« 14号対空電探の時代が来たかもしれない | トップページ | 矢矧掘りを思い出す戦艦棲姫とのバトル »

新しい楽園を探しましょう

 今日は『楽園追放 -Expelled from Paradise-』を見に行ってきました。人間が電脳世界で生活するようになった時代、地球で肉体のまま生きている人間もいて・・・と真新しさはないですが、大変面白かったと思います。ヒロインが柔らかそうですし、相棒が有能、戦闘シーンはもう一度少し離れた席で見たくなる素晴らしい出来でした。宇宙から地上まで目が離せない、水島精二監督の代表作になりそうですね。

 艦これの秋イベントはサクサク進みすぎたので勢い余ってE-3までクリア。
 E-1はいきなり連合艦隊。第一次第二次と第三次で使用艦娘を分ける必要がありますが、どれくらいの戦力を残しておけばいいかわからなかったので、とりあえず主力を温存することに。特に駆逐艦は普段遠征に出ているレア艦勢を使ったので平均レベル70くらいの艦隊になりました。
 E-3まで終わってみればここでもう少し練度の高い駆逐艦を使っても良かったのですが、夏イベントは異なり、いつものイベントでのE-1くらいの難易度だった上に連合艦隊ということもあり、あっさりクリアでした。消費資材は1000とバケツ20くらいだったと思います。
E1_2

 E-2は軽巡洋艦と駆逐艦のみの編成でしか出撃できないので、E-1の随伴護衛艦隊をそのまま使用し、ボス支援のみ使用。最後の1回は火力のために那珂ちゃんを投入しました。1回夜戦を通る必要があるのと駆逐艦メインなので大破撤退が2,3回ありましたが、春や夏のE-2に比べれば楽でした。軽い編成なので消費は多く見積もっても各2000に収まっているでしょう。報酬の秋月は新しい要素である防空に重きをおいた艦なので早速育ててみます。
E2_2

 E-3は再び連合艦隊。温存していた主力を惜しみなく投入しました。本隊はあきつ丸大和陸奥さん武蔵Bismarck加賀さん、護衛に神通さん島風雪風利根筑摩北上様で、1回のボス撃破で燃料弾薬が1000くらい飛びました。ボスは毎度おなじみ戦艦棲姫ですが、火力担当が4人しかいなくてさらにダブルダイソンだった夏E-6とは違い、随伴艦が柔らかい上に連合艦隊なので支援を使わなくても5回出撃して5回S勝利してクリア出来ました。平均レベルが100を超えていたからか、32号電探を使ったためか、安定して敵を撃破出来たのが大きいですね。消費は燃料弾薬鋼材5000ボーキ1000とバケツ20くらい。プリンツ・オイゲンさんはレーダーを持ってくるようなので楽しみですね。
E3_2

 残すはE-4のみ。平日は時間が取れないので、朝雲を探すことを考えると出来れば明日のうちに終わらせたいところです。

 それでは今日はこのあたりで。世界が平和でありますように

« 14号対空電探の時代が来たかもしれない | トップページ | 矢矧掘りを思い出す戦艦棲姫とのバトル »

オタク的な何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/57999646

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい楽園を探しましょう:

« 14号対空電探の時代が来たかもしれない | トップページ | 矢矧掘りを思い出す戦艦棲姫とのバトル »