« キミガタメ | トップページ | まさに漁船 »

最高の、最後へ。

 子供の頃の夢は色褪せない落書きで

 うたわれるもの二人の白皇をクリアしました。あのキミガタメが流れる展開を最後で超えてくれるか心配でしたが、そんな不安を吹き飛ばす怒涛の展開からの夢想歌でテンションは限界突破してました。うたわれるものシリーズとの付き合いはアニメからですが、この10年を締めくくる素晴らしいエンディングでした。ここまで見てしまうとぜひアニメ化をして欲しいところですが、今のところ情報はないんですよね。主演二人が復帰したらお願いします。
 ゲームとしても正直シミュレーションパートはだるくなるかなと思っていましたが、システムはわかりにくい部分があったものの、感覚的に操作しても楽しみつつクリアできるいいデザインになっていたと思います。ラスボス戦で協撃必殺技に特殊会話が仕込まれているのは最高に燃えました。まだ見られていない組み合わせもあるので、そのうち試してみたいところ。
 本編はクリアしましたが、夢幻演舞が追加されるのでしばらくは楽しめそうなのも嬉しいですね。

 それでは今日はこのあたりで。世界が平和でありますように

« キミガタメ | トップページ | まさに漁船 »

オタク的な何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/68183476

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の、最後へ。:

« キミガタメ | トップページ | まさに漁船 »