリーを探したり、ひぐらしの後半を見たりしていたので思ったよりスローペース。

ナイトメア・オブ・ナナリー、噂以上に面白いです。扇の顔が微妙なのは気にしない。

そして、一緒に買ったMEGAMIマガジンではStrikerSのコミックが再開。

時系列的にはStrikerSの3.5話なので、サウンドステージみたいな感じです。

まだ打ち解けあう前のフォワード陣と、これからの教導を話し合う隊長たちが描かれます。

これで2巻が出ることは確定ですね。少なくともStrikerSが終わるまでは続いて欲しいものです。

付録のリインとピンナップのギン姉のポスターは嬉しい限り。スバルもありますが、まあこっちはいいでしょう。

次号はStrikerSが表紙みたいなので、今から楽しみでありますよ、隊長。

スパロボの方は戦闘グラフィックがキレイなのですが、マップが微妙に立体的な表示になっていて見づらいです。まあ、これは慣れの問題でしょう。

ツインバトルシステムはよくわからないので未使用。無くてもクリアできますからね。

余裕ができたら試してみたいと思います。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈sola 最終回〉

なんと言いますか、自然な終わり方でした。

蒼乃が夜禍の力を失い、普通の人間としてこよりや真名の元に帰ってくる。

もちろんこより達は、蒼乃のことを忘れていますが、これもいいかと。

真名は空が好きになったらしく、屋上で夕焼けを見たり、日の出の写真を撮りに出かけたり。

しつこいまでに「真名さん」と呼んでチョップをもらうこよりは可愛すぎです。

日の出を待つ蒼乃とこよりが自販機と格闘し、休憩所のトマトしるこが映し出されることには・・・(涙。

結局依人が見つけた茉莉に空を見せる方法はわからずじまいでしたが、DVD特典で明かされたりするのかな。

とりあえず2話ある特典のうちの1話は水着満載のスペシャルサービスですけど。

まだまだこよりを見ていられそうです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ナイトメア・オブ・ナナリー

アニメイトとメロンに行ったら両店ともナイトメア・オブ・ナナリーが売り切れでした。

他の2冊は大量に余っていたのに・・・。

そんなわけで、長らく探していたおとボクの小説とメロンの同人類を回収してからサークルへ。

なのドンのカードが増えました。またルール説明をしなければ。

ナイトメア・オブ・ナナリーは近くの本屋で探します。

明日はMEGAMIマガジンの発売日ですし、色々回ってみますかね。

今夜はsolaが最終回。ゆっくりと見たいと思います。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ヤーン・テラー効果

昨夜、と言うか今朝ですが、D.C.S.S.を最後まで見ました。

気づいたときには外が瑠璃色?

おかげで講義中に寝そうになりました。

感想は時間があるときにまとめて書くかもしれません。

今日のタイトルは化学で出てくる用語。

このブログ、化学関連の用語で飛んでくる人が結構いるんですよね。

まあ、題名のネタに困るとその日の講義で出てきた単語を使ったりするのが原因なんですが・・・。

ヤーン・テラー効果というのは錯体や結晶の構造の対称性が低下することによって、それらがより安定となる効果のこと、だそうです。

対称性が高いと電子が縮退しているので、その縮退が解けたときに安定になることがあるんですね。

こんな事書いてもあまり意味ない気もしますが、検索で飛んできた人に悪いので・・・。

まあ、こんな単語で検索かけてくる人もいなさそうですけど。

一応無機化学の分野ですね。木曜4限です。

今日は時間があったので久しぶりになのはサイト巡回。

なのはとは関係ありませんが、ハルヒがPS2とWiiでも出るとか。

PSP版は今年中に出るらしいので、それを見てからでしょうね。

それまでに驚愕は出るのだろうか・・・。

期待しつつまったり待つことにしますかね。

それではこのあたりでアニメ感想にでもいきます。

〈機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 第13話〉
ギガンティックは精神だけではなく、ファフナーみたいに肉体も侵食されるらしい。
慎吾の肉体侵食はかなり進んでいるそうで。
今回はイタリア対ドイツ。ウルカヌスⅠとミネルヴァスXIの対決をウルカヌス側から見た構成。
レオン、悪ガキに見えてかなりイイ奴。不器用だけど。
ウルカヌスがイギリスとフランスを撃ったのは上層部のやらせたことでした。
これだからお偉いさんは・・・。自分の手に負えないことには知らず関せずですか。
どうせ裏で他国と繋がっているんでしょうね。
死亡フラグ立てまくっていましたが、戦闘は次回。真名の決意はどうなるんだろうか・・・。

〈デビル・メイ・クライ 第2話〉
今回は折笠と関智が登場。
杉田智和が出たりもしてましたね。他はよくわかりませんでした。
相変わらず森川さんが渋いです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

なのはの格ゲー?

会長が新入生と共になのはの格ゲーを作るとか作らないとか…。
プログラミングは全くわかりませんが、オモシロそうです。
なのはって、そんなに知名度あったんですね。


またも回線の調子が悪いらしく、今日中に更新できそうにないので、携帯からです。
SH903iTVはレスポンスが極端に悪いので、かなり悪戦苦闘中です。
今日は帰宅してからずっとD.C.S.S.を鑑賞中。
今15話ですが、ことりが…。
明日までに全話見られるだろうか。
とりあえず、寝坊しないようにしたいものです。
それでは今日はこのあたりで。また明日。

何か・・・武器はないのか!?

杉田智和さんって、アムロのモノマネもできるんですね。

ラジオでやったタキシード仮面もかなり似てましたし。

何か一芸できると宴会で盛り上がりそうですね。

今日は特に変わったこともなく一日が終了。今まで何をブログに書いていたのか不思議になる毎日です。

とりあえず、Happy Toy☆を聴きながら更新。テンポのいい曲ですね。

これがアイシアか・・・!(D.C.S.S.未視聴)

そんなことより(?)、最近微分方程式がよくわからなくなっているのがまずい気がする・・・。

テスト前になんとかせねば・・・。

後はベクトルの面積分。テキスト見ても教科書の演習が解けないのはどういう事だろう・・・。誰かに聞くとしますか。

明日は水曜なので楽な講義が3つ。終わったら名駅まで買い物にでも行きますかね。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈アイドルマスターXENOGLOSSIA 第13話〉

ま、いっか。そんな気持ちが事故の元。

挿入歌まで入ってハッピーエンドに向かっていると思ったら、ネーブラを降ろされた真はトゥリアヴィータの元へ。

あずさに呼び出されたとき、真は何を期待していたんでしょうかね。

まあ、人数的に真が向こう側に行く気はしていましたが、暗黒面に目覚めたのかな?

次回は伊織がネーブラのマスターになるテストを受けるとか。楽しみです。

〈セイントオクトーバー 第25話〉

最終回直前だというのに笑いどころ満載。

挙げればきりがありませんが、ニコニコ動画で見ると楽しめますね。

とりあえず、菜月覚醒とヒロシピロシキロマノフさんの秘密が最高です。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

プロフェーティン・シュリフテン

今日は久しぶりに月曜バイトがありました。

帰ってからはアニメの消化とポケモンの育成を少々。

返ってきた複素関数論のテストは凡ミスで4分の1くらい減点・・・orz。

2乗を忘れたり、虚数単位を忘れたりと、かなり残念。

まあ、他はほとんど取れていたので単位には響かないでしょう。

後、返ってきてないのは無機化学と量子化学。

無機化学は返ってこないかもしれませんが、量子化学は今週返却と言っていたので大丈夫でしょう。

結果は大丈夫じゃないかもしれませんけど。

とりあえず、クーロン力だけは忘れないようにしたいものです。

それではこのあたりでアニメ感想に。

〈この青空に約束を― 第12話〉

航の声ってスパロボラジオで良く名前が出てくる中村君だったんですね。今更ながらに気づいた。

今回は浅倉奈緒子後編。

つぐみ寮を護るため、島に残ることを決意した奈緒子。

ホテルにするつもりなんでしょうかね。

まあ、いつも通りのクオリティでした。

次回は最終回で卒寮式。どういう展開になるのか、全く読めません。

やっぱり凛奈シナリオなのかな。

〈シャイニング・ティアーズ・クロス・ウインド 第12話〉

今回で終わりだと思っていたら、まだ後1話あったんですね。

最終回直前だというのに、ツッコミどころ、笑いどころが満載でした。

ラスボスが高笑いしながら楽しそうに走ってきたり、達観した感じで機械に繋がれていたトライハルトが突然ヒルダの元に走ったり、最後の最後でアッーーーー!!!だったり・・・。

トライハルトとヒルダ、キリヤとゼクティの組み合わせで究極心剣が抜けるのはいいとして、ソウマの相手はなんとキリヤ。頬を赤らめるなッ!!

