« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

決戦直前

今日は21時からココログのメンテナンスがあるらしいのでこんな時間に更新。

これから大学に行って熱力学のテストに臨むわけですが、結構微妙かもしれない。

去年の後期にもやった内容が含まれているのですが、なかなか思い出せませんね。

とりあえず基本公式だけは暗記できたと思うのであとはその場の閃きくらいしかないです。

まあ、これが終わればあとは木金の4つだけになるので気楽に挑みたいと思います。

もちろん落とすつもりはないです。それができるかどうかはわかりませんけど。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

土用の丑の日

複素関数論のテストが終了しました。

一応全部解答できたので、少なくとも可は取れているはず。

レポートでもう少し点が稼げていれば楽だったんですけどね。

これでしばらく触れることはないでしょう。

明日は4限に熱力学のテストがあるので今日から少しずつやっていくつもり。

アトキンスの演習をやっている暇はないので、原理を頭に叩き込んで演習は宿題の見直しくらいですかね。

どう考えても量子化学の時間が取れないのはどうしようか。

受験さえすれば全員再試験の権利が与えられるそうなので、一応は何とかなるんですけどね。

早いところ全部終わって欲しいです。そうすれば夏旅行まではすることないし。

とりあえず生物化学だけは死守するつもりです。

あとは野となれ山となれ。無機は結晶場安定エネルギーと点群にすべてをかけ、有機は水曜にお復習いするくらいしかできそうにないですが、どうにかなるんだろうか。

有機は基礎部分を全部取るつもりで行かないと厳しいらしいので、しっかり復習して臨みたいですね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

グリセルアルデヒド3-リン酸デヒドロゲナーゼ

001a

熱力学の勉強をするつもりでしたが、生物化学をやってしまいました。

まあ、悪いことではないんですけど。

一応クエン酸回路までは終了。あとは電子伝達系と光合成ですね。

何とか終わりそうです。が、熱力学はやっぱり不安です。

明日の複素関数論のテストが終わったら始めるつもりです。

複素関数論は直前に確認するくらいでしょう。

明日はStrikerSで気力を高めて挑みます。

風邪の方はここ2日ほとんど声を発しなかったので一応声は出るようになりました。

まだ違和感はありますが、夏旅行には間に合うでしょう。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。今日は本気でこんな事をしている場合ではないので適当です。

ちなみに上の画像はコードギアスとは何の関係もない(はず)なのであしからず。

〈コードギアス 24,25話〉
3ヶ月も待たされたのにあんまりな終わり方で絶望した!
どっかで見たような構図で銃声が響いて終わりとか・・・。続編ありきの幕切れでした。
まさかカレンがルルーシュを撃ったりしないよね・・・?そうしたらもろ運命な気が・・・。

C.C.は結局謎を話さないままオレンジと共に海に消え、黒の騎士団の方はどうなったのかよくわからない。
前者はともかく、後者はあまりに酷いですよ。どうせ失敗したんでしょうけど。
ついでに言えば、V.V.の声がウザイ。ジョイ君自重しろよ。あのCMを見る目が変わりそうです。
とりあえず、今回確実に死んだのはダールトンと井上か。
死亡フラグ立てまくっていた扇は結局不明。というかヴィレッタ強い・・・。
里美っこが「出番がない」と嘆いていた小夜子さんはやっぱりあまり出てきませんでしたが、いい仕事してました。この人がルルーシュとナナリーのメイドをしていた動機が気になるところですね。

と、色々愚痴りましたけど、結構面白かった。
スザクのウザクがいい加減にしてくれと言いたいレベルでしたが、あっちが本性ですか。
ついに姿を現した第一王子は超ヘタレ。シュナイゼルに殺されそうです。
ニーナが改造していたガニメデは、東京租界が死滅するというあたり、やっぱり核みたい。流体サクラダイトが起爆剤の模様で。

続編は秋からですね。2ヶ月か・・・・・・長いな。夏休みが終わってしまいます。
予告を見るとルルーシュとスザクが両方生き残りそうですけど、片方でも死んだらとんでもないことになりそうだ。
C.C.はどうせ出てくるとして、オレンジはアレで終わりなんだろうか・・・。
何にせよ、楽しみにして待つつもりです。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話『その日、機動六課(後編)』〉
作業内容確認。ドクターの夢にして、最重要プラン。その達成に向けての第一歩。
ナンバーズ12人中11人が本作業に参加。
騎士ゼストと召喚士ルーテシアも任意に協力。
作業内容は管理局地上本部及び機動六課の無血制圧。
聖王の器の回収は最優先、タイプゼロの捕獲も可能であれば行う。
総合管制は私、ナンバーズファースト、ウーノ。

やっと動き出した物語。
A'sで言ったら2~3話くらいですかね。ベルカ式カートリッジシステムを導入したあたり?スタッフ的には9話のつもりでしょうけど。
下地をしっかり造っていたみたいですが、いかんせん長すぎましたね。
26話だけど1クールといったノリでしょうか。

今回は戦闘がメイン。
主なのはスバルvsノーヴェ、ティンクとヴィータvsゼストだろうか。

なのはさんとはやてはほとんど戦闘せず。
はやてとシグナムは説明をカリムに任せて戦闘に向かえば良かったのに・・・。今更説明を求めるお偉いさんに絶望した。
フェイトの方はほとんど描写がなかったのでわかりませんでしたが、「次回はもう勝てない」らしい。
データをフィードバックして強化されるからでしょうか。スパロボのOVAみたいですが、そこは人間の力で凌駕するでしょうね。
なお、フェイトがスカリエッティを追っていたのは、プロジェクトFの基礎理論を構築したのが彼だからだそうで。

スバルはギン姉を失った(多分まだ生きてるけど)怒りで暴走。
ケミカルボルト刺さった勇者王みたいな暴れッぷりです。
表現がもの凄く劇場版っぽいです。
普段もこれくらいやってくれるといいんですけどね。
スバルのISはバリア貫通?なのはさんみたいなことしてますね。
マッハキャリバーは大破、スバル自身も重傷みたい。
ギン姉はデバイスごと連れて行かれたので、あとで敵として出てきそうですね。

ヴィータvsゼストはやっぱり時間切れで終了。
それにしても、ゼストが格好良すぎる・・・。ヴィータでは噛ませ犬にしかならない模様。
シグナムなら互角だろうか。
この人、負けたところはほとんど映りませんし、StrikerSになってからの風格はヴィータとは桁違い。
まあ、あくまでゼストと1対1ならば、ですけど。ハンマーと円月刀(?)では相性が悪そうですから。

エリオの零距離サンダーレイジは鳥肌が立ちました。見せ場はそこだけでしたけど。
セカンドモードは思ったよりショボかった。
エリオが生み出されたのは息子を失った夫婦によって造られたコピーだそうで。

キャロはついにボルテールを召喚。
何処が龍だと突っ込みたくなるお姿ですが、破壊力だけはさすがに神獣クラス。

久しぶりにセリフのあったザフィーラは大して役に立たず。
というか、人間形態で戦えばいいのに・・・。狼のままだと近接戦はできないでしょうに。

いつの間にか六課に戻っていたヴァイス君は幼女を傷つけたトラウマ持ちでしたが、腕は確かな模様。ルーテシアの前に瞬殺でしたけど。
今回は過去に傷を持っている人が多いですね。

戦闘はそんな感じ。
ナンバーズがいっぱい居すぎていい加減に鬱陶しいので何人か倒しちゃってくれてもいいんですけど。
そろそろフルパワーで暴れる隊長陣が見たいものです。

今回はスカリエッティ側が完全勝利。
管理局陸上本部と言う割には、護りが雑魚過ぎる。
アレでも全次元世界を管理できるんでしょうかね。
あまりにあっさり終わってしまったのが残念。
これで「負けたのは質量兵器が禁止された所為だ」とか言い出したらもっと残念です。
オーリスの立ち位置は未だによくわからず。最後のナンバーズ、他に思い当たる人がいないんですけど・・・。

次回は壊されてしまった本部の代わりを探してはやてが動く。
まあ、来月廃棄される予定のアースラでしょうね。
最後に一仕事、と。そういうわけで、誰かが艦と運命を共にしそうなのが怖いです。

それでは次回、「翼、ふたたび」にテイク・オフ!

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ペントースリン酸回路

アニメが全然見られない・・・。なのはの感想も来週になるのかな・・・?

