« 軽空母のレベルがモリモリ上がる | トップページ | 長月→睦月型8番艦緑髪のあの娘 »

泣ける映画をハシゴ

 今週も映画見に行ってきました。今日から公開の「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」と、先週からの「劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞」の2本。
 あの花は入り口でティッシュもらえるだけあって、涙腺にダイレクトアタックしてくる映画だった。一年後の超平和バスターズの面々がアニメ本編を思い返しながらめんまに手紙を書く構成で、知っていてもアニメ最終回のかくれんぼのあたりは泣きそうだったわ。心洗われる映画でした。
 薄桜鬼は全編新規作画とは聞いてたけど、まさか千鶴の鬼設定のあたりを前面に出してくるとは思わなかったわ。アニメでは一度も見られず、原作でも(確か)沖田ルートでしか見られなかった白髪金眼姿の千鶴さんカッコ良かったわ。他にもいろいろ追加されながらアニメをなぞってたけど、展開知ってても源さん死ぬところは泣きそうでした。第2章は来年頭みたいだけど、アニメはちょっと微妙だったから改善されてるといいなぁ

 それでは今日はこのあたりで。世界が平和でありますように

« 軽空母のレベルがモリモリ上がる | トップページ | 長月→睦月型8番艦緑髪のあの娘 »

オタク的な何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/53100375

この記事へのトラックバック一覧です: 泣ける映画をハシゴ:

« 軽空母のレベルがモリモリ上がる | トップページ | 長月→睦月型8番艦緑髪のあの娘 »