あれだけヒロイン並べておいてそっちですか。フラグ立てまくっていたマオは一体・・・。

「あなたが私の鞘だったのですね」(違

次回は多分感動の最終回。ゼロは一体どうなるのだろうか・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

リリカルハートに行ってきました

今日は大学祭の打ち上げの後、徹夜でカラオケに。

そしてその後、漫喫で時間を潰してからリリカルハートに行きました。

かなり体力的に辛かったので、なのフェスや夏コミのときよりも低テンションでしたが、楽しめました。

今回は事前にサークルチェックをしなかったので、とりあえず一通り回って購入。

さすがに全部買うとまずいので、今回はかなり斬りました。

でも、眠かったせいか、気がついたら諭吉が飛んでいきましたけど・・・。

今回の目的の一つであった時空管理局ラジオの涼香さんにも会うことができたので満足です。

我が同好会の会長が出したコピー本も買えましたし。

帰宅してからは眠かったので20時くらいまで爆睡でした。

今回購入した同人誌45冊を読み始めるのは明日以降になりそうです。

一冊400円とすると・・・・・・DS買えるし・・・orz。

最近DSの調子が悪いみたいで、時々フリーズするんですよね。認識されなくなったソフトもありますし。

まだ500時間くらいしか起動していないので、ガタが来るには早い気がしますが、修理に出した方がいいのかな・・・?

とりあえずしばらくは様子見です。

明日はおそらく複素関数論のテスト返却。一体何点取れているのだろうか・・・。

中間試験の内、唯一まともにできた科目なので、いい点であって欲しいです。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈sola 第12話〉
ついに次回予告が空気を読んだ・・・。
ラスト前ということで(?)登場人物は7人。
こよりも真名も出てきません。
蒼乃を殺してすべてを元に戻すと言っていた茉莉の目的は、自分の命を剣に宿し、その力で蒼乃を人間に戻すことだった。
このまま行くと依人と茉莉が消えて蒼乃だけ残るバッドエンドになりそうですが、大丈夫なんだろうか・・・。
映画鑑賞ごっこで依人が「主人公は最後は幸せになる」といっていたのが何か関係あるのかな?
それにしても、蒼乃の夜禍の力はかなり反則的。やられたと思ったら紙でつくった傀儡でした、とか。
接触しないと力を使えない茉莉が不利なのはわかっていましたが、貼り付けたものを何でも操れるなんて・・・。
2人が住んでた家も蒼乃が夜禍の力で作り出したものだったみたいですし。

〈ながされて藍蘭島 第12話〉
今回はまちの花嫁修業料理編。
黒美佳子様もいいな~。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第12話 『ナンバーズ』〉
謎を抱いて現れた小さな女の子と、彼女と鎖で繋がれたレリック。
それを求めて動き出す影。
空で踊るガジェットと、幻惑の使い手。
地下に降り立った召喚士と、その仲間達。
立ち向かうための力、みんなはちゃんと持っている。
守り抜くために、迷わず戦えるように。

魔法少女リリカルなのはStrikerS、始まります。

今回もアバンはなのはさんとフェイト。
意外と新人達の出番は少ないですね。内容もあらすじのみ。

ルーテシアとアギトには逃げられたものの、ガジェットと謎の少女は機動六課が確保。
完全に出し抜いた形だったので、久しぶりにスカッとする回でした。

前半では格好良かったヴィータが後半ではヘタレに・・・。
地面を移動する能力なら、空飛んでルーテシアを連れていけば良かったんですよね。
ヴィータのブロックワードをナンバーズが知っていたということは、管理局との繋がりがあるということかな?
レジアス中将の秘書オーリスがあからさまに怪しいんですけど・・・。査察に入れと言われたとき、結構な顔をしていましたからね。
もしこいつがスカリエッティと繋がっているとしたら、レジアスは完全に噛ませ犬ということになりそうです。
レジアスが「犯した罪が消えるものか」とか言っているのは、なにか理由があるのか、それとも単に頭が固いだけなのか・・・。
犯罪者を恨む理由があるならまだしも、ただ頭が固いだけなら救いようがなさそうです。

ナンバーズはここに特化した能力を持っていて、時間制限付きで高ランク魔導師並の力を発揮できる模様。
とりあえずトーレは超高速移動でのクロスレンジ、リエンツはロングレンジでの長距離砲撃、セインはディープダイバー、クアットロは幻惑での攪乱ですか。
役割分担完璧。誰か使い捨てにされそうですけどね。
セインがIS発動中で推定Sランクということは、新人達に相手をさせるのは辛そうです。
今回みたいに機転を利かせて勝つしかないのだろうか・・・。
まあ、最終的にはフォワード陣もこいつらと互角にやり合うようになるんでしょうけどね。
こうやって見てみると、ルーテシア、ガリュー、アギトが弱い気がしてくるから不思議。
ガリューはギン姉と互角くらいなのかな?少なくともヴィータの方が強そうですし。
リエンツがヘリに向かって放った推定Sランクの砲撃は限定解除したなのはさんが相殺。早業の承認ですね。
ロングスカート復活です。イクシードになってもエクセリオンバスターのままなのはなぜだろう・・・。まあ、そっちの方がカッコイイから問題なし。
ヘリにザフィーラを乗っけておけばこんな事する必要もなかったんでしょうけど、彼は一体何処にいたんだろうか・・・。やっぱり本部の護りかな。
今回の描写ではフェイトは限定解除しているのかどうかわかりませんが、ザンバーになっていなかったので、解除はしていないのかな。
トライデントスマッシャーは、あまり意味がない気がする・・・。上下の2本は当たるんだろうか・・・。
技名を叫ぶとああなるのは昔からのお約束ですかね。

そして、今回一番燃えたのは「遠き地にて、闇に沈め・・・」。
とらハで薙旋や吼破・改が出たとき並に鳥肌が立ちましたよ。これだからなのはは止められない。
先週「それだけあったら充分や」があったので、余計に意識していたせいかもしれませんが、デアボリック・エミッションは反則。
リインフォースⅠの魔導は、確かにはやてに受け継がれていたわけですね。胸にグッと来ます。
それはもう、見ていてリインフォースの名前を叫ぶくらいに。

やっと戦場に現れたシャッハはトンファーと鉈をくっつけたような武器を持っていましたが、シグナムと並ぶと量産型にしか見えない・・・。彼女の実力が見られる日は来るのだろうか・・・。
ヴィヴィオは聖王の器(漢字は違う可能性アリ)だそうなので、カリム達とも絡んで来そうなんですけどね。
というか、この娘がラスボスなのかな。
うわごとで母を呼んでいましたが、なのはさんがそうなるとすれば、一気に危険なフラグが立ちそうです。
彼女の処遇は気になるところですが、オーリスが来たときに一騒動ありそうですね。
サウンドステージまであと2話。結局機動六課にやってくる少女はヴィヴィオでいいみたいですね。

次回はルーテシア達の過去が語られる模様。
アギトは人造魔導師みたいですけど、ルーテシアはどうなんだろうか。
フェイトの台詞の順番的に行くと、ルーテシアとアギトがつくられた命で、ヴィヴィオが救われた命になりそうですが、映像を見るとルーテシアも救われた命のように見えますし。
11番のレリックを探している理由も次回語られるのかな。

それでは、次回『命の理由』にテイク・オフ!