複素関数論の勉強が予定よりも進んだので生物化学に手をつけました。

とりあえず代謝経路を大まかに確認。ペントースリン酸回路はまだですけど。

あと150ページくらい残っています。

複素関数論は留数定理の演習を少しやって終わりにして、早いうちに熱力学に移りたいところです。

アトキンスの答えは高いので買っていませんが、どっかに出回っていないかな~と思って探しても見つからず。

とりあえず授業で出された課題レポートをもう一度見直すつもりです。

有機無機量子の3つははっきり言って取れたらラッキーに近い・・・。

火曜から有機無機を始めるつもりですが、量子は時間が取れそうにないですね。生物化学とかぶっているので。

さて、何処を削ろうか。まあ、部室に行かなければ3時間くらいは作れそうなのでその時間を当てるとしますかね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

5勝1分け

生物化学1のテストは思ったより点が伸びそうになく、優は無理そうです。

残るテストはあと6つ。最後の生物化学2は必修なので落とせませんし、他も落とすと辛そうなのでできる限りは取りたいところ。

月曜にある複素関数論はとりあえず一通り確認は終了、あとは問題演習で慣れていくつもりです。

火曜の熱力学もおさらいは終了で演習へ。

それに対し、木金の4つは未だ手つかずです。

まだ余裕があるように見えるものの、生物化学に時間を割くことを考えると金曜でかぶっている量子化学は時間が取れそうにない・・・。

木曜は無機化学はともかく、有機化学ははっきり言って全然自信がないので、どういった比率でやるかが際どいところです。

まあ、差し当たって明日は複素関数論ですね。他のことは後で考えます。

とりあえず今は早めに風邪が治って欲しいところです。

だんだん声が出なくなってきて野乃さんみたいになってます。

一応パブロンを買ってきたので食後に欠かさず飲むことにします。

夏旅行までに治るのだろうか・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

デスティニープラン

Adenine、Thymine、Guanine、Cytosineの暗記がひとまず完了。

2次元の脳内お絵かきなら得意分野です。

そんなわけで、生物化学Ⅰのテストが明日の4限にあります。

平常点は全員に25点与えられるので、優をとるためにはあと55点が必要です。

この科目は必修なので是が非でも優が欲しいところです。

生物化学Ⅱはあまり自信無いですし・・・。

あとはアミノ酸の極性とpKa を覚えて挑むことにします。

ここでの結果が来週の6戦に影響しそうなので、いい結果を残したいところです。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈風のスティグマ 第16話〉

ギャグ回だったので作画が凄まじいことになっていました。

戦闘シーンが棒立ちで腕だけ分身してるとか・・・。

使い回し万歳な回でした。

次回からは長編にはいるらしい。

原作読んでないので詳しいことはわかりませんが、どういう終わり方をするのかが心配です。

〈機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 第17話〉

今回はベネズエラのギガンティックに共鳴感応。

ベネズエラはどっかの国に技術を借りてギガンティックを組み上げたみたいですが、何処の国だろう・・・。

歴史的にスペインですかね。WWWに参加していないみたいですし。

戦闘は次回始まるみたいですね。インド側の乗員の視点で展開されそうです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

さて、リトバスでもインストールしますか。

5個目は撃破

久しぶりに山に行ってきました。

金もなかったので私は普通のを頼みましたが、期待の新人はおしるこスパを完食。頑張りますね。

帰ってから今までずっと寝てました。何だか眠いんですよね。

今日で5個目のテストが終了しました。

これは理系教養科目なのではっきり言ってどうでもいいのですが、かなりの力作ができました。

次のテストは金曜4限の生物化学ですか。

とりあえず出ると云われたATGCの構造とアミノ酸を覚えていくことにします。

来週のハードスケジュールの前準備としてしっかりと終わらせておきたいです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

マジカルたん!

明日は理系教養のテスト。

テキスト持ち込み可なので適当にやります。

それよりも気になるのはStrikerSのDVD。引き取りは8日以内なのでしばらくはお預けになりそうですが、作画修正とかされてるんだろうか・・・。

付属CDを楽しみに待つことにします。

テストは来週に固まっているのに全く勉強していない気がする。

とりあえず有機化学あたりから始めますかね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ベクトル終了

ベクトル解析のテストが終了しました。どっちの意味にも取れますが、一応全部埋めたので可は取れていてほしいものです。

次のテストは明後日の理系教養ですが、これは眼中になし。

金曜日の生物科学1に力を注ぎたいと思いますが、来週は6つあるのでそっちも処理していかないと・・・。

複素関数論はともかく、熱力学、無機化学、有機化学、量子化学、生物科学2はどれもまずいです。

必修は生物科学だけなので最悪これだけは取っておきたい。

一番自信がないのは量子化学、次点が熱力学ですかね。

まあ、できる限り落とさないようにはするつもりです。

明日は複素関数論の補講後バイト。時間は振り替え自由なので、早めに行って早めに切り上げたいですね。

しばらくは熱力学の勉強になりそうです。アニメも後回し。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ガウスが倒せない、ストークスがわからない

とりあえずベクトルの勉強終了。

発散定理とストークスは理解不能。何がしたいのかよくわかりませんでした。演習も証明みたいなのしかないし。

まあ、教科書の75%は理解できたつもりなので何とかなって欲しいものです。

社会学はその場で考えて適当に書きます。単位は足りているので。

あとは最後に見直しでもするかもしれませんが、朝に備えて早めに寝るつもりです。

StrikerSとかで気力をupさせて挑みます。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

なのはは本気で超縮小のうえに箇条書き気味。時間ないです。まあ、後編にまとめて書くかもしれませんが、来週はもっと忙しいので未定です。

〈ハヤテのごとく 第17話〉
いつもよりパロディネタが割り増しでしたが、そんなものを押しのけて最強のインパクトを与えてくれたのは、切断面が一定なのにどんどんキレていくキャベツ!
何だかその印象しか残ってない・・・。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話『その日、機動六課(前編)』〉
前回の戦闘機人戦以降、緊急出動はなぜだか全然なくなっちゃいました。
六課に出向してきたギン姉と一緒に、私たちは訓練訓練また訓練の日々。
ヴィヴィオも元気に笑うようになって、なのはさんも何だか嬉しそうで。
フォワードチームも副隊長達もみんな凄く元気。
なんか、どんな事件が来ても絶対無敵!な気がするんだ。
だから父さん、私たちは大丈夫ですよ?
じゃあ、またメールするね。 スバルより

今回のアバンタイトルはスバルが担当。
もの凄く何かが起こりそうなフラグが立っていますね。
実際に大事件が起こるわけですが・・・。
StrikerSになってアバンがあらすじと予告を兼ねるようにもなりましたが、個人的には無印やA'sのように詩的な方が好き。
まあ、こういうのも良いですけど。

カレルとディエラが初映像化。エイミィさん似ですね。

今回は管理局の杜撰な警備体制が明らかに・・・。緊急事態への対処が遅すぎますよ。電子の妖精を呼べ。
デバイス持って入れないとか、何のために中に入るのかわかりませんよ。デバイス無しならシグナムとかシャッハが強そうです。なのはさんが神速とか使えれば別ですが・・・。
外の警備員もガジェットが来たら逃げ出すし・・・。
「管理局の防御は鉄壁だ」とか自信満々なのがまた笑える。あなたの顔映ってますから。

休日前編で前振りがあったヴァイス陸曹の過去がついに明らかに。昔は凄腕のスナイパーだったそうで。
ティアナ庇って死にそうですが、狙撃の腕前が見られるときが来るんだろうか・・・。ストームレイダーが変形して放題になったりはしませんよね?

ついにゼストの旦那が戦闘に参加。武器は槍ですか。てっきり大剣かと・・・。
ゼストはレジアスと因縁があるみたいですけど、レジアスが元犯罪者を毛嫌いしている理由と関係があるのかな?ありがちですが、娘とか妻が原因だったり。
ユニゾンゼストは良くある明鏡止水な色?
対戦相手のヴィータは甲冑が白く、瞳の色がユニゾンはやてと同じに。
ここはお互いに足止めして終わりでしょうね。
フォワード陣は結構厳しそう。スバル以上に電童してる奴もいますね。
スバルは戦闘機人のプロトタイプらしい。
捕獲対象3体と言っていましたが、やはりティアナが眼中にないのかな。
キャロはサウンドステージ02でボルテールが神獣とか言われていましたから、かなり強そうですし、エリオはプロジェクトF絡みで確定。
残るはスバルかティアナということになりますが、ここは正直微妙。
プロトタイプはいらないか、それとも自称凡人はいらないか。悩みます。

アスクレピオスの限定解除には驚かされました。
どうも戦力的に劣ると思ったらそういう経緯でしたか。
本局の方を引っかき回したあとに六課本部に向かうそうで、こちらは次回か?

