« AMFはどこへいった | トップページ | 月は出ているか? »

今年は斧ブーム?

今日も斧で父親を殴った阿呆が湧いたみたいですね。
TVKで11話が放送されて、やっとこれからというときに・・・。何かもう・・・、お隠れになりやがれ。
この模倣犯は明らかにマスコミの所為でしょうね。コに濁点をつけたいが必死に我慢。練炭自殺ブームを引き起こした反省はまったくなされていないみたいですよ、煽りたがりのマスコミは。何人殺せば気が済むのかね。

事件で重要なのは凶器じゃなくて狂気、「なぜ子供が父親を殺そうと思ったのか」だろうが。アニメやゲーム見たくらいで殺そうと思うわけないじゃん。人間ってそんなに軽いの?何で殺意溜め込んだのかをしっかり調べろや。

かつて偉い人は言いました、「人を殺す、という行為を勘違いしてるんじゃないか?誰かを守るとか、誰かを恨んでいるとか、かっこいいからとか、そんな理由では人を簡単に殺すことはできない。本当の殺意は、何気ない日常―たとえば学校の屋上で友人が下を覗き込んでたり、仲の良い夫を見送る妻が、その靴紐を結ぶ背中を見て覚えるものだ。」

しつこく言うようだが問題があったのは少年の家庭関係ですよ。 躾とか教育とか、家族間のコミュニケーションの問題とかな。それとも、少年が模倣犯で目立ちたがりのどうしようもない救いようもない基地外だったのか?その辺投げっぱなしで長い裁判で事件が有耶無耶になって終わりとか、いつものマスコミのやり方ですね。裁判にしても「精神鑑定」とか、アホか。まともな精神の奴が殺人なんて犯すわけないだろうに。

15歳の少年だったら部屋からゲームが出てくる可能性は高いだろうが、それが原因で事件が起こったとか云う突拍子もない発想だけは止めてもらいたいものです。結局ムーブ!は少女がひぐらしやってたのか調べたのか?自分が社会に与える影響をわかってないんじゃないの? 視聴率欲しさにえげつない取材とか平気でしてさんざっぱら煽るけど、自分らの害悪は頑として認めないよね。

こうやって、脅し、隠し、もみ消して、薄汚い知恵と綺麗事万歳の理性のオブラートに包まれて初めて、世の中の悪意が私たちの目に触れる形を形成するわけですよ。
昔なら普通にマスコミを信じていたかもしれんが、一度疑ったらもう信用はできないね。ありがとう、朝日新聞。ありがとう、毎日新聞。

それでは、気分を変えてアニメ感想にでも。

〈天元突破グレンラガン 第26話〉
超銀河グレンラガンは強すぎたのでアンチスパイラルの奥の手が発動。
多元宇宙とか、量子宇宙とか、朝アニメとは思えない難解な単語が連発されましたけど、気にしたら負けですか。結局無数に分岐するIFの世界に各自閉じこめられ、戦いに行くか、そのまま夢を見続けるかの選択を迫るわけです。生と死の狭間の夢、それは「永遠」だ。
それにしても、アニキが登場し、シモンと肩を並べる演出はもう神すぎる。「背、抜かれちまったな」のあたりは熱すぎですよ。他のメンバーも夢の世界を認識しながらもシモンの元に帰っていく演出も良かったです。家庭王ヴィラル格好良かったぜ。
なぜかブータが覚醒して人間化したのは驚きでしたが、これが第一話で出ていた副官なんですね。伊藤静起用は無駄じゃなかった。
ニアの指輪からグレンラガンが這い出してきたときはもっと驚きましたが、原点に返って決めてもらいたいですね。

〈ゼロの使い魔 双月の騎士〉
時間ができたので最終話までまとめて見ました。
見終わった感想としては「これはひどい」ですかね。最終話で一度枯れたエクレールダヌールの花がもう一度咲いたところまでは頑張った。コルベール先生死んじゃったけど頑張ったよ。
でも、ラスト4分ですべて台無し。サイトを探しに行くENDで締めれば良かったのに、中途半端にテファを出すから・・・。どうして能登麻美子さんは最終回のちょい役で出てくるんでしょうかね、Fateにしても、ゼロ魔にしても。まあ、Fateの最終回の役は良い役でしたよ。
もうあまりにひどいので3期なくて良いです。やるならタバサの冒険にしとけ。というか、タバサの冒険やってください。今期は空気だったから。

まあ、何だかんだ言っても面白かったし絵も綺麗だったし、エンディング以外は良い作品でした。OPも聞くたびに惹かれていきますし、EDは空気読んでないけど湿っぽいまま終わらせない配慮なのかもしれない。これだから1期の終わりが微妙でも双月も最後まで見ちゃったわけです。モートソグニルの泣き声が新井里美だとわかるあたり、はんぎゃく日記の聞き過ぎだったかな。

次があるなら多分見るけど、今はキャスト引き継ぎ(?)のシャナに期待です。

それでは今日はこのあたりで。また明日。

« AMFはどこへいった | トップページ | 月は出ているか? »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/8095700

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は斧ブーム?:

« AMFはどこへいった | トップページ | 月は出ているか? »