今日は体力的な問題でなのは感想も縮小。なかなかうまくいきませんね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

時間よ止まれ

今日はサークルで大学祭明けコンパがあるので早めに更新。これから出かけます。

本当はもっと余裕を持って出たかったのですが、ダ・カーポを最後まで見ていたらこんな時間に・・・。

見たのは16話からでしたが、意外と時間がかかった・・・。

やっぱりさくらです。これは変わりませんでした。

それにしても、Giftって・・・。話には聞いていましたが、本当にそのまんまだったんですね。

次はセカンドシーズンですか。

期末が始まる前に見えておきたいところですね。

それでは、時間もないので今日はこのあたりで。また明日。

パソコン叩いても直らない

最近パソコンの調子が悪いです。

もしかしてもう寿命なのだろうか。まだ買って1年ちょっとしか経っていないんですが・・・。

おそらく原因は昼夜問わずの酷使にあるでしょうね。

最近はDSもかなりピンチみたいで、DSカードが認識されないこともしばしば・・・。

さっきはプレイ中にいきなり止まりましたからね。

もしかしたら机においたときの衝撃もしれませんが、気をつけないと400時間近いデータが飛びそうです。

どうにかしてバックアップ取れないだろうか・・・。

時間があるときに調べてみます。

明日はコンパか。そのまま徹夜してリリカルハートに行くと思われるので、今日はしっかりと睡眠を取っておきたいところです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

今更ながら、これって本当なのかな。つ

それはかけがえのない平凡な日常なの

今日はいつものように3,4限をこなしてバイトに。

特に変わったこともなく、日記のネタに困るわけです。

まあ、普段から大したことは書いていないんですけどね。

今日見たニュースで覚えているのは、牛ミンチに豚肉が入っていたことくらい。

なんてバカなニュースなんだ・・・。もうどうしようもないですね。

食べてみて豚肉が入っていると判別できる自信はありませんが、せっかく牛を買ってリッチな気分に浸っている人にとっては・・・。

この会社、ブラジル産の鶏肉を国産と偽って売ったこともあるとかで、これはもうダメかなと。

まあ、確かにコストを下げたいのはわかりますけど、自分だけ楽するのはフェアじゃないですね。

謝る気なさそうですし。

ああ、後は富山県警の冤罪がありましたね。

こんなのいくら謝罪したところでその人の社会的立場は戻らないわけで、何のために税金使って給料払ってるのかわかりませんね。

そんなことしてるから公務員の給料が高いとか言い出すのが出てくるんですよ。

まったく・・・、何のために公務員の団結権が無くなったのやら・・・。

一部の人間の所為でマジメな人間がとばっちりを受けるのはイヤですね。

正直者が馬鹿を見るとかいうのが一般的になって欲しくはないものです。

ついでに、今見ているニュースでは中国産が危ないとかいっていますね。

見ていてゾッとするようなものが輸出されてますね・・・。

まあ、そういうところにユルい国だから今更変わるわけないですね。

パクって終わりなんてつまらないですよね。

――と、何だかんだ言って長々書いてしまった・・・。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈神曲奏界ポリフォニカ 第12楽章〉
何だか唐突に終わりましたね。
精霊と人間、違う存在同士の共生は難しいものですよね。
クリスタの声って遠藤綾さんだったんですね。みゆきさんくらいしか知りませんけど。
まあ、1クールにしてはうまくまとめたのではないかと。

〈機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 第12話〉
今回は慎吾の記憶を解析するとかいう名目で慎吾の生まれとかが語られました。
ついでにこれまでのあらすじのおさらい。懐かしいです。
結局ドイツとイタリアはわざと不意打ちをしてたんですね。
第二次の恨みでもあったんだろうか・・・。
お偉いさんはどの作品でも嫌な奴らですね。
まあ、彼らは自分に痛みが来ることはありませんからね。効率優先というわけで。
後半では真名の過去も語られ、だいたいの舞台背景が語られたわけですね。
未だに眞人がなんなのかは語られていませんが、あまりいい人には見えない・・・。
沢城みゆきさん演じる新キャラ、神代神名が出てきましたけど、彼女は一体何者だろうか。名前をみると真名の姉妹みたいですけど、まだわかりませんね。
次回はドイツ対イタリアかな?近距離戦闘ではどうなるのか、見物ですね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

中間終了

とりあえず中間試験が一通り終了しました。

今日あったのは理系教養科目の化学。化学の歴史みたいなのを書かされましたが、適当にまとめて終了。

中間は期末の予行演習らしいので、それほど重視はされないのかな?

まあ、平均点は取れそうな解答ができました。

来週に講評があるらしいので、それまでに全部読むのだろうか・・・。大変そうです。

明日からは中間の呪縛から解き放たれてバイトに行ったりできそうです。

バイト期間が予想より一週間くらい早く終わるみたいなので、最後のラストスパートで稼いでおきたいと思います。

今週末にはコンパとリリカルハートがありますからね。とりあえずなのフェスのときよりは節約したいものです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

睡魔は突然来るんですっ、防御不可なんですっ

睡魔は「やつら」と読みます、一応。

昨夜は初めて寝オチしました。

携帯でブログを書いて、更新をしたあたりで記憶が飛んでいます。

朝起きたら携帯が開いたままで、更新終了画面のまま枕元に・・・。

確かに昨夜は眠かったんですよね。睡眠時間3時間くらいで早起きしてなのは→瀬戸の花嫁→らき☆すた→なのはで気力を高めてテストに臨みましたから。

おかげで随分解けました。無機や量子化学とはえらい違いです。

アイツらはいつ帰ってくるんだろうか・・・。

そもそも帰ってくるのかどうかすらわかりませんけど。

とりあえず期末頑張ります・・・。

今日は溜まっていたアニメを消化しようと思ったものの、半分くらいで断念。

ポリフォニカとか、藍蘭島とか、REIDEENとか、あまり周りに見ている人がいないので、しばらくはいいかなと。

何だかんだいってエル・カザドは見ていますけど。

とりあえず早い内に遅れを取り戻したいところです。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈エル・カザド 第11話〉

エリスの過去を知った超能力者さんが事態を収める方法を思いついたけど、やっぱり殺され・・・。

世間は初めは持ち上げるけど何か悪いことが見つかると手のひらを返して罵声を浴びせますよね。

マスコミはたたきどころを見誤っているとしか思えん。

今回はエリスの処遇を話し合う怪しい組織が出てきましたが、議長は三石琴乃さん。

ナスターシャが言っていた国を揺るがすことはいったい何だったのか、それはしばらく伏せられたままでしょうね。

次回あたり、ブルーアイズが現地に来るそうです。

〈ひとひら 最終幕〉

随分気合いが入っていましたが、麦は野乃先輩に何を渡したんだろうか・・・。

見落としがあったかな・・・?

話としては、多分コミックの3巻で終わったんじゃないかな。

最後は麦が大きな声で感謝の言葉を述べて終了。

何気に甲斐が告白したりしていましたけど。

エピローグは色々よくわからなかった・・・。麦が演劇部に入ったり、甲斐が美術部に入ったりしたのかな・・・?

とりあえず4巻を読む必要があるのかもしれません。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

トライデント・スマッシャー

複素関数論の中間は無事に終了しました。
一応全問答えたので、そんなに悪くはないはず。
後は結果待ちです。
中間も残すは水曜の化学だけ。気合いで乗り切れるんだろうか…。
とりあえず、ネットが不調なので、今日はこの辺りで。
また明日。

風は空に、星は天に、輝く光はこの腕に、不屈の心はこの胸に!

明日は複素関数論の中間試験なので、今日はアニメがほとんど消化できず・・・。

なのはの感想も時間がなかったので縮小ですし、後で書き直そうかな・・・?

もっとも、そのおかげ(?)で一往テスト範囲のおさらいは終了。

後は早起きしてStrikerSで気力を170まであげて本番に望むだけです。

できれば400まであげたいところですが、あまり無理はできないので・・・?

まあ、レポートほど難しい問題は出さないと言った教授を信じますか。

残す中間テストはあと2つ。

最後まで気を抜かないようにしたいところです。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈ハヤテのごとく 第12話〉

今回のワタル君推薦アニメは月面兎兵器ミーナ。

サークルではほとんど見ている人はいませんでしたが、結構面白かったんじゃないかな?

DVDは全巻オリジナルエピソード追加だそうなので、そっちも見てみたいですね。

原作ではプリキュアだった(?)ハヤテの二次元は、アニメではハルヒと長門と財前舞(多分)に。

タイ焼き屋のオヤジがKanonと同じ人、というネタを期待したものの、やっぱり別人か・・・。

わざわざDVDを確認してしまいました。何やってるんだろう・・・。

〈天元突破グレンラガン 第12話〉

アディーネが「次は何処だ」と聞いたときに「耳」と言ってしまったのは私だけではないはず。それもこれもラピュタ王の所為です。

髪を切るエピソードはすれ違っていた2人が歩み寄るきっかけというか結果。

よくある話ですが、やっぱりいいです。

戦闘は相変わらずの熱血ぶりでドリル全開。

何というか、スカッとしますね。わかりやすくて。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第11話 『機動六課のある休日(後編)』〉

訓練漬けの毎日。息抜きに、って用意した丸一日のお休み。
親友同士、パートナー同士、楽しく過ごせるように。
気持ちも新たに、明日からもがんばれるように。
だけどその休日は、突然の事態に一時中断。
現れたのは、レリックのケースを持った小さな女の子。
事件は今、静かに動き出す・・・。

魔法少女リリカルなのはStrikerS、始まります。

今回のアバン担当はなのはさんとフェイト。
第3期開始から10話。向こうでもこっちでもだいたい2ヶ月半が経過。
しっかり下準備して、ついに動き出した事件。
更に熱血リリカルになっていきそうですね。
これからの展開も楽しみです。

前後編だけど次回に続きます。

前半の見所はやはり、ついに登場したクロノ提督ですかね。
まあ、某本名がわからない人にしか聞こえませんけど。
緊張感がない・・・。
制服が似合わないと言われているところを見ると、提督としてバリバリ働いているみたいですね。
相変わらずワーカホリックなお方です。

謎の少女はヘリで搬送することに。
と、「謎の少女」って呼びにくいので、これからはヴィヴィオって呼んでしまうことにします。
まだこの娘と決まったわけではありませんが、他に該当しそうなのがいないので。ちなみに、「この娘」と書いて「このこ」と読みます。
ヘリまで運ぶシーンで、ヴィヴィオを見たなのはさんの表情が非常に気になるのですが、アリサに似ていたから、とかではないですよね?よく見たらあまり似ていませんし。
サウンドステージ02とも関係あるのかな。
ヴィヴィオは人造魔導師の素体としてつくられた可能性が高いということで、いよいよプロジェクトFが物語の根幹に・・・?
ナンバーズは全員でしょうし、ルーテシアやエリオも多分同じ境遇ですよね。
ただ、ウーノはルーテシアのことを「お嬢様」と呼ぶので、ルーテシアとナンバーズは別の魔導師からつくられたようで。
まあ、見ればすぐにわかりますけど。ウーノはギンガ、ルーテシアはキャロに関係あるんでしょうけど、他の妹たちが出てこないと何とも言えませんね。
クアットロはよくわかりませんね・・・。声はスバルだけどやってることはティアナみたいな幻術ですからね。
ウーノが1、クアットロは4なので、間にはドスとトレスがいるはず。まあ、イタリア語はわからないので違っているかもしれませんが。全部で何人いるんだろうか。やっぱり12人か・・・?ノーヴェがいるということは、少なくとも9人はいるはずですが。
あまり多いと、何人かは捨てキャラにされそうで怖い・・・。

後半ではついにギン姉が戦闘に参加。なぜか変身シーンはありませんでした。
スバル達よりこっちを見せてくれと思った視聴者も多いはず。
デバイス名はブリッツキャリバー。
フェイトが光系なのでギンガはブリッツ。なのはさんが音系なのでスバルはマッハ。なのかとおもったら、フェイトにはソニックモード、なのはさんにはフラッシュムーブがありましたね。
ここはあまり深く考える必要はなさそう。
今回はイマイチ活躍の場面がありませんでしたが、1人で道中のガジェットを掃除してきた暴れッぷりに期待ですね。
鉄拳でガリュウを弾き飛ばしていましたし。
時空管理局の涼香さんがラジオで言っていたバリアジャケットのパワーアップはあるんだろうか・・・。
是非あって欲しいところですが、ちょっと難しそうですね。

もう一つの見所はやはりはやて隊長の限定解除でしょうか。
今回は3ランクのみでしたが、あまりの破壊力にビックリ。
フレスベルグ、外れたかと思ったらあの効果範囲は異常です。
さすが広域SSランクですね。単独では制御がうまくできないらしく、今回はシャーリー達の援護で発動。
詠唱は「来よ、白銀の風。天より注ぐ矢羽根となれ。」
魔法陣はラグナロクとは逆で、足下がベルカ、正面がミッド式でした。
はやての限定解除許可はクロノとカリムで一回ずつだそうで、残るはカリムの一回のみ。
ただ、今回は3ランク解除だったので、許諾取り直しの可能性も気休め程度にあるそうで。地上部隊の上層部が厄介な連中だという伏線がここに。
このまま行くとはやての限定解除は今回も含めて3回になりそうですね。
もしそうだとすれば、あと2回は限定解除4ランク承認のフルパワーでいってもらいたいところです。
今回のリリースタイムは120分でしたが、タイムリミットが来てピンチになったりするのかな・・・?
まあ、今回の事件は2時間もあれば大丈夫でしょう。
「それだけあったら充分や」とはやても言っていましたしね。この台詞を聞くとA'sでの先代リインとのやりとりが思い出される、そんな私は異端なのかもしれない。

終盤はフォワード陣+ギンガvsルーテシア、アギト、ガリュウ。
ガリュウは思いっきり虫でした。牙龍とかだと思っていましたが、ルーテシアの召喚魔法が虫であることを考えればすぐにわかったはずなんですよね・・・orz。龍対決に期待してしまったんでしょうか、私。
ティアナは早速ダガーモードでルーテシアを拘束したものの、アギトのスターレンゲホイル(?)の衝撃で放してしまう。
なかなか活躍できませんね、ティアナ。サンライズの某ヘタレみたいなキャラにはなって欲しくないけど、どうなるか・・・・・・。
アギトは凄くバカっぽい。自分で花火あげる姿は微笑ましいですが、同人で弄られキャラになるのは確実でしょう。
偉そうに挑発したところで今回は終了。
次回はこの対決と、今回描かれなかったヘリ側の戦闘ですかね。
地下組にはヴィータが乱入してきて大暴れしそう。特にアギトとのやりとりに期待できそうですね。
リインとのユニゾンが見られるかもしれません。
ヘリ側は隊長たちの戦いぶりに注目ですね。
予告の最後で出てきた怪しい人物はいったい何なんでしょうか・・・。変態仮面の後継者か?それともやっぱりナンバーズか。まあ、サブタイ的に新しいナンバーズが何人か出てきそうですね。
予告の人は両手に小手みたいなのをつけていましたから、スバル&ギンガとの対決があったりするのかも。
何だかんだ言って、スバルの母がスカリエッティの手に、という説も大ハズレというわけではないのかもしれない。

それでは次回、『ナンバーズ』にテイク・オフ!