「ヴィヴィオの好きなキャラメルミルク」はサウンドステージ02で出てきましたが、このネタはヴィヴィオが敵の手に堕ちたりしたあとに再び出てきそうですね。Gガンの「お前が欲しい」みたいな場面で。

次回は8話の作画再び?
キャロが空鍋楓に見えてしまいましたが、ああいう場面ならあの作画も冴えそうですね。
展開的にヴィヴィオが連れ去られそうですが、アイナさんはどうなるんだろうか。そして、ザフィーラに活躍の機会・・・いや、セリフはあるのだろうか・・・。
今までの流れから行くと六課本部壊滅でヴィヴィオ拉致→アースラに本部を移して最終決戦といった感じになりそうですね。
伏線をばらまきまくっていますが、全部回収できるんだろうか・・・。そこが不安です。
それでは次回、『その日、機動六課(後編)』へテイク・オフ。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

音夢い

今更ながら辞書に登録。本当に今更ながらです。

今日は補講の後にバイトへいったので、ベクトルの勉強は全くしてません。

時間はあったはずなのになぜだろう・・・。

まあ、帰ってきてからしばらく寝ていた所為でしょうかね。

社会学とベクトル解析のテストは月曜日ですが、明日一日で終わるだろうか・・・。


音夢の声はPC版が鳥居花音さん、アニメが野川さくらさんでしたけど、最近のPCは安玖深音さんになっているみたいですね。

私としてはさくらが桜に変わったという印象しか受けませんでしたけど、濃ゆ~いファンの方はどうなんだろう。

個人的には2人とも好きな声優さんです。

ちなみに「さくら」は綺堂、「桜」は八重ということで。

何だかさくらばっかりです。D.C.P.Cは現在さくらルートですし。

他にも何かあるかもしれませんが、不毛なのでこの辺で。

最近アニメ見られてないな~と思いつつ、何を見ていたか自分でも忘れている始末。

REIDEENとかここ一ヶ月くらい見てませんし、鋼鉄三国志も止まってます。

もう剪ろうかな。REIDEENはジーグやダンクーガに比べるとどうも・・・。鋼鉄三国志はそもそも視聴層が違う気がする。

まあ、テストが終わって気が向いたら見ますよ。それまでは週20本くらいに抑えてまったりと行くつもりです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

目覚まシスターズ

StrikerSの目覚まし買ってきました。

思ったよりもはやて達のセリフが長くて嬉しい限りです。

早速明日からローテに加わってもらうことにします。

昨夜はスカイガールズが終わるまで起きていたので例の如く眠いです。

金曜の講義は今日で終了し、講義はあと月曜日のみ。

まあ、明日は10時半から量子化学の補講があるわけですが・・・。

バイトもあるのでしっかりと寝ておきたいものです。

それでは、早いところアニメ感想にいきます。

〈ムシウタ 第3話〉

何だか今回は場面の切り替えが下手でしたね。

しょっちゅうフェードアウトしてテンポが悪い・・・。

未だにわからない単語が連発されるので、見ている方がグダグダしてしまいそうです。

とりあえず来週は一人死にそうです。

みんみんは二重スパイということでいいのだろうか・・・。

〈スカイガールズ 第3話〉

早くも一条さんがデレた。

適合率がギリギリとかいう話をしていたので、落ちることはわかっていましたけど、助けられてあっさりデレるとは思わなかった。

まあ、その方が雰囲気が暗くならなくていいですけど。

音羽の才能の片鱗を見ることもできましたが、原因は何なんだろうか。

弟と関係がありそうですが、まだ不明。鬱な展開だけは勘弁です。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

つよくなれたのは、君と邂逅えたから

講義室の机に書いてありました、ギガンティック・フォーミュラのキャッチフレーズ。

一体誰が書いたんだろう・・・。サークルの人かな?

今日も9時までサークルにいてその後QMAに行ったので帰宅した時間は11時。

テスト勉強はもちろん進んでいませんし、アニメも見られていませんね。

あと4日か・・・。間に合うのだろうか。

明日はアニメイトまで目覚ましを取りに行かないといけないので忙しそうです。

どんな声が収録されているのかが楽しみです。

これで目覚ましは普通のを含めて4つ。

一番使っているのはフィリス先生と久遠のもの。同じ人ですけどね、声優さんは。

あとは携帯ではやての声とか、休日用になのフェイ目覚ましとか。

普通の目覚ましは全く使っていません。いきなり鳴られると心臓に悪いので。

原始的な音なので目は覚めますけどね。

絶対に起きる必要があるときにしか使わないでしょう。

もっとも、そんなときはないでしょうし、はやてとフィリス先生の声で起きられないときは相当重症なので大学なんて行けないでしょう。

明日も2人と1匹に頼ることにします。

それではこのあたりでアニメ感想に。

〈機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 第16話〉

真名さんの過去と、先代のパイロットとトランスレータである眞人と神名のお話。

今回明らかになったことはあまりありませんでしたが、ジュピター2の無尽蔵のエネルギーーはずるいですね。

電磁雲からもエネルギーを集められるとか・・・。

ラスボスはこいつかUNの石像になりそうですね。

次回はベネズエラのギガンティックが動く模様。

これでインドが出てくれば全部のギガンティックが出そろうことになりますね。

次に消えるのは何処だろうか。

BAMBOO BLADEとダ・カーポⅡのアニメがが今秋から放映開始するらしいので、楽しみです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ヴィヴィオかわいいよ、ヴィヴィオ

昨夜はStrikerSのサウンドステージ02を聴き、3時近くまでD.C.をやっていたので眠い・・・。

まあ、テストは無事に終了しました。15分くらいで。

3択だと思っていた文法が穴埋めだったので焦りましたが、8割くらいはできているはず。

英訳もそれなりにできましたし、作文も一応書いたので単位はくれるでしょう。

テスト当日に休むような教授に落とされたくないです。

次のテストは来週月曜1限の社会学、はその場で考えるとして、マジメに挑まなければならないのは3限のベクトル解析ですね。

微分方程式の方は単位が取れそうなので、こっちも取りたいものです。

両方取らないとまた両方とも取り直しですからね。面倒なのですぐに終わらせたいです。

とりあえず外積まではOK。あとはストークスとかナブラとかを覚えればいいでしょう。

あと2日くらいで終わらせて次の生物科学の復習に移りたいものです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

まずは2勝なの?

とりあえず微分方程式と分析化学のテストが終了。

意外と簡単で両方とも7割くらいはできたつもりなので単位は大丈夫そうです。

それが終わってホッとしたのか、帰宅時間が23時・・・。

明日の1限にある英語のコミケがピンチです。

教科書の暗記なのに勉強時間は零。作文は全く用意してません。

まあ、作文はどうせ持ち込み不可なので実力で。

教科書の暗記はスパロボラジオを聞きながら済ませます。

なぜコミュニケーションの試験なのに文法と作文しかでないのかは不明ですが、個人的には不利です。

リスニングと長文読解しかできませんからね。

作文は講義で見た映画の主題もしくは映画を見た上での「友情」について100語程度で書くというもの。

日本語だったら原稿用紙2枚くらいはかけますけど、英語だと辛い。

内容は明日のテンションで決めます。ノリノリだったら主題は「ツンデレ」で。

でも、ツンデレのスペルがわからないんですよね。

まあ、語数は適当に引き延ばして書けばOKでしょう。あとは単語がその場で思いつくかどうか。

とりあえず、出席だけはしっかりしていたのでお情けはもらえそうです。

目指すは優。一夜漬けで乗り切ります。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

咳をすると口から桜の花びらが

勉強しなければいけないのに、ニコニコでいろんなアニメを見てしまった・・・。

らき☆すたとかね、昨日あのゲームをやったばかりなのでもの凄く吹いた。

ああ、明日は分析化学と微分方程式の期末なのに・・・。

一応一日漬けで分析化学を叩き込みましたが、今度は微分方程式を忘れていきそう。

とりあえず1限の分析化学を詰め込んで、3限の微分方程式は2限のうちに復習することにします。

だめな大学生の典型ですね。まあ、単位落とす気は更々ないですけど。

それでは今日はこのあたりで。アニメ感想は時間がないのでスルーで。ではでは、また明日。

十元連立非線形偏微分方程式

未だにイメージが湧かない「十元連立非線形偏微分方程式」。

何に使うのかすら不明です。

こんなタイトルになったのは、明後日の微分方程式の期末対策をしていた所為でしょう。

4時間くらいで詰め込みましたが、授業を聞いていた意味がほとんどない気がしてきました。

こんなにすぐに終わるのならGWあたりに制圧してしまえば良かったと思ってももう遅い。

明日は同じく火曜日にある分析化学を詰め込みますが、こっちは大変そうです。

今日みたいにスパロボをやっている暇はないかもしれない。

OGsは現在27話「超音速の妖精」までクリア。

トップエースは相変わらずレオナ、次点はラトゥーニ、その後タスク、アイビスと続きます。

アイビスとタスクの差は次の話で逆転するつもりなので、ついにレオナ、ラトゥーニ、アイビスが並びそうです。

もう負け犬とは呼ばせない。

スレイとの一騎打ちではソニックカッターフル改+超高性能電子頭脳+鋼の魂+勇者の証(多分)で圧勝でした。

これで勝てぬようなら貴様は無能だ。(byシャア)

その後はアルテリオンに乗り換え、換装武器で固めて暴れてもらっています。

レオナは相変わらずなぜトップなのかわからぬまま。ダントツです。

ラトゥーニはゴスロリオンに乗り換えたばかりなのでまだわかりません。

ゴスロリーズにシシオウブレード1本ずつ持たせるのもありかな、と。

妙に禍々しいですけど。ブーストハンマーは特に。

何にせよ、キョウスケにはもう少し頑張ってもらいたいところです。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第15話『Sisters&Daughters』〉
「戦闘機人、それは人の身体に機械を融合させ、戦闘能力を飛躍的に高める研究。
しかし、成功例の少なさや、人道的理由をはじめとする様々な問題点から研究は中止され、ついにはその存在そのものが禁忌とされた。
今回機動六課が担当する事件に戦闘機人が姿を現し、私たちは事件捜査へのさらなる協力を申し出た。
戦闘機人事件は、私たち家族にとって重要な意味を持つ事件だから。  陸士108部隊ギンガ・ナカジマ」

今回のアイキャッチは、名前が出ているようにギン姉でした。
ナカジマ姉妹の母親の死に大きく関わっているらしい戦闘機人。
その事件が何年前に起こったのかはまだ語られていませんが、それによってスバルの立ち位置が・・・。少なくとも空港火災以前なのはわかっているんですけどね。
ともかく、思ったよりも確信に近い位置にいるスバルはこれから覚醒イベントがありそうです。

ギンガとマリィことマリエル・アテンザが陸士108部隊から機動六課に出向。マリィさん、気を抜くとすぐに名前を忘れてしまいそうです。
訓練はギンガとスバルの模擬戦がメイン。
ギン姉が圧倒的に押しているようにしか見えませんでしたが、意外とスバルも健闘していた模様で。
何にせよ、衝撃で木がなぎ倒されていくのは圧巻。あの林もシミュレーターなんだろうか。
両者好き勝手にウイングロードを生成しながら打ち合ってギン姉が勝利。
途中でブレイクフィールドみたいなのが出ていましたけど、あれはいったい何なんだろうか・・・。
とりあえずスバルはもの凄く合格だそうです。
フォワード陣対前線隊長陣の模擬戦も見てみたかったんですが、尺の問題からか全部カット。
一応、結構惜しいところまでは行くみたいですね。キャロが凄くちっちゃく見えるのは多分気のせい。

ヴィヴィオは相変わらずカワイイ。そして礼儀正しい。2人の子供か~と一瞬納得してしまうマリィの気持ちもわからんでもない。
2人のママの教育方針の違いが出ましたね。フェイトは相変わらず甘~く、なのはさんはやっぱり厳しい。
さすがにピーマンは2人とも残させない方針みたいですけど。
「しっかり食べんとママ達みたいな美人になれんよ?」というはやての言葉に動きを止めるキャロ萌えです。ニンジン嫌いなんだろうか。
あそこはエリオ君に「あ~ん」すれば良かったかと。
ついでにリインも可愛いですよ~。
生まれたばかりの頃を見てみたい。はやてすらもフォローしないところを見ると相当なものかと。
ただ、残り話数を考えるとそれも難しいかな。コミックで補完する可能性はアリですけど。

スバルとギンガはクラナガンの医療センターで健康診断。
明らかに伏線です。2人とも身体に機械が埋め込まれていたりするんだろうか。
というか、笑顔で締めくくったギン姉が危険だ・・・。
隊長陣はまだ大丈夫そうですが。

レジアスが開発を進めさせているアインヘリアル。
3号機まで開発が進んでいる地上防衛兵器だそうですが、敵の手に落ちて攻略困難な要塞になるに違いない。
オーリスは「過ぎた力」といっていますが、この人の立ち位置もまたわからなくなってきましたね。敵か味方か。
元ネタは北欧神話で「戦死した勇者の魂」を意味するエインヘリャルでしょうね。
カリムの預言に出てきた「死者達は踊り」のフレーズにも合致する気もします。機械だったらルーテシアに踊らされそうですし。
やたらと偉そうな最高評議会はEVAを想起させますね。
最後に「何も問題はない。・・・ない。」と言っていた声に機械的なものが感じられましたが、アレはMAGIみたいなものだったりしませんよね。さすがに人か。

意外と少なかったナンバーズの描写。
こっちは着々と準備を整えているようで、ナンバーズが全員そろい踏みする日も近そう。
2番と5番は既に任務中だそうで。
やっぱりオーリスなのかな?もう一人は・・・・・・アイナさんくらいしかいませんけど。
名前対して無頓着なスカリエッティ陣営。
この作品において、名前は物語の鍵となってきているんですけどね。
顕著なのは「なまえをよんで」と「聖夜の贈り物」ですか。この2話なくしてリリカルなのはは語れない。
そして、そこがあちら側とこちら側の違いだといいたい。セインは途中で何かに気づきそうですが。

そして、EDがゆかりんの「Beautiful Amulet」に変更。
またもや珍しい曲調です。作品にはあっていますけど。
それよりも、最近なのは系サイトで話題の9×19が公式で見られるとは・・・。
懐かしき幼なのはさんです。

次回予告を見るとリンディさんにセリフがありそう。
このあたりから物語が加速していくはずなので、OPもそろそろ変わりそうですね。
それでは、次回「その日、機動六課(前編)」に、テイク・オフ。

テスト前なのでリリなの感想は短めです。時間がないので・・・。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

超やりこみ派

ケロロ軍曹を見てたら関俊が「ボク、参上」とか、中田譲治が「いーじゃん、いーじゃん、すげーじゃん」とか言ってた。

題名は電車の王様。略して電お・・・。


OG2でホワイトスターの四天王を撃破したら超やりこみ派とか言われました。

まあ、4時くらいまでひたすら殴り続けてたしな~。本当に時間の無駄でした、ハイ。

今日は昼に起きて15時前からバイトへGO。本当は夕方からだったのですが、雨強くなりそうだったので早めに帰ろうかなと。

その後はスパロボやったり微分方程式の勉強したり。

とりあえず2階線形微分方程式の同次形までは終了。

あと半分くらいだろうか。いざとなったら適当に関数を放り込んで答えを見つけることにします。つまり運次第。

まあ、最善は尽くすつもりです。月曜朝になのはで気力を高めて一気に・・・というのが理想ですが、一応前々から準備はしておかないと。

分析化学もあるので、忙しい週末になりそうです。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈ひぐらしのく頃に解 厄醒し編 其の壱〉

どん底だった前回とはうって変わって、今回はほのぼのパート。

冒頭でダーク梨花ちゃまが思いっきりネタバレしていましたが、まあ、見ている人はわかってるよね。

なぜか詩音が転校してきており、雪野五月さんお疲れ様ですが、それ以外は祭でやったのと同じ。オチまで同じ。

入江も登場し、空気を読む気のない三四さんも健在。富竹も一応登場。

ここまで見るだけでも今までの世界とかなり違っている気もしますが、一番の違いは雛見沢連続怪死事件の詳細を魅音達から聞いた圭一が「気にすんな」と流したことでしょう。

まあ、まだ始まったばかりなので、大災害でゲームオーバーになりそうですけど。

何にせよ、今回は梨花ちゃまが色々喋ってくれるので世界観が掴みやすそうです。

話し相手が誰なのかまだわかりませんが、羽入とかいう人なんだろうか・・・。

ニコニコはネタバレがあるから怖いです。ワインが何処にあったのかは誰も突っ込まないのに。

次回は「前原圭一の暴走」野球のお話。

沙都子のトラップに大いに期待ですね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

サマスペ完成

サマスペというのはうちの同好会で夏につくっている会誌のことです。

去年よりも自由記載欄が広かったので何を書くか迷い、ひたすら気持ちをぶつけた感じになりました。

かなりイタイ気がしますが、書いてることはこのブログとあまり変わらないので問題ない。

でも、他の人がどんなことを書いているのか全く情報がないのは怖いですね。

印刷がいつになるかはわかりませんが、それまでドキドキです。

そして、自分の書いた中に誤字脱字がないかドキドキ。

何回か見直したので大丈夫そうですけど、それでも不安なのは受験の答案と変わらない。

久しく忘れていた感覚です。

そんなこんなで、会誌に時間を費やしていたのでアニメはほとんど見られず。

まあ、テストが終わるまではこんな感じでしょうね。早く終わって欲しい。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈ムシウタ 第2話〉

前回、電車の前に飛び出した主人公は何事もなかったかのように気になった女の子の前へ着地。

一体何が起こったのだろうか・・・。

駅員に呼び止めらたので詩歌の手を取って逃走。

変な人にしか見えません。

そのまま放課後デートに誘ってOKくれる詩歌もどうかと思いますが、人との関わりに臆病になっていた所為もあるんでしょうね。

いつか自分がいてもいい場所が見つかることを願いながら、ムシに憑かれたために日常から切り離された詩歌。

姉の置き手紙にはこっちが泣いてしまいますよ。

思いっきりミンミンが監視していましたが、彼女がふゆほたるだということを知っているんでしょうかね。

まだイマイチ世界観が掴めませんが、ダークなゆかりんもグッドです。

〈スカイガールズ 第2話〉

ソニックダイバーとか、いろいろネタにされそうなタイトルです。

テストパイロットは全部で3人らしく、今回で全員集合。

静御前演じる一条さんが凄くフラグ立てていましたが、デレる日は来るのだろうか・・・。

ソニックダイバーの実習は次回におあずけでしたが、パイロットスーツだけは登場。

ナノスキンだそうですなの。ナノスキンって、Gジェネを思い出しますね。こっちは自己再生能力なんてついていませんけど。

可憐の知識が役に立つ日はいつ来る事やら。

黒幕っぽい人も登場し、「ファイナルエンカウンター」という単語が飛び出しましたが、誰を指していたのかは不明。

まあ、多分音羽でしょうけどね。他の2人だったら敵に回る可能性大ですな。

なんにせよ、次回も楽しみです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

馬謖の罠

ブログのテンプレに新しいのが追加されていたので変えてみたのですが、背景色が違うので白字だと伏せ字にならない・・・orz。

なので、下の方の日記はアニメ感想がそのまま表示されています。

結構古い気もするのでネタバレにはならないでしょうが、気にする人はご注意を。と言ってももう遅い。

まあ、孔明の罠と言うほどでもないので馬謖で。

ちなみに昼と夜で絵が変わります。

次は秋あたりに新しいささむーが出るのではと予想しつつ、出たら変えます。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 第15話〉
シーンごとにキャラクターの顔が変わるのは未だに慣れない・・・。
統合防衛本部(?)は何処と繋がっているのかよくわかりませんが、ロクなところではなさそうですね。
アメリカのジュピターⅡはもはや笑いしか起こらん。
何処の魔王ですか、そのマント。そしてパイロットはターミネーター玄田哲章。
武装はATフィールドとサンダーフォール、デスボールか。
まあ、アメリカがむやみに強いのはわかっていますよ。Gガンでは大したことなかったけど。
どこら辺が紳士的なのかは知らんが、アメリカの物量はやばいな。
アメリカが警戒すべきといっていたのはやはりロシアなのだろうか。ヘラはゼウスの姉であり正妻ですからね。意外と恐妻家だったりするんだろうか。

次回はスサノヲの過去が語られそう。例の2人のことも色々明かされそうですね。

〈CLAYMORE 第15話〉
何だかだんだん気に入ってきました、この作品。
正体を隠すために低い声で演技する桑島さんにビックリ。さすがにプロの方は違いますね。
組織から隠れつつラキを探すクレア。
訪れた街に来ていた討伐隊の一人が瀕死で帰ってきたので助勢にいくことに。
覚醒者の声、水樹奈々さんじゃないですか。相変わらず一回限りっぽいキャラの声優陣が凄いな。
ドンパチやるのは次回の模様。楽しみです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ツンデレ英会話

今日、英語の講義で恋愛ものの映画を見たのですが、そこでヒロインが「I hate you. ...I really hate you!」といいながら抱きつくシーンがあったのですが、脳内で「アンタなんか・・・アンタなんか大っ嫌いなんだからね!」と勝手に変換されていました。

もうヒロインの泣き声まで勝手に補完してました。

慣れって恐ろしい・・・。さすがに感想にツンデレと書くわけにもいかず、無難にまとめましたが、いつも退屈な英語に時間で僅かばかりながら楽しみことができました。

少し得した気分です。


帰宅後、少し眠かったので軽く横になるつもりだったのでに気づいたら1時間半以上・・・。

水曜は眠いのがデフォなのだろうか。2限と3限はずっと寝てたのに・・・。

テスト勉強は進みません。

微分方程式は全く手をつけられていないし、明日はバイトだし・・・。

週末の連休に頼るしかなさそうです。アニメ消化はしばらくお預けですかね。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈CODE-E 第2話〉

巫のセリフは端から聞いているとマッドサイエンティストにしか聞こえない。

壮絶な鬼ごっこのあと、研究に協力することに。

これでやっと話が動き出すんですね。園美の嫉妬に注目でしょうか。

〈ドージンワーク 第2話〉

電車の中で「エロ本落としましたよ」は酷・・・。さすがS。

なじみは人生初のエロゲを買ったものの、それが周りにばれそうになった暴走、結局友人にはばれる、と。

すっかり萌えキャラですね。

君望やマブラヴ、デモンベインが出てきたことにビックリ。アージュとニトロプラスだったっけ・・・?他のゲームはわかりませんでした。

なじみの同人誌制作への道はまだ遠いらしい。

未だに画材も買っていませんが、同人誌作りはBパートと連動したりするのかな?

Bパートでは2人の画力を量るためにお絵かき大会。

リアルブルマ君には笑わせてもらいました。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ペルゼイン・リヒカイト

ドージンワークを見るために早く寝ようと思ったらココログがメンテナンス中で投稿できず、結局こんな時間に。
臨時メンテナンスは敵ですね。結局1時間も延長されたし・・・。
まあ、フリーなんで仕方ないんでしょうね。
わざわざお金払うのはちょっと・・・。機能的にはあまり変わりませんからね。
スパムコメントフィルターも搭載されたのでフリー万歳です。
あとは追記機能があればいいんですけどね。そこまで贅沢もいってられません。もしかしてもうあったりするのかな?

節約のために先週から一週間同人誌購入を断っていました。
効果は不明。この時期は新刊もありませんからね。
まあ、今日その禁をといてネット通販にいったわけですが、普段なら1500円分注文しているところを今回は735円で済ませることに成功。
つまり2冊斬ったわけです。
人から見たら小さな一歩かもしれないが、私にとっては大きな一歩でした。
そんなお話。

それではこのあたりでアニメ感想にいきますね。

〈瀬戸の花嫁 第14話〉
ストーリーが一段落したのでOPがマイナーチェンジ、EDも変更。
魚人はネコが苦手と言うことで子猫を連れた永澄が暴走。
エラ呼吸三兄弟ってそんな大層な肩書き持ってたんですね。親衛隊って・・・。
それにしても、相変わらず良くわからんテンションで突っ走っています。
次回、ついにアマゾネス出現フラグか。

〈アイドルマスターXENOGLOSSIA 第15話〉
いきなり黒化春香登場、と思ったら千早の妄想でした。
まあ、わかってはいましたけど、こういうのもアリかなと。
展開的には主任が倒れてインベルが暴走して整備班が暴走して・・・。
最後はプラスチック爆弾で基地の床を爆破してインベルの動きを止め、暴走の原因となっていたキーを超音波診断機で破砕してめでたしめでたし。
今回は春香の活躍機会無し。

〈もえたん 第1話〉
このアニメ、すべてのノリをアーくんが握っている気がします。淫獣がここに・・・。
あとはアホ毛のもの凄い動きに注目。
どう見てもネタアニメですが、想像以上に面白いかもしれない。
今回の英会話レッスンは3つ。
結構際どいネタでしたが、元がもとなので・・・ね。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

時間の浪費だ

Byuuuuuun!ワープで・・・と続くわけですが、講義後になのドンをやってQMAを観戦していたら帰宅時間が11時50分過ぎでした。

慌ててブログ更新中です。

とはいえ、書くことも特にないんですよね。

らき☆すたやゼロの使い魔は見ましたが、時間がないので感想は後日。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

NHKの受信料、改めてみると高いな

サークルで夏につくる冊子の個人ページをつくっていたら空が明るくなっていました。

というか、公明党が演説を始めてましたよ。そしてその内容に絶望した!

まあ、完成したので良しとしますか。久しぶりに熱くなったとさ。

結局今日起きたのは5時過ぎ。8時間くらいしかねてませんけど。

今週からはバイト、来週からはテストが始まるので、こんなにゆっくりできるのは最後になりそうです。

そんなわけでスパロボはあまり進まず現在17話くらい。

分岐直後なのでレオナがトップエースです。声優補正かかってます。

そういえば、コードギアスはMBSの7月28日が最速らしい。エンコ職人に期待しますかね。

それでは、このあたりでアニメ感想にいきますね。

〈さよなら絶望先生 第1話〉

ポロロッカ星人w

絶望した!と言わなければならない気がしていましたが、思ったよりも面白い。

ニコニコでツッコミを入れつつ見ていたせいかもしれませんが・・・。

黒板ネタは学園ものの定番と化しているのだろうか。

ニコニコだと字が小さくて解読が困難な上に、向こうも読ませる気がないらしい文章があったり・・・。どっかの牛肉店のネタとか。

それにしても、東北の野球チームの「毛」ネタは結構危なそうですね。

1クールで撃ち逃げする気だろうか。

まあ、時事ネタなので少し旧くなってしまっている感は否めない。

可符香は思ったよりも藍ポンの声が合っていますね。

他キャラはまだあまりスポットが当たらなかったので次回以降に期待ですね。

多分次回も見ます。

〈ぽてまよ 第1話〉

一番驚いたのは男子もセーラー服だったところだろうか。珍しい。

ほのぼのしつつ、クスクス笑いがこみ上げてくるような、微笑ましい作品でした。

何だか温かい気持ちになれますが、オチがわかりやすいのが少し残念か。

何にせよ、ひだまりスケッチのように日々のストレスを癒してくれそうです。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第14話 『Mothers&Children』〉
ひとりぼっちの切なさと、普通と違うことの寂しさ。
きっと、みんな知っている。
大切な人がいて、いろんなものを分け合えて、支えてもらったから。私は今ここにいる。
だけど、魔法の力以外で、戦うこと以外で、私は何ができるんだろう。
行き場のない小さな瞳に、私はどう答えればいいんだろう。
魔法少女リリカルなのはStrikerS、始まります。

今回のアバン担当はなのはさん。
士郎の事故のあと、なのはさんがひとりぼっちで過ごしていたのはよく知られていることですね。異常なまでに精神年齢が高かったのはこれが元になっていたらしい。
はやてもヴォルケンズが来るまでは一人で過ごしていたわけですし、フェイトもアルフがいたとはいえ孤独であったことに変わりはない。
新人達もみんなそういう過去を持ってますね。
そして、普通と違うことの寂しさも知っているから、ヴィヴィオのために何かをしてあげたい、ヴィヴィオの眼差しに答えてあげたいという気持ちが痛いほど伝わってきます。
あまり無茶はして欲しくないところですが・・・。

ヴィヴィオはなのはさんとフェイトの間で寝ているようですね。
サウンドステージで「なのはとヴィヴィオ、ベッドで」とかいった感じのトラックがあったので、同人のネタになるな~と思ったら先にアニメでやりましたか。
ヴィヴィオもフェイトも抱きつくものが近くにあるとそのまま抱きしめて眠るみたい。川の字も含め、大変微笑ましいです。
壁にはなのはさん達の写真が貼ってありましたが、DVDのパッケージのはどうやって撮影したのか不明。魔法の力ってすごいです。

とりあえず事件も起きていないので訓練再開。
ストラーダのセカンドモードはティアナのダガーモード以上に変わるらしいのですが、詳細は全く明かされず。
元が槍なんで変わりようがない気もしますが・・・。サンライトハートみたいに展開するのかな。
スバルが過激というくらいなので、相当過激なんでしょう。楽しみですね。

ヴィヴィオはユーノと同じ声とは思えん・・・。水橋かおりさんのこういう声って聞いたことほとんど無いんですが、可愛すぎますよ。「・・・あさごはん?」とか、「おはよ~。」とか。
昼間は寮母さんとザフィーラが見ていてくれるみたいですね。
ザフィーラは相変わらずセリフ無し、寮母のアイナさんはカリムと同じ声ですか。
ヴィヴィオの本当のままが見つかるまで、なのはさんとフェイトがヴィヴィオのままになることに。
なのはが保護責任者、フェイトが後継人だそうで。
ちなみにエリオとキャロの場合はフェイトが保護責任者でリンディが後継人。

クロノとヴェロッサの会話は狙っているとしか思えん。京アニの陰謀か。
ヴェロッサは相変わらずのやり手らしく、内密にゲイズ中将の周りを調べていたとのこと。
写真の顔がひどすぎるものの、企業や政界とのパイプも太く、最高評議会の覚えもいいらしい。一応地上の正義を司る人間ですからね。牽引力もあるようで。
砕けたヴェロッサとは対照的に緊張しているティアナは微笑ましい・・・。
ヴェロッサはティアナにはやて達と人間らしい、つまり女の子らしいつきあいをお願い。
確かに軍という組織の中では記号的な関係になってしまいますからね。
早速昼食に誘うあたり、さすがティアナです。

ライトニングは現場検証へ。
あの事件からまだそれほど経っていないんですね。ヴィヴィオの打ち解けが早かったんでしょうね。
ここでフェイトさんから歴史の授業。
質量兵器とは魔力を使わない兵器のことだそうで。
つまり私たちの世界で使われている兵器と言うことですね。
禁止されたのは150年前だとか。その頃から管理局は次元世界の始め、本局と地上本部が置かれたのが75年前。
三提督はこの時代に管理局を切り盛りしていたらしいですね。それなりの地位にいたことが予想されますから、3人とも100歳は超えてそうですね。
ミッドの平均寿命とかはわかりませんが、医療技術はかなり発展しているので、100歳くらい普通なんでしょうか。
フェイトまで自己犠牲な発言をしたことで、結局みんな変わらないと。
ヴェロッサも「はやては生き急ぎすぎている」と気づいているわけですから、大丈夫そうですね。
むしろクライドと同い年になったクロノが危険だ・・・。クラウディア、沈むんじゃないかな。
翌月に解体が決まったアースラはきっと沈みますね。

陸士108部隊ではゲンヤ達がナンバーズについて話し合い。
マリエル・アテンザって、マリィですよね?初めて本名を聞いた気がする。
彼女の話によればナンバーズは最新技術をつかった戦闘機人(?)だそうで。
ギンガ達の母親が亡くなったのも戦闘機人が原因だったそうで。
初めて顔が出ましたね。スバルよりもギンガに似ています。

タイトルの「Mothers&children」の通り、母と子がメインでしたね。
なのはさんとフェイトさんとヴィヴィオ、エリオとキャロとフェイト、ナカジマ姉妹とその母・・・。
次回は「Sisters&Daughters」ということで、ナンバーズにもスポットが当たりそうです。
というか、次回予告はギン姉とフェイトか?
ついにシグナムも訓練に参加しそうです。

それでは、次回「Sisters&Daughters」に、テイク・オフ!

それでは今日はこのあたりで。また明日。

星空の狂詩曲

タイトルは「狂詩曲」の読みがポイントかも。というか前半は関係ない。

あらためてみると名古屋の空って汚いですね。曇っているのありますが・・・。

さて、今日は七夕。まあ、祭りをするのは7日の早朝だそうですけど。

そして、太陰太陽暦によれば8月19日。

まあ、今日も清水あたりで祭りをやってるんじゃないですかね。

笹の葉っぱなんて手に入りそうになかったので何もしていません。

地元なら近くに生えているところがあるんですけどね。

もしかしたら大学のどこかに生えているかもしれません。農学部の森とかに。


七夕といえばベガとアルテア?

地球から25光年と16光年離れているらしいですね。さる業界の一般常識だそうで。

ついでに言えば12285年後には腕を組んでそびえ立つあの巨大ロボットが帰ってくるらしいですね。重力って怖い。

気のせいかもしれませんが、7月7日が誕生日のキャラクターって多いですよね。

柊姉妹とか、環姉とか。確かルリルリの誕生日も今日だったかな。

ハピレスにふみつきさんとかいるのかな。存在したら誕生日は今日でしょう。でも確か、10月までは全員いたような気がする・・・。

そして個人的に忘れてはならないのは春原七瀬嬢。

あのなのはさんの前世になるかもしれなかった御方です。

作品感の繋がりが強くなりすぎるとかでその設定は没になったみたいですけど。

というか、このキャラクターを知っている人自体そんなにいない気がする。

まあ、私もなのはを見なければ出会うこともなかったでしょうけど。

詳しくはとらいあんぐるハート参照。

ああ、もう一度とらハをはじめたくなってきた・・・。


今日は補講があったのでアニメを見ている暇はなく・・・。

まあ、もえたんイブがありましたが、あれは痛い・・・。

来週から始まる本編には期待しています。

でも、下宿には3しかないんですよね。1,2は家の本棚で眠っています。

ありがとう、moetanⅡ。受験のときはお世話になりました。おかげで英語は楽勝。

これから大学受験する人でもえたんを使う人がいたら、迷わずⅡをオススメします。

というか、1と3ははっきり言ってきついです。

逆に言えばⅡを極めれば大学受験レベルの単語ならOK。体験者は語ります。

・・・なんだか話が逸れてきましたが、もえたんのアニメは楽しみです。

見所は臍だそうで。私は魔法少女なゆかりんとニコニコの職人さんに期待です。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

「今日一日、せめて明日一日、憎しみもなく哀しみもなく、世界が平和でありますように」

暗闇から聞こえる君の声の中に

大学に行っている間に停電したらしく、PS2の電源が落ちてました。
さらに現在ネットにつなげない状態…orz。
例の如く携帯から更新中です。
ということで、今日はアニメ感想がかけません。
ムシウタとかスカイガールズとかあったのに…。
明日にでも書く予定です。まったく…ついてない。
またマンションの親機が潰れたのかな?
早く復旧してもらいたいところです。

ハルヒ二期の告知が今日公式サイトであるらしいので、楽しみに待ちたいと思います。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

極めて近く、限りなく遠い世界

スパロボOGをやっとクリア。現在OG2の5話です。

ここはコミックのシナリオみたいですね。絶対に倒せそうにない敵が2体いるんですが、何か強化パーツ落とすのかな・・・。

3周目あたりにならないと倒せそうにないです。

今回はそんなにやり込むことはしないと思いますけどね。

とりあえず1周はするつもりです。

それでは、そろそろムシウタが始まるので、このあたりでアニメ感想にいきます。

〈機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 第14話〉
釘宮理恵さんが登場。あと、甲斐田ゆきさんも。
どんどん声優さんの声を覚えていっている気がする・・・。
天才児育成計画で生み出されたシュミットは嫌な奴かと思ったらイイ奴みたい。
戦いを通し、天才は一歩踏み出す。
こうなると後ろで手を引いているのは各国の上層部とUNということになりそうですね。神の意志なんて事はないでしょう、さすがに。
ドイツ対イタリアはドイツが勝利。
これって、先に共鳴感応した方が負けますね。
次は何処と共鳴感応するのやら。

〈デビル・メイ・クライ 第3話〉
何だか強そうな悪魔が召喚されましたが、魔法陣から這い出る前に送還。
ゲームだったらボスなのかな?今回はいいお話でした。

〈この青空に約束を ~ようこそつぐみ寮へ~ 最終話〉
凛奈とくっつくかと思ったら、合わせ石の片割れを持っていたのは喫茶店のマスター。
結局誰ともくっつかずに終わりました。

〈ながされて藍蘭島 第14話〉
ついに梅梅が登場。声優は生天目仁美さん。
あと、EDが変わりましたね。

〈キスダム 第13、14話〉
由乃が再登場。初めに出てきたときは瞳の色が違った気がしますが、気のせいか。
七生は味方側になりそうですが、由乃をめぐって戦いになりそう・・・。
結局シュウは由乃には気づいてなかったのかな?

〈アイドルマスターXENOGLOSSIA 第14話〉
ついに伊織に出番が・・・!
EUから来た奴が明らかに怪しいんですが、フェイクか?マスターユニゾンとか、ね。
コード引っこ抜けよと思ったら伊織の鉄拳制裁・・・。期待以上です。
ネーブラが拒絶反応を示し、コアの異常発熱でネーブラの記憶が消えそうになったので、伊織が外に出て手動でマスターユニゾンをパージすることに。
何だかんだ言って最後も拳でレバーを押し込むあたりはさすが伊織です。
いきなり冷却したらコアが壊れそうですけど、そこら辺は大丈夫なんですかね。
次回はギャグなのかシリアスなのか判別がつかない・・・。

〈風のスティグマ 第13話〉
櫛で梳かせるアホ毛の弾力にビックリ。怒り狂う女のとばっちりを受けたバカどもには合掌。
というか、いつの間にフラグが立ったんだろうか。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

新番開始

今日はサークルのメンバーと新装開店した喫茶マウンテンに行ってきました。

新しくなった店内は以前の雰囲気を遺しつつも快適な空間でした。

風変わりなメニューも健在。

甘口に挑戦した新入生が次々に遭難しましたが、それもお約束か。

私は普通のメニューを食べましたが、残った甘口の処理に協力。相変わらずインパクトが強い味ですな。

しばらくは行かなくていいような気がしてきました。


私の住んでいる地域では今朝から新番が放送開始。

今朝の7月期新番はCODE-E、ウミショー、ドージンワークの3本でした。

そのうちウミショーはCODE-Eとかぶっていたのでおそらく見ないままになりそう。

今期は何本見るのかな。テストが疎かにならないようにはするつもりです。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈CODE-E 第1話〉

感情が高まると電磁波を発してしまう体質の主人公、海老原千波美を中心とする学園コメディかな?

体質を隠して生活しているものの、かえって変わった人に見られていますが、それに気づかない天然がポイントか。

第一話は「君の身体に興味がある」という勘違い告白で電磁波が大暴走して終了。

電磁波体質になった理由はまだはっきりとは語られていませんが、それを直す方向で話が進んでいくのかな?それとも単なるドタバタコメディになるのだろうか・・・。

なんにせよ、今期では結構期待している部類なので、頑張って欲しいです。

〈ドージンワーク 第1話〉

思っていたよりも面白そう。マンガ描写は手抜きではないと信じたい。

原作は未読ですが、陵辱系とか、普通に放送コードに引っかかりそうな単語が飛んでいたのは驚きです。

同人界で一攫千金を狙う長菜なじみが主人公。

今回は友人の露理の手伝いでコミフェスに参加し、そこで同人界入りを決意するところまででした。

まだまだ各キャラが動き始めたばかりですが、露理がいいです。

まあ、私は陵辱系は絶対に手を出しませんけどね。

この番組、アニメはAパートのみでBパートは出演している斎藤桃子とこやまきみこが同人誌制作に挑む姿を描く実写ドキュメントという構成。

事前に情報を仕入れていなかったのでかなり驚きましたが、どんな作品ができあがるのか楽しみ。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

帰ってきた白騎士

昨夜12時に寝て7時半に起きたので睡眠時間は7時間半。

それでも3限は随分眠かったんですけど・・・。一体何時間寝ればいいのだろうか。

まあ、おかげで今日は普通に更新。

といっても、アニメはほとんど見ていないんですよね。スパロボやっていたので。

イベントでキョウスケが暴れてしまったのでトップエースが交代、したものの、エクセレンが帰ってくるところで適当に配置したラトゥーニの周りに増援が出現→大暴れで再びラトゥーニがトップエースに返り咲きました。

OG1はあと10話くらい。何とか今週中には終わりそうです。

テスト始まる前にケリをつけたいですね。

それではこのあたりでアニメ感想にいきます。

〈瀬戸の花嫁 第13話〉

最終回を思わせるクレジット付アバンから始まった今回。

前半は超シリアスでした。後半もシリアスだったけどそこはやっぱり瀬戸花。

燦ちゃんの殺陣シーンは良かったけど、落とし前のあたりからはいつもの空気に戻って暴走。

そういえば、永澄はまだ燦ちゃんに告白してませんでしたね。完全に忘れていた・・・。

良い最終回でしたけど、まだ続きます。多分第一部完なんですよね。

次回からは2クールに突入。明乃は16話くらいかららしいですけど、EDは変わるみたい。

結局どっちが勝ったのかな。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

ボク、もう眠いんだ

眠気に負けました。今日は寝ます。

真鍮の真心

スパロボOG、続けてます。

今はキョウスケ編の30話くらい。

現在、うちのトップエースはラトゥーニで153機撃墜。

あれ、おかしいな・・・?

ラトゥーニは中盤から参戦したはずなのに・・・。

確認したら二位がキョウスケ、三位がブリット。以下、エクセレン、タスク、マサキと続きます。

こうしてみると初期参戦組が強いですね。マサキはサイフラッシュの所為でしょうけど。

残るシナリオは多分あと15話くらい。今週中には終わりそうですね。

早くOG2に移りたいです。次回はアイビスにも暴れてもらいましょうかね。

それではこのあたりでアニメ感想に。

〈グレンラガン 第14話〉
回る~回ってく~♪ デカルチャー!!

もの凄くマクロスでした。全方位ミサイルとか。
あのミサイルの動き・・・板野サーカスを彷彿とさせます。
そして極めつけはニアのごきげんよう。調理主任になったんだ・・・。

〈魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 『命の理由』〉
失くしてしまったもの、起こってしまった出来事――過ぎ去っていった過去の時間は、変えることができない。
だから、失いたくないと思う。護りたいと思う。護るために、強くなりたいと思う。
選んだのは戦って勝ち取っていくこと。見えない未来を望んだ形に変えていくこと。
魔法少女リリカルなのはStrikerS、始まります。

今回のアバンタイトルは死亡フラグが立ったと噂のはやて隊長。
彼女が機動六課を設立した本当の理由、それが今、明かされる・・・。

アギトは古代ベルカ式の純正ユニゾンデバイス。
怪しい組織で実験動物のように扱われていたが、ゼストとルーテシアによって救出され、行動を共にすることになったらしい。
ゼストの台詞から判断するに実験を行っていたのは管理局ではないみたいですが、この組織もStrikerS本編に関わってくるのだろうか・・・。
研究所が焼け落ちたのは実験の失敗か、ゼスト達の仕業か、あるいは別の何かなのかはわかりませんが、それほど前のことではなさそう。
アギトの夢という形で過去を語ったわけですね。
「アイツはロードのいない融合機の寂しさとか知らねぇんだろうな」とアギトが言っていましたが、これでリインとの絡みがありそうですね。
10話くらいで、夜天の書を手にしたはやてを見るリインの目が寂しそうだったのとか、関係しそうです。

聖王教会ではヴィヴィオが姿を消してちょっとした(?)騒ぎに。
検査の結果、危険反応もなく、魔力量も普通の子供の範疇だったとのことで、この娘はあくまで器みたいですね。
ただ、人造生命体が器というのはちょっと疑問。過去のマスターが失われたからそれを元に作ったのかな。

なのはさんは子供の扱いになれているように見えましたが、そうでもなかったみたいですね。
ヴィヴィオに泣きつかれてお手上げ状態。泣く子と地頭には勝てないとは言ったもの。
そこで、もはやすっかりお母さん然としているフェイトさんが大活躍。アルフ、エリオ、キャロ、そしてカレルとディエラがいましたからね。
ヌイグルミ腹話術はやっぱり子供にうけるのかな。
というか、ヴィヴィオが可愛すぎる・・・。もうユーノには出番がなさそうですね。
なのはさんに懐くほど後の展開が危なくなりそうですが。

アバンのヌイグルミ群にはユーノそっくりなフェレットもどきがいましたが、本物か・・・?

先日の戦闘の報告書を作成するスバルとティアナ。
魔法に関する知識があまりない割に、人造魔導師のことは何かと知っているスバルですが、これも何かの伏線なのかな。ティアナも何か知っているみたいですし。
エリオが人造魔導師について詳しいのは自分がそうだからでしょうね。
ヴィヴィオは人工受精時ではないらしい。

はやてとともにカリムの元を訪れたなのはさんとフェイト。
挨拶がBGMとあってなくて笑える・・・。「お兄ちゃん」の破壊力は未だ健在だそうで。
前置きもそこそこに機動六課設立の裏の理由が語られる。
カリムのレアスキル「プロフェーティン・シュリフテン」によって作成される預言書。
1年に一枚ずつしかできない上、古代ベルカ語で書かれているので、的中率は良く当たる占い程度だそうで。
で、1年に一枚ということは、枚数を数えればカリムの年齢がわかるかもしれない・・・が、私はやりません。
その預言書で、数年前からある事件が書き出されるようになったと。

旧い結晶と無限の欲望が交わる地
死せる王の下、聖地より彼の翼が蘇る
死者達は踊り、中つ大地の法の塔は虚しく焼け落ち
それを先駆けに数多の海を守る法の船は砕け落ちる

意味深な文章です。
「旧い結晶」はレリックと見てよさそうですが、「無限の欲望」は候補が多すぎてわからない。
「死せる王」はナンバーズが言っていた聖王のことかな?「聖地」は聖王教会か?アルハザードも面白そう。
「死者達は踊り」は不明ですが、今まで出てきたキャラで強引に選ぶならナンバーズかな。まさかプレシア母さんやアインスは出てこないでしょうし。
「中つ大地の法の塔」は本編で言っているように管理局地上本部、「あまたの海を~」は管理局本局でしょうかね。
まあ、細かいところはおいておくとしても、管理局の最期が預言されていると解釈できるわけですね。
それを防ぐために、地上部隊でも動けるように機動六課をつくったということで良いんでしょうかね。
本局と地上は仲が悪いとのことなので、表立っての介入は難しそうですし。
伝説の三提督が後ろについているというのは驚きでしたが、彼らの意図はまだわからず。ヴィータが言うように普通の老人会と見るのは少し難しいかと。
でもまあ、レジアスの言っていた最高評議会を抑える力くらいはありそうですが・・・。やってくれるのかな。
「彼女はそれすらも・・・」発言をした秘書オーリスの立ち位置は更に謎。上に立っているのは誰なんだろうか・・・。
スカリエッティの差し金にしてははやてのことを知りすぎている気もしますし・・・。三提督が送ったのかな。もう少し情報が欲しいところです。
査察に来るのは次回かな。

独り隊長室に戻ったはやてはアルバムを開く。
いかん・・・、BGMが危険すぎる。そして写真も危険だ・・・。
「私の命はグレアムおじさんが育ててくれて、うちの子達が護ってくれて、なのはちゃん達に救ってもらって・・・。あのコが・・・初代リインフォースが遺してくれた命や。あんな哀しみや後悔なんて、この世界の誰にもあったらあかん。私の命はそのために使うんや。」
この台詞が世間で死亡フラグと騒がれているわけですが、私的にはそこまで行ってはいない気がします。というか、行かないで欲しい。
でも、最後でBGMが消えたのでもしかして・・・。
むしろEDで空を見上げているなのはさんや、父クライドと同じような位置にいるクロノが怖いんですが・・・。

第一クール終了も、未だに真の敵の姿は見えず・・・。
スカリエッティのクライアントって、結局誰なんでしょうかね。
もう管理局と繋がっているとしか思えないんですけど。
とりあえずはオーリスが鍵ですかね。

次回はなのはさんが何か動きを起こしそう。
それでは『Mathers&Chirdren』にテイク・オフ!

スパロボやっていたせいでなのはの感想がおざなりに・・・。それでも愛は変わらない!

来週はこんな間違いは犯すまいと誓いながら同じ展開になるんでしょうね。ここ一ヶ月くらいそんな感じです。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »