« 大学受験の数学なんて暗記科目ですよ | トップページ | 七色の目覚まし »

夏越の祓

 宇宙をかける少女の最終回を視聴。最後まで萌えとロマンとスタッフの遊び心に満ちた良作だったと思う。メインヒロインは沢城だった。

 あっという間に6月も終了。院試まで2ヶ月切りました。
 日記を読み返すと黄昏の姫騎士やってたり、ツインアグミオン砲とか、宇宙科学会とか、ラジカル紅葉とか、この1ヶ月にいろんなことがあったな~と。 とても院試が迫っている人間の日記とは思えん。まあ、高校入試の時も大学入試の時もこんな感じだった気がする。大学入試の2ヶ月前なんてなのはにどっぷり浸かってましたからね。なんくるないさー!(C.V.沼倉愛美で)。まあ、我那覇といったら舞ですよね。サークルですら誰にも通じないけどな。

 今日は午前中に輪講があって午後はずっと培養。6リットルも培地を用意するのはなかなか面倒。坂口フラスコ12本も使いますからね。明日の昼頃に大腸菌と抗生物質を放り込んで一晩培養して、木曜日朝に誘導を始めて昼頃に回収かね。うちの研究室は遠心器が小さいので、木曜日は大変そうだ・・・。

 それでは今日はこのあたりで。世界が平和でありますように

 アニメ感想:宇宙をかける少女 26話

〈宇宙をかける少女 第26話(終)〉
 「張りぼてボディは伊達じゃないッ!」とか、プリンス・オブ・ダークネスとか、壁一面に初音ミクとか、最終回なのに勝手に笑わせてもらいました。まあ、プリンスry)は前から出てたけど。
 ネルヴァルと手を組んでレオパルドに対抗するところは良いとして、QTアームズを降りた秋葉が黒レオパルドに跳び蹴りを叩き込んだらなぜかレオパルドが開放されるというのは意味不明。まあ、そこはノリですかね。黒レオパルドはネルヴァルが取り込み、「私を撃て、息子よォォォッ!」→「喜んでッ♪」→黒レオパルド消滅→実はネルヴァルだけは無事だったのさという展開で丸く収まったんじゃないの? ナミの方はつつじ&ベンケイに拾われ、これからつつじに教育されていくわけですね。今後を想像すると2828が止まらない。
 中盤で風呂敷拡げすぎた感があるけど、ここら辺は舞-HiMEからずっとそんな感じですよね。最終盤のラッシュでちゃんと畳んだように見えるし、ハッピーエンドだったから良いんですよ。2009年1月開始アニメの中ではかなり良い出来だったと思う。

« 大学受験の数学なんて暗記科目ですよ | トップページ | 七色の目覚まし »

オタク的な何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/30347802

この記事へのトラックバック一覧です: 夏越の祓:

« 大学受験の数学なんて暗記科目ですよ | トップページ | 七色の目覚まし »