それでは今日はこのあたりで。また明日。

心の剣を解き放て

今日は複素関数論の勉強を少し進め、コーシー・リーマンの関係式のあたりまで終了。

後は積分か・・・。

一日あれば何とか終わるでしょう。

残る中間テストはあと二つ。

これを乗り切ればしばしの安息が訪れるので、頑張りたいものです。

溜まってるアニメも消化しないと・・・。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈シャイニング・ティアーズ・クロス・ウインド 第11話〉
塔の名前は天空ではなく天風だったんですね。
白くてちっちゃいのは風の精霊王だったらしく、そいつに認められたことでゼクティは天風の巫女の力を得る。
天風の塔も機能を回復させたものの、闇の力が強すぎるために効果は無し。
キルレインが神機を起動させようとしていることがわかったので、それを止めるために一同出陣。
キリヤは二刀流で悪いヒルダの心剣を砕いてヒルダを救出。
ついに最終決戦ですか。
次回あたり、トライハルトがヒルダの心剣を抜くんじゃないかと予想。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

量子化学は終了しました

今日は量子化学の中間試験でした。
出ると思ったシュレーディンガーが出ずに終了。
月曜の複素関数に向けて追い込みに入りたいと思います。
アニメ優先ですが。
それでは今日はこのあたりで。また明日。

無機化学\(^o^)/

無機化学のテストが終わりました。

終わりました。オワリマシタ。

ヒドリドの綴りを間違えたり、ニトリトを忘れたり、カルボニルを間違えたり・・・orz

多分半分くらいしかあってないです。部分点があればもう少し行きますけど。

まあ、終わったものは仕方がないので明日の一限の量子化学に向けて寝ます。

こっちはそれなりに力を入れて勉強していたので、失敗するわけにも行かず・・・。

シュレーディンガーは解けるはずなので何とかなるはず・・・何とかなるかな・・・何とかなるといいなぁ・・・。

後はボーア理論を直前に叩き込んで、関数電卓の電池が切れないことを祈るばかりです。

頼むから保ってくれ・・・。ボタン電池だからその場で換えが効かないのが痛いですね。

朝一で生協で買って新品に変えておこうかな。

とりあえず、脳を活性化する意味でも早く起きたいものです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

配位化学

明日は無機化学の中間テスト。

配位化学というのは無機の一分野だそうで、テスト範囲はそこです。

正直あまり勉強してない気もしますが、一通りさらったのでそこそこはできるはず。

後は今からの追い込みですかね。ゲームに走りそうですけど。

巡回もしないといけませんし・・・。

まあ、何とかなるでしょう。明日を乗り切っても、金曜、来週の月曜、水曜に別の中間があるので当分は解放されそうにないですけどね。

これが終われば大学祭明けコンパとリリカルハートがあるので頑張りたいものです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

また一歩踏み込んで

衝動買いって怖いですね。珍しいものがあるとついつい、ね。

ついにタペストリーまで・・・。まあ、あくまで『付録』ですが。

飾るスペースもないので、当分はお蔵入りになるでしょうけど。

本棚を片付ければかけられるか・・・?それともカーテンレールに・・・?

でも、170cmはちょっと大きすぎですね。

また考えます。

今日は量子化学の勉強を少し進め、後はシュレーディンガーくらい。

明日は先にある無機化学を復習したいので、木曜日にやることになりそうですけどね。

そんな具合で時間がないのに、咲ラジを聞いたりしているあたりダメですね。うますぎWAVEは日課だからまだしも・・・。

やっぱり興味の薄い分野の暗記はなかなか進みませんね。

フレスベルグの詠唱なんかは長~く記憶に残るんですけどね。

憂鬱や薔薇がすんなり頭にはいるのと同じ理由ですかね。蒐集とか、薙旋とかもその部類ですね。

講義で見せられるビデオの声がアニメキャラの声だったらな~とか考えている時点で異端な気がします。

そんな逃避よりも早く勉強せねば・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

フレスベルグ

とりあえず量子化学の中間対策を開始。

ボーア半径とか、2ヶ月前にやったはずなのにかなり懐かしい・・・。

最近は波動方程式ばかりやってますからね。

あと4日で終わるのだろうか・・・。無機化学が先にあるんですけど・・・。

Yagamiマガジンも読まないといけないし、夏旅行の予約もしないといけないし、やること一杯。

そんな中、ニコニコ動画に入り浸っている自分はダメ人間。

まあ、量子化学の序盤は去年もやったところなので、それを思い出せれば大丈夫でしょう。波動方程式は気合いで解くとして・・・。

明日は山場の4限授業。スパロボラジオを楽しみに乗り切るとしますか。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈ウェルベールの物語 第10話〉
ティナの偽物が捕まったことでリタの誤解は解けるものの、ティナの姿はもう見つからず。
グリーダム行きを先に延ばして再会できましたが、どうするんだろう・・・。
残された時間はあと1日。まあ、戦争を回避すると話が終わってしまうので間に合わないんでしょうけど。
自分の中ではだんだん優先度が下がってきている気がします。

〈セイントオクトーバー 第23話〉
功士郎やアルティスタもリバースの手に落ち、周りは敵ばかり。
ある意味王道だが、凄い展開だ・・・。ロリロリ言っていた作品とは思えない・・・。

〈大江戸ロケット 第10話〉
風来長屋のご隠居は謎多き人物。
水野忠邦ですら恐れるその正体とは一体・・・。
まあ、エレキテルおいてあったからあの人だろうとは思いましたけど、平賀源内さんでした。
あんたいくつだよ・・・。舞台が1840年代だとしても100歳超えてるし。まあ、ノリで突っ走るアニメですからね。
そのせいか、赤井の件はまだ語られず。もしかしてどっかで見逃したか・・・?
まあ、今回もコミカルの動きで面白い。
遠山の金さんは北町奉行だったのか・・・。勉強になります。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

リリスのふらふら熱曜日

朝起きたら熱があったので、今日は家で寝ていました。

いちおう37度前半まで下がりましたが、何が原因だったんだろう・・・。

昨夜はとくに何もしていないし・・・。

まあ、麻疹ではなさそうなのでOK。

結局進まなかった中間対策ですが、間に合うのかな?不安です。

とりあえず今日は早く寝ます。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第10話『機動六課のある休日(前編)』〉
過去の痛みと、譲れないプライドと、失敗と・・・。
躓いてしまった小さな翼達は、だけどちゃんと、自分で立ち上がった。
見守ってるから。失敗も迷いも全部、明日に繋げていけるように。
躓きも後悔も、いつか宝物にできるように。
全力で進んでいく毎日に、時々は安らぎを。
たまにはのんびり、一休み。
魔法少女リリカルなのはStrikerS、始まります。

今回のアバンはフェイトとなのはさん。
前回までを振り返り、今回の前振りですね。
これでしばらくは新人達がどんより落ち込むことはなさそうです。

それでは本編へ。

いきなりスバル→ティアのセクハラで始まった今回。
色々サービス精神旺盛ですね、今期は。
いろんなサイトさんでやられているスバ×ティアが公式でみられるとは・・・。
ティアナはすっかり元に戻ったみたい。
訓練も第二段階を終了。翌日からはデバイスもセカンドモードでの訓練になるとか。

ニュースで演説していたレジアス・ゲイズ中将。顔崩れすぎですが。
この人、絶対に後で足を引っ張るタイプですね。演説もほとんど拍手ありませんでしたし。
機動六課の敵に回ったりしないのかな・・・?『闇の書事件』とか『PT事件』のことを引き摺っていそうですし。
こいつがスカリエッティとくっついていたら面白いんですけどね。まさかそんなことはないでしょう。
演説会場にはMEGAMIマガジンで紹介されていたミゼット・クローベル、ラルゴ・キール、レオーネ・フィルスと伝説の三提督がそろい踏み。
管理局の黎明期から支えてきたって、この人達一体何歳なんだろう・・・?
とりあえずこの人達は味方寄りでしょうね。ミゼットばあちゃんはヴィータがお気に入りの模様ですし。

フォワード組はスターズとライトニングに別れて街へ。
スバティアはヴァイスから借りたバイクでツーリング。
ヴァイスは魔導師経験があったみたいですね。なぜその道を諦めたのかは語られず。
前々回のティアナみたいに無理をして身体を壊したんじゃないかなと思いますけど。

エリオとキャロはシャーリーのプランに従ってデート(?)。
デートというよりも任務みたいになっていますけどね。健全だ。
過保護なフェイトさんには苦笑。それを見たなのはさんの微妙な表情には何か意味があったのかな?
シグナムは相変わらずいぢわるです・・・。

久しぶりの休日ということで、レイジングハートとバルディッシュの限定解除モードの最終調整も行われることに。
バルディッシュはザンバーのままでしたが、レイジングハートはエクシードモードに変更。
形状はほとんど変わっていませんでしたが、やはりあの事故の後に変えられたんでしょうかね。エクシード、『超越』ですか。こちらも強そうです。
なのはさんのバリアジャケットも形が変わると思われます。
ついでにリインの完全チェックもすることに。
ここまで、明らかに事件の前振りですね。
シャーリーの話からすると、リインははやて以外ともユニゾンできるらしい。
おそらくヴォルケンズ限定でしょうが、是非とも見てみたいものです。
ちなみに、せっかくのサービスシーンなのに、作画は残念・・・。

Bパートの前半は普通に休日。
スバルのオレンジアイスはDVDで修正されるのかな。好き好き大好き~♪
ボルテールの姿も早く見てみたいものです。
キャロの回想で出てきたフェイトはツインテールでしたけど、私服の時はツインテだったのかな?
そして、もう一つ気になるのは夜天の書を見たときのリインの表情。何かの伏線でしょうが、全く想像がつきません。

後半はやはり事件に巻き込まれるフォワード陣。
まあ、2クールとは言ってもあまりゆっくりとはしていられませんからね。

レリックを引き摺ってきた謎の金髪少女を保護したことから物語が動き出すはず。
この少女、小学生時代のアリサやフェイトに似てるんですよね。どちらかというとアリサか?
声優は水橋かおりさんと聞いてびっくり。さすがにあれだけの台詞で判別はできませんでした。
スカリエッティの部下とし斉藤千和さんも登場し、敵の姿がだんだんと明らかに。
ノーヴェが斉藤千和さん、ウーノが木川絵理子さんということから、この2人はスバルの母と関係ありそう。
あ~でも、プロジェクトFの残滓に興味があったということは、やっぱりクローン?
とはいえ、わざわざ機動六課主力メンバーのクローンをつくるとも思えないし・・・。
よし、私の意見は「スバルの母はスカリエッティの手に落ちていてウーノとノーヴェはそこから創られた」ということで。
・・・・・・絶対ハズレのような気もしますが・・・。
何にせよ、確実にナカジマ姉妹とは関係ありますね。もう少し情報があれば推測も可能でしょうが、今は単なる憶測ですね。

今回は空と陸でそれぞれの戦いがあるみたいなので、ギン姉にも出番がありそう。
はやて隊長も空に上がるみたいなので、フルメンテを終えたリインとのユニゾンも期待できるかな?
あわよくばなのはさん達の限定解除――はまだ時期尚早ですかね。奥の手は取っておかないと。
でもまあ、限定解除は奥の手ではあっても切り札ではありませんからね。
案外早く解除されるかもしれません。

次回、『機動六課のある休日(後編)』にテイク・オフ!

それでは今日はこのあたりで。また明日。

リンディ茶

先週と同じように、時空管理局ラジオを視聴しつつ更新。

今回は何時までやるのかな?明日は文化祭のシフトがあるのであまり夜更かしはできそうにないのですよ。

まあ、文化祭なら大丈夫でしょう。

今日はバイトに行って終了。それだけ。

まあ、QMAもやりましたけど。フェニックスで4位でした。

さすがに決勝で芸能が来ると辛い。

まともにできるのが雑学と学問くらいしかないんですけどね。他は知らん。

雑学>学問>アニメ・ゲーム>>スポーツ>ノンジャンル>(越えられない壁)>芸能

といった感じですかね。

アニメ・ゲームは時代的に辛いものが結構あるんですよね。

70年代や80年代はほとんどわかりません。

まだまだ修練が足りないか・・・。

それではこのあたりでアニメ感想に。

〈シャイニング・ティアーズ・クロス・ウインド 第10話〉
キリヤはすっかりゼクティにご執心の様子。
ヒョウウンは生きてたんだ・・・。あまり出番がないから死んだものだと。
ソウマが心剣をポンポン抜いてたのは指輪の力だった模様。
でも、マオからは指輪の力無しに心剣を抜くことができるようになったみたい。
次回はヒルダ救出。一人二役はここで終わりだろうか。
ゲームの方は全く進まず。PS2って、起動するのが面倒なんですよね・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ぶっちゃけ、腹黒、不思議ちゃん、ぶりっこ、癒し系?

6月8日は藍ぽんこと野中藍さんの誕生日。おめでとうございます。

私が始めに彼女の声を聞いたのは・・・・・・ネギま?

多分木乃香→一条さん→時乃→みかん→エミリィ、ラヴィニアといった流れですかね。

癒されました。時々黒くなるみたいですけど。

あと、おとボクの御門まりや嬢も今日が誕生日。

瑞穂が転校してきたのがもう少し後なのでイベントはありませんでしたけど。

まあ、この作品は誕生日イベントがなかった気もします。

今日は文化祭の準備に行きました。

自分で書いたセル画の説明文を書いたり、他のセル画を並べたり。

ただ、久遠の説明がうろ覚えだったのであっている自信はない・・・。

まあ、わかる人ほとんどいなさそうだから大丈夫でしょう。

それが終わってから昼食を食べに行ったら、急激に睡魔に襲われたので帰宅。

昨夜10時間近く寝たのにまだ寝足りないとは・・・。

起きたら雷鳴ってましたよ。天気予報は外れましたね。それともくーちゃんの説明文を書いたからだろうか・・・。

結局来週の中間対策はほとんど進まず。

もっとも、範囲はそれほど無いので十分間に合うはず。

とりあえず無機化学から始めます。配位子の名前とか、錯体の立体構造とか。

量子化学はシュレーディンガーが解ければ大丈夫でしょう。後はボーア半径とかかな?

まあ、宿題になった部分は復習しておきます。

結局生物化学は講義あったのかな・・・?

