« 溶鉱炉が開くワケダ | トップページ | 物理でなぐルーラーなワケダ »

やっぱり物理なワケダ

 FGOネロ祭第四演技はカルナアルジュナのインドコンビが相手でした。ブレイクゲージ持ちで片方を削るともう片方が強化される仕様になっていますが、アルジュナの方は耐久が上がるスキルがないのでカルナを先に倒せば何とかなりそうな感じですね。
 フレンドさんの凸特効礼装持ちのエルキドゥと自前のランサーを控えにおいて、前衛はマシュ頼光ベディでカルナを落とし、アルジュナの宝具で前衛が落ちたら後衛が物理で殴るだけで終わりました。フィナーレのインパクトが強すぎますが、最後以外はワリと適当でもなんとかなる感じなのでしょうか。第五演技は不具合の修正で開放が延期されましたが、一体誰がやらかしたのか、楽しみですね。

 それでは今日はこのあたりで。世界が平和でありますように

« 溶鉱炉が開くワケダ | トップページ | 物理でなぐルーラーなワケダ »

オタク的な何か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100641/71705706

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり物理なワケダ:

« 溶鉱炉が開くワケダ | トップページ | 物理でなぐルーラーなワケダ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