« 名古屋へ | トップページ | トンネルを抜けると雪国だった »

神は人をつくり、人は物語をつくる

 今年も新アニメの時期が到来。まあ、COBRAとか遥時は始まってたんだけど。

 まずは『ちゅーぶら!!』。すごく・・・AT-Xです・・・。
 下着の勉強になります。原作読んでないけど何か面白そうなので期待。

 次に『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』。略してソラヲト。1文字しか変わらない上にそらおとと間違えそう。
 ラッパを吹きたくて軍に入った少女の物語。世界観の説明がなかったし、軍と云っても戦争ものじゃないのかな。でも、回想で漂う雰囲気はどう見ても・・・。アニメオリジナルと云うことでこれからの展開が楽しみな一本。

 そして『僕等の明日の光の先の瞳の奥の大空の下の夢の扉の輝きの涙の力の心のカギの永遠の自由の果ての約束の手の油のギャグマンガ日和』。正式タイトルは『増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和+』。
 相変わらず一話5分程度のお手軽作品。シュールなギャグとダウナーな雰囲気は健在。

 ラストは『れでぃ×ばと!』。原作未読。監督とキャラデザはかのこんの人。
 見た目ヤンキーな主人公日野秋晴が元女子校で超名門お嬢様学校・白麗陵学院の従育科コースに編入する学園ラブコメ。去年の年末特番で予習はバッチリ! というか、先行放送と声優座談会だったので1話見たあとなんだけど。お嬢様といえばお蝶夫人、執事といえば「あくまで執事ですから」なあたり、やっぱりごまちゃんはオタクだなーと思った。執事に関しては私も同じ発想でした。

 とりあえず今日見ることができたのはこの4本。どれも面白かったのでとりあえず全部見る予定。中の人補正でれでぃばとは個人的に注目だけど、アニメノチカラ枠と云うことでソ・ラ・ノ・ヲ・トには期待したい。後番組の閃光のナイトレイドがダークな雰囲気だけど、こっちはどうなのかね。

 それでは今日はこのあたりで。ちょっと新潟行ってくる

« 名古屋へ | トップページ | トンネルを抜けると雪国だった »

オタク的な何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/32870649

この記事へのトラックバック一覧です: 神は人をつくり、人は物語をつくる:

« 名古屋へ | トップページ | トンネルを抜けると雪国だった »