それでは今日はこのあたりで。また明日。

消えない虹、枯れない桜

今日は深峰莉子の誕生日。

先日までこのブログの左側に出ていた娘です。

別に俺の嫁というわけではないのでどうぞ。

それではアニメ感想へ行きます。

〈大江戸ロケット 第9話〉
相変わらずよくわからないノリで突っ走っています。
打ち上げ速度はカタパルトで解決したものの、今度は筒の強度が限界に。
とりあえず鐘を使って見るものの、ゴンゴンなってうるさいので却下。
まだまだ続きます。

〈REIDEEN 第13話〉
国語の授業は「羅生門」。まあ、多分関係ありませんが。
作画がいつもと違う気がする・・・。
宮野辺村に調査に来たものの、母の誕生日だったのでライディーンで帰還。
向こうから申し出て(?)きたとは言え、随分な使い方ですな。
翠野さんのナゾが明かされるかと思ったら、何も進展は無し。
まあ、孫というのが嘘なのかもしれませんが。

〈この青空に約束を― 第10話〉
十二人の怒れる(以下略)
追い詰められていく強硬派が笑える・・・。
沙衣ちゃんが頑張りました。

〈CLAYMORE 第10話〉
さすがにテレサの力を受け継いだクレア。
相手の妖気の流れを読むことにかけては随一ということで。
ただ、まだ決定力不足の模様。
それはこれからと言うことですね。
今回の話、まだ続く模様。

〈ウェルベールの物語 第9話〉
些細な誤解で別れてしまいましたよ、ティナとリタ。
ただでさえ時間がないというのに、こんなところで道草くってる場合じゃないでしょうに。
ティナのコスプレで盗みをしている女の目的は不明ですが、たいした目的もなさそうですね。

〈ながされて藍蘭島 第10話〉
サムデイインザレインでした。
すずのお母さんの声凄い・・・。メーテルの声でした。
お蝶婦人もこの人だったとか。

〈鋼鉄三国志 第9話〉
諸葛亮が相変わらず胡散臭い。
周喩は諸葛亮を踊らせているつもりでいるけど、明らかに逆ですね。謹も孔明を抑えられる器ではなさそうですし。
諸葛亮は義勇兵として劉備達を連れてきて、魏から玉璽を奪還することに。
孫権も上手くのせられて同盟破棄。
子安諸葛亮のもくろみとは一体・・・。

〈シャイニング・ティアーズ・クロス・ウインド 第9話〉
トライハルトはキルレインの手に落ちたものの、希望をソウヤに托す。
ゼクティですかね。
色々ツッコミどころがあった気もしますが、男からでも心剣が抜けるという説明がやっと・・・。
まあ、初っ端にトライハルトがキルレインから抜いてましたからね。
天空の巫女は何処にいるのやら。まあ、ゼクティかな。

〈ひとひら 第11幕〉
何だか、だんだん息切れしてきた感があります。
「言わなくちゃ想いは伝わらない」
そんな神奈の言葉も麦には届かず。
この麦を4年間も操縦し続けた佳代ちゃん、アンタは偉大だよ・・・。
何だか急に麦にとっての重要キャラになってきたことに少し違和感があるものの、まあいいかな。
佳代ちゃんは麦にとってのドラえもんみたいなものだったんですね。
「演じるだけで終わり」だった麦も成長したみたい。
ええ話や・・・。

〈アイドルマスターXENOGLOSSIA 第10話〉
真の目覚ましはカニさんか。
ハーモナイザー、とかちはイロイロ大活躍です。
真よりも伊織の成長率が高いのはアイドルの心を感じることができたから?
まあ、真がアイドルの心を認めたがらないのは主任が引退したことと関係があるみたいですけど。
結構深そうですが、それにしても真が黒すぎる・・・。
次回は4体目のアイドルと見られる反応を追ってアイスランドへ。

〈神曲奏界ポリフォニカ 第10話〉
ディーレンが精霊を憎んでいる理由と、その原因であるメイルリートの真実が明らかに。
真実を聞いてもディーレンはまだそれを受け入れることができない模様。
この2人もアニメオリジナルだったんですね。

〈機神大戦ギガンティックフォーミュラ 第10話〉
ユーノア強ッ!
というか、エジプトの人生きてたんだ。
上から見下ろすUNの態度が気に入りませんが、ラスボスはアイツらなのかな?
日本に情報を提供してきている誰かさんの手がかりは全くなし。
やっぱりアメリカですかね。

〈KISSDAM 第10話〉
先週からおかしかったロキがついに壊れた。
柚姉にのせられるままにシュウに攻撃してきました。
最後はシュウに人類の未来を托して自害。
結局何だったんだろう・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

それが我が運命ならば

帰ってきてから、ネットに繋がらなくなっていたので、色々いじっている内にこんな時間に・・・。

アニメ消化も含め、何にもできていません。

しかもウェルベールの予約ミスしてたし・・・orz。これで2週連続です。

踏んだり蹴ったりです。

まあ、セル画は終わりました。くーちゃんこと久遠です。

サウンドステージVAの画像なので、ほとんどの人は見たこと無いでしょうけど。

金曜日の展示までに説明文を書いていかなければなりませんね。

まあ、好きな分野ならいくらでもかけそうなので大丈夫でしょう。

あまり痛くない程度に語りたいものです。

これを書き上げたら夏旅行の行き先を調べないと・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

全力全開で視聴せよ

なぜか無性にコードギアスを見たくなったので、ポケモンを育てながら視聴中。

ラスト2話は7月以降だそうですが、シナリオのおさらいもかねて。

まあ、ほとんど忘れてはいませんでしたけどね。

小説を読んでから見るとまた違った印象を受けます。特に玄武のキャラクターが。

後は今月末に出るナイトメア・オブ・ナナリーでも買いますかね。

どんな話なのか全く情報を仕入れていませんけど、楽しみです。

明日はセル画を仕上げる予定。

講義は3限までありますが、1限の英語以外は切っても問題ないんですよね。

まあ、いちおう出席だけはしますけど。

セル画はくーちゃんなので多分それほど時間はかからない見込み。2時間もあれば何とかなるでしょう。

そう思いたい・・・。

それではこのあたりでアニメ感想にいきますね。

〈瀬戸の花嫁 第10話〉

ターミネーター襲来の回。

声優が玄田哲章さんなのでそのまんまです。

本編は相変わらずノリノリのシナリオでした。

色々ネタが散りばめられていましたが、最後に焼却炉に消えつつ「I'll be back.」ですべて持っていかれました。

流された巻には合掌。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

八神家が始まった日

今日ははやての誕生日だったので、「よし、何か書こう」と思ったのですが、文化祭で出展するセル画とか、その他諸々をやってたら凄い時間に。

やはり土日の内に書いておくべきでしたか。プロットすらできていませんが・・・。

「う~、リインだけ仲間はずれですぅ・・・。」とかやろうと思ったんですけどね。

まあ、所詮消費型のオタクですからね、私は。

公開できるような脳内妄想は持ち合わせていないのです。

まったりとYagamiマガジンを巡回することとします。

それでは、今日はこのあたりで。また明日。

今日は祭り

今日、6月4日ははやて、そしてヴォルケンリッターの誕生日。

おめでとうございます。

絵も書けず、文章も書けないのが悔やまれますが、心の中で盛大に祝います。

ちょうどStrikerSの放送日ですしね。

Yagamiマガジンも開催されますから、忙しくなりそうです。

今日、時間があったら何か書いてみよう。

それでは、また夜に更新します。

お前はもう萌えている

ドン様をつくり、一時的にポケモンの育成に飽きたので、らき☆すた萌えドリルを少し進めました。

まだ2時間もやっていませんけど、計算はなかなか脳の刺激になりそうです。

3桁の計算になるとたまにコンピュータに持っていかれますが、それ以外なら大丈夫かな?

一桁なら絶対に大丈夫ですけど、□×17=646とかは無理ですよ。

38ですけど。

方言もアニメの台詞を言い換えたものはできますが、一般的なものは3分の2くらいしかわからない・・・。

これって方言だったんだ・・・っていうのも結構ありますね。

地元のものならばだいたいわかりますけど、東北や北海道、中国地方はあまりわかりません。

「けった」と「けったマシーン」は名古屋の大学に来なければおそらく聞くことはなかったでしょう。

日常会話で使っている人はほとんど見かけませんけどね。

この萌えドリル、いろいろなトレーニングがありまして、昨日は初めて音読にチャレンジ。

画面に表示されるアニメの台詞を読むんですけど、

『刺し穿つ死翔の槍』

もちろん『ゲイボルグ!』と叫びましたけど、これって知っている人しか読めない・・・。

『すべて遠き理想郷』とか、『約束された勝利の剣』、『天地乖離す開闢の星』あたりも出てくるのかな?

まあ、時々大きな声で言えない台詞が出てくるのはご愛嬌?

知らない人が居る場所ではとてもできませんね。家で細々とやることにします。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきますね。

〈キスダム 第9話〉
狼騎もネクロダイバーになってました。
柚姉が仲間に引き込もうとするものの彼は拒否。
キャンプの仲間と戦うことを選ぶ。
しかし、力があることによる信頼は容易く崩れるもので、そうなれば手のひらを返すのが人間で・・・。
キレた(?)狼騎がキャンプの人を虐殺して終わり。
「また護れなかった」とか、さんざん殺しといて何言ってるんですか・・・。

それにしても、けらけら笑いながらマシンガンをぶっ放す老人は不気味すぎる・・・。

〈鋼鉄神ジーグ 第8話〉
銅鐸を収めた旧ジーグの頭部はヒミカの手に渡ったものの、宙の意志が働いているのか、取り出すことはできず。
ジーグの足に触れた椿によってそのことがビルドベースに伝えられる。
彼女の力、まだ描写が少ないので詳細はわかりませんが、鏡とともに物語の鍵を握っているのは間違いなさそう。
銅鐸の力の解放と関係あるのかな。
今回の換装はスカイパーツ。ぜひともスパロボに出て欲しいですね。
敵の羽根で電線が切れる描写がありましたが、別に伏線ではなかったみたい。

〈REIDEEN 第12話〉
敵性宇宙人の仲違いの隙を突いてライディーンを奪還。
未だにガディオンとのタイマン勝負では価値が見えてきませんが、ロクセルはガディオンの腕輪の無くして当分出番はなさそう。
その腕輪(?)は栞が拾って・・・。
次回はライディーンについて調べるため、すべての始まりとなった宮野辺村に調査に向かいます。
そこで出会う意外な人物とは・・・。まあ、黒髪の彼女(名前を失念)でしょうね。

〈Devil May Cry 第1話〉
声が渋くて絵がキレイ。
見方間違ってる気がしますが、名作の予感。
まあ、原作はやったことありませんがね。
ダンテは森川さんで良いのかな・・・?今回の悪魔は久川綾さんか・・・?

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第9話 『たいせつなもの』〉
今日こそ総括だけになりそう。
まあ、あらすじは本編を見てください。

自分の失敗が許せなかった・・・。だから、強くなりたかった。
だけど、やっぱり何にもできなかった。
間違ってるって叱られて、きっと幻滅された。
隣を走る相方にも迷惑をかけて、悲しい思いをさせた。
私のしてきたことは、選んできた道は、全部無駄だった・・・?

今回のアバンはティアナ。
まあ、先週のあの終わり方ならこういう感想を持つでしょうね・・・。
間違い=ムダではありませんけど。回り道も、きっと意味ある道のり。

それでは、本編感想へ。

前半はシグナム姐さんの鉄拳制裁にすべて持っていかれました。
熱い御方ですね。熱血指導はなのはさんよりも似合っています。

そんな不器用なやりとりを見ていられなかったシャーリーによって、ついになのはさんの過去が語られました。
どうやって撮影したのかわからないPT事件と闇の書事件の映像。
まあ、そんなことはおいておくとしても、懐かしいですね。つい最近にも見ましたけど。
フォワード陣の驚き様からも、なのはさんがいかに天才であったかがわかりますね。
9歳で収束砲って、今思えばとんでもないことしてましたね。
それにしても、大威力砲撃は身体に大きな負担がかかるんですね。今までほとんど語られてきませんでしたが、そんな裏があったんですね。
それに加えてベルカ式カートリッジシステムの導入による身体への負担。
それらが相まって8年前のあの事件が起きたわけですね。
結局は詳細が語られるまま流されてしまいましたが、レリック事件には関係ないのかな?
あまりに衝撃的だったので、このまま何も語られずに終わるとは思えないんですけどね。未確認体とか、かなり消化不良です。

なのはやヴィータ、シグナムがティアナの行動に怒ったのは、ティアナが命をかけなければならないような状況では無いのに無茶をしたから。
単に自分の命をたいせつにしてほしかったんですね。

ガジェットの迎撃から帰ってきて、過去をばらされたことを知ったなのはさんはティアナのところに。

やっぱり前回の制裁クロスファイヤーはティアナに見せるためのお手本でした。
「ティアナの射撃魔法って、ちゃんと使えば、あんなに避けにくくて、当たると痛いんだよ?」
信じていましたよ、なのはさん。ちょっと不器用ななのはさんでした。
一番の持ち味をないがしろにして、他のことに手を出そうとするから危なっかしくなってしまうそうで。
確かにいろんな方向に手を伸ばすと、足下が疎かになってしまいますからね。
とはいえ、ティアナの選択は間違っていなかったみたい。
リミッターを解除されたクロスミラージュが見せた新しい姿はダガーモード。
何も知らないまま変形させたら自分に刺さりそうですけど、そんなツッコミは無粋ですか・・・。
執務官になれば個人戦が増えるだろうから、用意はしていた。クロスやロングもいずれ教えるつもりだったけど、すぐに実戦に対応できるようにミドルレンジをひたすら伸ばし続けていたんですね。
なのはさんの想いに気づき、泣きつくティアナ。もう涙なしには見られない・・・。

植え込みから除いていた連中が気づかれなかったのは残念。何かあると思ったんですけど、シリアスな雰囲気を壊さないためでしょうかね。
なのはさんの素敵な笑顔が見られると思ったのですが。

翌日、フェイトの口から「ストライカー」について語られる。
「その人がいれば、困難な状況を打破できる。どんな厳しい状況でも、突破できる。そういう信頼をもって呼ばれる名前。」だそうです。
エースよりも精神的な柱という感じがしますね。
なのはさんによれば、4人ともストライカーの素質があるそうで。

教導について語るなのはさんの台詞で「ずっと見ていられるわけじゃないから」の後にヴィータが寂しそうな表情をしていましたが、これも何かのフラグなのか・・・?
なのはさんのモノローグが凄く危うい空気を漂わせていましたが、杞憂で済んでくれることを祈るばかりです。

次回は『機動六課のある休日(前編)』。
今まで日常パートはサウンドステージで語られていましたが、2クールということで映像化。
まあ、途中で事件が起こって休日返上になりそうですけどね。
タイミング的には前編の終わりに起こって後編で解決といった感じでしょうか。あくまで予想ですけど。
次回も楽しみですね。あと3時間くらいで放送ですけど。

そして、6月4日はあの御方の誕生日。いろんなサイトさんで盛大に祝われるでしょうね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

バーベキュー=丸焼き

今日はサークルのメンバーで集まってバーベキューでした。

普通に食べたり、FFの会話に花を咲かせたりと、有意義な時間を過ごした気がします。

もちろんネギまも食べましたよ。ししゃもとか、結構珍しいものもありましたけど。

そして、やっぱりFFは良いですね。13は買いそうにないですけど・・・。

エミュレータでⅤでもやろうかな。それともⅥか。

まあ、そんなことしている暇があったらシャイニング・ウインドを進めるべきでしょうね。

らき☆すた萌えドリルもほとんど進んでませんし・・・。

もっとも、もうすぐ中間試験なのでそっちもやらないと。

結構忙しそうですが、普通に東鳩2をやっているあたり、ダメダメですね。

これで単位を落としたら目も当てられない。

やはり、さんざん遊んでもしっかり単位だけは取れるようにしたいものですが、なかなか難しそうですね。

まあ、現時点の悩みの種は生物化学なので、気合いを入れて叩き込めば何とかなりそうです。

とりあえず、中間試験がある複素関数論、無機化学、量子化学を中心に進めていこうと思います。

それでは、今日はこのあたりで。また明日。

遠い日の歌

ニコニコ動画で合唱曲メドレーを聴いていたら懐かしい光景が思い浮かんで・・・(涙。

旅立ちの日にとか、良い曲でした。消えた八月とかも。

カラオケに入らないかな。合唱の歌い方では歌えませんけどね。

明日はサークルの活動でバーベキュー。朝寝坊しないようにしなければ・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »