« そして伝説へ | トップページ | ヴァーユ高すぎだろ常識的に考えて »

風といっしょに

 5月5日は子安武人さんの誕生日ですね。主人公から悪のボスまで、二枚目から三枚目まで役の幅が広い人ですが、この人の声を覚えたのはガンダムWのゼクスだっただろうか。それがモミテボンと同じ声だと知って驚いた記憶がある。
 もちろんいおりんの誕生祭も忘れてないですよはい。いおりんの罵倒ソロマジ最高



 今日はこどもの日と云うことで、キッズステーションでやっていた「ミュウツーの逆襲」を見てました。映画を見たときはまだクローンとか遺伝子組み換えとかが話題に上ることは少なかった時代でしたが、子供ながらにいろいろ考えさせられた記憶がある。
 今になって見ると、「身体と身体でぶつかればオリジナルはコピーに負けない」というミュウが好戦的すぎるだろうと。ニャースの代弁したセリフが少ないので何か他にも言いたいことがあったのかもしれませんが、「コピー? フルボッコにしてやんよwww」と云っているようにしか聞こえない。喋らないうえに出番が少ないからどんなキャラなのかわからないというのもあるんですけどね。
 あれから10年以上経つわけですが、今でも「風といっしょに」は目からハイドロポンプ。自分自身の存在意義という、重いテーマをポケモンで描くとか、今では考えられんですよ。最近のポケモンも好きだけど、この作品だけは圧倒的すぎる存在感を持って私の中にあります。「ミュウツーの誕生」をもう一度聞きたくなってきた。

 それでは今日はこのあたりで。また明日。

« そして伝説へ | トップページ | ヴァーユ高すぎだろ常識的に考えて »

オタク的な何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/29455733

この記事へのトラックバック一覧です: 風といっしょに:

« そして伝説へ | トップページ | ヴァーユ高すぎだろ常識的に考えて »