« 正義女王はないね | トップページ | Navel には鷹が舞い降りてた »

まきいずみ率が高かった

 昨夜はSFF先輩の家でアキハバラ学園を1周クリアしたあと、適当に新作エロゲの体験版を落として徹夜してました。アキハバラ学園はヒロイン選択をすべてダイスロールで決め、選択肢もかなり怪しいテンションで選んでいたので、BADエンドっぽいメイドルートでした。まあ、ヒロイン選択が見事のばらけたので、ろくな終わり方はしないと思ったけど。その後体験版を2本くらいやったけど、ミンゴスの声も覚えた気がする。

 日が昇る前に帰宅し、いろいろやって起きたら15時。まあ、とらのあなからの荷物で起きたわけですが・・・。明日から新番が始まるので、今日のうちにできるだけアニメを見終わっておこうと思ったのですが、最終回までたどり着けたのは4本だけ。とりあえず、今クールで終わる作品から見ていますが、その中で残っているのはタイタニア、黒執事、ドルアーガの塔、鉄腕バーディ、マリみて、テイルズ、アキカン、みなみけ、まりほり、RIDE BACK、スレイヤーズで、全部合わせると30本近くになるみたい。さらに来期も続く作品を放置するわけにも行かないので、かなり忙しいことになりそう。少なくとも、研究室が始まる来週までには全部消化しておかねば・・・。

 それでは今日はこのあたりで。また明日。

 アニメ感想
続夏目友人帳 13話
とある魔術の禁書目録 24話
WHITE ALBUM 13話
明日のよいち! 12話

〈続夏目友人帳 第13話(終)〉
 夏目と多軌が仲良くなったカイは実は妖怪で、名取がそれを祓いに来て、夏目は人間と妖怪のどちら側につくのか問いかけられるお話。まあ、予想通りどちらを切り捨てることもなく両方を生きていくことを選ぶわけですね。
 続になってからは友人帳関係の話の割合が減った気がするけど、以前と変わらず、ほんわか暖かい作品でした。癒しを求める現代人にはお勧めできるかもしれない。
 名取の痣が左足に行かない理由とか、的場一門のこととか、伏線だけ張って投げっぱなしのことがいくつかあったので、機会があれば原作も読んでみようかね。

〈とある魔術の禁書目録 第24話(終)〉
 上条さんのありがた~いお説教も今回で終わりです。
 風斬氷華は虚数学区・五行機関そのものだったんだよ! とか言われても、それが何なのかわからないので驚きようがない。いろいろ伏線は張っていましたが、これは超電磁砲で回収したりするのか?
 説明不足感は否めなかったものの、厨二病な私的にはこの作品は気に入りました。幻想殺し《イマジンブレイカー》とか冥土帰し《ヘヴンキャンセラー》とかの単語が受け入れられる人ならば楽しめるはず。

〈WHITE ALBUM 第13話(終)〉
 我慢して見続けた結果がこれだよ!
 まあ、分割2クールなのは知ってたけど、この終わり方はないわ・・・。冬弥は由綺のコンサートを見て、由綺はコンサートをやり遂げたことで、二人の新しい関係が始まるかと思ったら、冬弥の親父が倒れて、また由綺とのすれ違い音信不通状態になったところで終了。由綺に貰った留守番機能付き電話も設置してなかったので役に立たず・・・。
 由綺のコンサートが終わってやっと見られると思った理奈のドームライブは完全にスルーですか。てっきり視聴者のために全力疾走してくれていたものかと。由綺のコンサートの方も使い回しで手抜き感が漂ってたし、もう二期に期待するしかないらしい。

〈明日のよいち! 第12話(終)〉
 いろいろ期待してたけど、終わってみたら普通でした。まあ、原作は途中までしか読んでないけど面白かった記憶がある。

« 正義女王はないね | トップページ | Navel には鷹が舞い降りてた »

オタク的な何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/28901522

この記事へのトラックバック一覧です: まきいずみ率が高かった:

« 正義女王はないね | トップページ | Navel には鷹が舞い降りてた »