« 阿修羅すら凌駕する存在(頃合い?) | トップページ | アケルソラヘ »

ドラゴン物理最強

 ポケモンセンターで一ヶ月に一体ずつ配布されている各タイプ最強ポケモンですが、今度配布されるのは龍物理最強ということでボーマンダ。いや、普通に手に入るポケモンは要らないから・・・。早くレベル50バンギラスを配布して欲しいです。
 スマブラが出てもまだ現役。今日はテスト前にもかかわらずヤルキモノを育成。この間ケッキングを育てたので、そのときに残っていたナマケロを利用したので時間自体は大してかかりませんでしたけど。とりあえず陽気最速ビルドアップ型で育てました。90族の素早さと安定した回復技である「なまける」を使いながら積めたらいいな~と。まあ、使ってみないことには何とも言えませんが・・・。そのうちWi-Fiで使ってみよう。

 D&Pのアニメのポケモン図鑑の声が川上とも子さんだとさっき知った。

 それではこのあたりでアニメ感想でも。

〈H2O 第6話〉
爺さんの脅しに耐え、ゆい様の反発にも立ち向かい、はやみと一緒にいることを決意したひなた。
殆ど一人で厚焼き卵食べきったはやみのコレステロール値が心配だ、と思ったらいつの間にか復活してました。まあ、良くあることか。
遂に村八分の背景が明らかに。結局琢磨は何も知らなかったのか。小日向家は村人からいろいろ搾取する悪徳地主であって、村人のクーデターの中心となったのが神楽家だったと。ゆいが小日向を憎んでいるのは祖父の敵だから、か。
その後なぜか町で一緒に遊ぶゆいとはやみ。ゆいも結局のところは心の底からはやみ本人を憎んでるわけでもないみたいだし、やり場のない怒りに困っているんでしょうね。はじめは嫌がっていたのになぜかノリノリ。
高原のささやき、喫茶マウンテンみたいだ・・・。まあ、マウンテンの方がよっぽど多いが。パンチングマシーンは面白かった。あのパンチを食らって無事な琢磨って一体・・・。
最後はご都合主義なところもありましたが、ゆいとはやみが心の内をぶつけ合って、お互いに受け止めて。ゆい自身もはやみを責めるのが筋違いだと云うことにも気づいていて、それでも振り上げた拳の振り下ろしどころに困っていたわけですが、小日向家の焼け跡に怒りをぶつけるようになったのが成長の証か。はやみがいじめにひたすら耐えていたのは、そうすることが村人に対する贖罪だと考えていたから。どこかで聞いた話ですが、そんなところでしょう。
給食で厚焼き卵だけあげるゆい様はツンデレでした。
これでゆいの問題も解決したので残る問題はひなたの爺さんですが、この問題を解決するためにはほたるの問題も解決しないといけない。まあ、次回のサブタイが「ほたる」ですし、音羽が「時間が無い」と云っていたので、近いうちには解決しそうですが。
ただ、まだ話数が半分残っているので、途中で一悶着ありそうですが。

〈PERSONA 第6話〉
完全にギャグ回でした。ちーこりんって誰・・・?
「ちーこりんはもはや来ないんだよ」「私だって辛いんだよ、この日をどれほど待ち望んだことか」って、副所長ノリノリ。まあ、警察官皆さんノリノリですが。「やらないか」とか、ちーこりんよりふーこりんを推す緑川とか。みーこりんとよーこりんって誰なんだろう。
リバースって、そっちですか。確かにリバースですが。此処まで来れば熊さんが倒れたのが大した理由でないのは丸わかりですが。
「署長が消えた日」じゃなくて「署長が熊になった日」でした。面白すぎるぞ・・・署長。
結局くまさん署長が何をやったのかはわからず。犯人くっまくまにされてましたが。
今回はいい話でした。黄昏れる熊が格好良すぎる。
ペルソナが出ない話が一番面白いとは・・・。

〈true tears 第6話〉
何このドロドロ展開。主人公成り行きばっかり。
母親が一番ドロドロしていて怖いですが。どう見ても昼ドラ系です。
ここまで胃がキリキリする昼メロ展開は最近珍しい。でも結局にわとり。
みよきちが不憫でならない。地雷踏みに行ってついでにもう一個踏みました。
まあ、その後の乃絵兄の爆弾投下の方がやばかったが。回避した比呂美は頑張った。
もしかして母親の話は冗談のつもりだったとかじゃないよな・・・?まだ「かもしれない」レベルの話ですし、あの父親見てる限りさすがになさそうですが・・・。眞一郎が問い詰めるまでわかりそうにない。
眞一郎の一人語りポエムは重要なこと言ってそうですが、イマイチ要領を得ない。
次回は遂にアイちゃんまで参戦。ドロドロが加速です。

 それでは今日はこのあたりで。また明日。

« 阿修羅すら凌駕する存在(頃合い?) | トップページ | アケルソラヘ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/10404261

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン物理最強:

« 阿修羅すら凌駕する存在(頃合い?) | トップページ | アケルソラヘ »